芸能

【画像】ザ・グレート・サスケの素顔は?マスクのオークション値段も調査

覆面レスラーとして活躍しているザ・グレート・サスケさん。

いつもマスクをつけているので、素顔が気になりますよね。

また、ザ・グレート・サスケさんは、自身の覆面マスクをオークションで売り捌いているのだそうです。

今回は、そんなザ・グレート・サスケさんの素顔やマスクのオークション値段について調査しました。

スポンサーリンク

【画像】ザ・グレート・サスケの素顔は?

ザ・グレート・サスケ素顔画像画像引用元:https://twitter.com/424peanuts/status/1155476952301486080

ザ・グレート・サスケさんは覆面レスラーで、岩手県議会議員をやっていたこともある方です。

覆面レスラーですから、素顔は明かさないことになっています。

2003年に岩手県議会議員となった時でさえ、覆面を着用して議会に出席するという徹底ぶりだったようです。

しかし、

そんなザ・グレート・サスケさんにも、覆面をしていない時代があったようです。

ザ・グレート・サスケさんは、1990年にユニバーサル・プロレスリングから、本名・村川政徳の名義でデビューを果たしています。

直後に、”MASAみちのく”と改名していますが、その頃は完全に素顔のままでリングに上がっていました。

その時の写真がこちらです。

ザ・グレート・サスケ素顔画像画像引用元:https://images.app.goo.gl/HknQyjH6WUMyMW2C6

ザ・グレート・サスケさんは、プロレスデビューして間もなくメキシコに渡って修業していました。

覆面レスラーとなったのは、その時からのようです。

メキシコでは、現在とほぼ同デザインのマスクにちょんまげ姿で「ニンジャ・サスケ」として死闘を繰り広げましたが、

1992年3月には、正体を隠して「スペル・ニーニョ」を名乗り、日本のリングに登場しました。

この時の最終戦でも、マスクを脱いで、「実は”MASAみちのく”でした」と、素顔を晒しています。

ザ・グレート・サスケ素顔画像画像引用元:https://namakemonoyoshi.com/archives/3233

しかし、1992年8月に完全帰国し、「ザ・グレート・サスケ」となってからは、決して覆面を脱がないスタイルになったようです。

リング上だけではなく、移動の際や、自宅の風呂に入る時でさえ覆面を付けたままという設定になっています。

スポンサーリンク

ザ・グレート・サスケのマスクのオークション値段は?

2021年2月13日(土)23:30から放送の有吉反省会に出演するザ・グレート・サスケさん。

有吉反省会といえば、芸能人が反省したい事を告白し、それについて掘り下げる番組ですよね。

最後には、「禊のお時間」でゲストに科す「禊」の内容が有吉から発表されます。

ザ・グレート・サスケさんが何を反省しているのかというと、

記念マスクだけでなく、

プライベートで付けたマスクもオークションで万単位で売っているそうで、

それを反省してきたようです。(笑)

ファンとしては、嬉しいでしょうけどね。

そして気になる禊は、ぱいぱいでか美さんとのコラボマスクで試合に出るというものだそうです。

ぱいぱいでか美さんとのコラボマスクはこちらです。

ザ・グレート・サスケ素顔画像画像引用元:https://twitter.com/motchy1102/status/1358400166135439360/photo/4

ハートがたくさんついていて、派手ですね。

また、ぱいぱいでか美さんとのコラボマスクはさっそくヤフオクに出品したようです。

ザ・グレート・サスケ素顔画像画像引用元:https://page.auctions.yahoo.co.jp/jp/auction/t788878760

すでに落札されており、落札価格はなんと85,000円でした。

覆面マスクの平均落札価格は3000円程度のようですので、相当高値取引されたようですね。

スポンサーリンク

ザ・グレート・サスケのwikiプロフィール&経歴

ザ・グレート・サスケ素顔画像画像引用元:https://images.app.goo.gl/AVk2JLgimerRxPjq5
  • リングネーム:ザ・グレート・サスケ、SASUKE、ニンジャ・サスケ、MASAみちのく、スペル・ニーニョ
  • 本名:村川 政徳
  • ニックネーム:東北の英雄、マスター
  • 身長:176cm
  • 体重:88kg
  • 誕生日:1969年7月18日
  • 年齢:51歳(2021年2月9日現在)
  • 血液型:O型
  • 出身地:岩手県盛岡市
  • 職業:覆面レスラー、元岩手県議会議員
  • 所属:みちのくプロレス、アルファ・ジャパンプロモーション
  • スポーツ歴:器械体操
  • トレーナー:山本小鉄、グラン浜田
  • デビュー:1990年3月1日

新日本プロレス学校で修業していたようですが、新日本のプロテストには不合格でした。

本名から「MASAみちのく」へ

その後、本名・村川政徳で1990年3月1日、ユニバーサル・プロレスリングから後楽園ホールのモンキーマジック・ワキタ戦でデビューしました。

そして、リングネームを「MASAみちのく」に改名。

デビュー当時は素顔で、縞の合羽に三度笠を被り入場し、上半身裸でロングタイツを着用するといった現在とは違うスタイルでした。

スポンサーリンク

「MASAみちのく」から「ザ・グレート・サスケ」へ

メキシコへ遠征した際に覆面レスラーになりました。

リングネームは「ニンジャ・サスケ」に。

1992年3月、謎のマスクマン「スペル・ニーニョ」として一時帰国していました。

その後再びメキシコに遠征していましたが、1992年8月の帰国を機に現在の「ザ・グレート・サスケ」になりました。

プロレス団体「みちのくプロレス」を設立

メキシコから帰国した後は「みちのくプロレス」を設立し、

岩手県盛岡市出身であることから、東北六県をプロレスで盛り上げるために、地域密着型の活動を行ってきました。

その後、大仁田厚との電流爆破デスマッチなどを経て、全国に名前が知れ渡るようになったようです。

覆面議員として注目されたり、岩手県知事選挙に落選した後に、

電車で許可なく写真撮影をした一般人に暴行を加えて逮捕されてしまったり、プロレス以外でもたびたび話題に上ることがありました。

スポンサーリンク

まとめ

今回は、覆面レスラーのザ・グレート・サスケさんについてまとめました。

使い終わった覆面マスクは、自分で持ってても持て余すだけなのでしょうね。

有吉反省会に出演しましたが、これからも覆面マスクをオークションに出品するのでしょうか…。

関連記事:ザ・グレート・サスケの息子に成宮寛貴がセクハラ?2ちゃんねるの書き込みが話題


スポンサーリンク