女性タレント

ベビーシッター経験のある横澤夏子、吉本の劇場に託児所作る。反響は?

2019年8月、2020年2月にお母さんになるお笑いタレントの横澤夏子さんの思いで、大宮ラクーンよしもと劇場に専門の保育士がいる託児所が開設されました。

たまには大笑いして息抜きしたい、というお母さんとお父さんを思って、発起人になったそうです。

スポンサーリンク



横澤夏子さん自身がベビーシッター経験者

横澤夏子さんは子供が好きだそうです。

【エキサイトミュージック】の記事では、

保育園で働くとなると、週に3日か4日は行かないとダメなので、オーディションがいつ入るかわからない身としては無理で。

そんなときにベビーシッターのアルバイトを見つけて、こういう働き方があるんだって知ったんです。

これだったら時間もわりと自由がきくなぁと思って。

で、資格を取ってベビーシッターのアルバイトをするようになったんです。

 

ベビーシッターとしての私のプロフィールには吉本の芸人ということは書いてなかったので、依頼の電話が入ったときに「私、吉本で芸人をしてるんですけど」ってお伝えして。

そうすると「あ、ちょっと一回考えさせてください」って切られることが多かった半面、ちゃんと吉本興業に所属しているんだと知って安心していただくパターンも多くて。

当時は芸人をやりつつ、アルバイトもやりつつで、いろんな世界が見られて楽しかったですね。

芸人の仕事しながら、ベビーシッターのアルバイトをやりつつの横澤夏子さんはとても素敵です。

スポンサーリンク



託児所を作る経緯

横澤夏子さんがネタをやっている途中で、泣き出す子どもがいると「すみません、すみません……」とロビーに出ていくお母さんを多く見かけます。

そこで、もし劇場に託児所があったら、お母さん達は絶対にリフレッシュできると思ったそうです。

漫才やコントがわからない子供は子供でノビノビもできます。

『THE W(=女芸人No.1決定戦 THE W)』の時、賞金が1千万でした。

そこで、「1千万円で託児所作りたいんで!」って言ったそうです。

そうすると、何社か「一緒にやりませんか」と横澤夏子さんに声をかけ、大宮に託児所が開設されました。

スポンサーリンク



反響

 

スポンサーリンク



横澤夏子のプロフィール

  • 誕生日:1990年07月20日
  • 身長/体重:172cm /63kg
  • 血液型:A型
  • 出身地:新潟県 糸魚川市
  • 趣味:朝ドラを見る/料理/子育て/森林浴/大衆演劇を観る/ピアノ/卓球/ダイエット/合唱/田植え/婚活パーティー/人間観察/ケロケロケロッピ
  • 特技:オムライス料理/婚活パーティでの立ち回り/バスガイドのものまね/卓球

2020年1月4日、テレビTBS『王様のブランチ』で産休入りを発表しました。

2020年2月に出産予定です。

スポンサーリンク



まとめ

横澤夏子さんは行動力があって、託児所が開設されてからも、みずからベビーシッターに行ったりしていました。

本当に素晴らしい女性ですね。

 

 

スポンサーリンク


COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です