スポーツ

屋比久翔平は加害者?事故の内容が悲惨&被害者の谷口慧志の現在は頸髄損傷?

屋比久翔平選手は、

レスリング男子グレコローマンスタイル77キロ級で東京オリンピックに出場。

今回は裁判になっていた事故について、

「屋比久翔平は加害者?」「事故の内容が悲惨」「被害者の谷口慧志の現在は?」

などをお伝えします。

どうぞ、ご覧ください。

スポンサーリンク

屋比久翔平は加害者?事故の内容が悲惨!

屋比久翔平と加害者と事故画像引用元:https://ryukyushimpo.jp/news

屋比久翔平は加害者?

 

提訴により損害賠償を求められる

 

屋比久翔平選手は、

レスリングの練習(スパーリング中)で起きた事故によって提訴されました。

 

それはレスリングの強化合宿中のことだったため、

  • 屋比久翔平選手が所属する警備大手ALSOK(東京)
  • 選手強化本部長だった栄和人氏

    屋比久翔平と加害者と事故画像引用元:https://smart-flash.jp


  • ナショナルコーチとしての契約を結んでいた日本オリンピック委員会(JOC)

も訴えの対象となりました。

 

提訴したのは、

元学生王者(レスリング)で事故があった当時大学生の谷口慧志さんと母親。

 

事故が起きたのは、2017年。

計2億2600万円の損害賠償を求めて東京地裁に提訴したのは、2019年3月28日付。

 

判決は「請求棄却」

 

東京地裁は2021年4月26日、

請求を棄却する判決を言い渡しました。

屋比久翔平と加害者と事故画像引用元:https://www.yomiuri.co.jp/national/20210427-OYT1T50076/

 

裁判上は、

屋比久翔平選手は加害者とはならなかったのです。

 

このニュース(記事)の文章によると、

以下のようになっています。

谷口さん側の主張

「コーチの指示でほかの選手との接触を避けるため、

練習中断の合図として力を抜いたところを投げられた」

判決の指摘

「コーチの指示があったとは認められない」

判決の判断

「競技ルールで禁じられた技でもなく、事故は不可抗力というべきものだった」

スポンサーリンク

事故の内容が悲惨!

屋比久翔平と加害者と事故画像引用元:https://www.sankei.com

谷口慧志さんは、

屋比久翔平選手に投げられて、

頭からマットに落ちて首を骨折。

 

谷口慧志さん側による状況の説明(訴状)

合宿には100人超の選手が参加。

マットの上は混雑。

谷口慧志さんは屋比久翔平選手を場外へ押し出そうとする際に、

マット上の隣の選手と接触するのを避けるため、

プレーを中断しようと力を抜いた。

屋比久翔平選手は中断に応じることなく、

力を抜いた谷口慧志さんの両腕を外側から抱え込み、

真後ろに投げる危険な技を仕掛けた。

その結果谷口慧志さんは、

頸髄を損傷して、両手足がマヒするなどの後遺症を負いました。

 

 

危険な技についてはルール統一がされていなかった?

 

屋比久翔平選手が仕掛けた技は、

谷口慧志さんが所属する大学では禁止されていた技でした。

しかし合宿では、

スパーリングのルール統一がされていなかったそうです。

スポンサーリンク

被害者の谷口慧志の現在は頸髄損傷したまま?

屋比久翔平と加害者と事故画像引用元:https://moneytalk.tokyo/sports

「被害者の谷口慧志の現在は頸髄損傷したまま?」については、

明確に伝えているニュースは見当たりません。

 

東京地裁が請求を棄却する判決を言い渡しましたのは、

2021年4月26日。

 

事故が起きたのは2017年で、

計2億2600万円の損害賠償を求めて、

東京地裁に提訴したのは2019年3月28日付という状況から考えると、

谷口慧志さんは普通に生活できる身体ではないのだと思われます。

 

2019年3月28日付というのは、

谷口慧志さんが通学できていれば大学を卒業する時期です。

 

社会人になって仕事をできる状況ではなかったから、

訴訟を起こしたのかなとも考えられます。

 

日本レスリング協会のデータベースで確認できる谷口慧志さんの情報は、

以下の通り。

名前:谷口 慧志(たにぐち けいじ)

生年月日:1996年11月15日(2021年8月現在、24歳)

出身地:京都府

学歴:京都八幡高卒(拓殖大学を卒業できたかどうかは不明)

レスリングの戦績は、

「2017年全日本学生選手権で優勝」のあとは情報がありません。

 

2017年の事故でケガをした以降の谷口慧志さんについては、

まったく表には出てきていないというのが現状です。

 

2017年の週刊文春によるスクープとして、

谷口選手は現在、車椅子に乗ることを目標にリハビリに励んでいる最中。

と報道していたという情報はあります。

 

 

リハビリについて調べてみたところ、

手足(四肢)の麻痺が残った場合は、

その麻痺の程度によって、

独歩、杖歩行、車椅子での自立など、

本人に合わせたゴール(目標)が決められるようです。

 

谷口慧志さんは、

車椅子で生活できているかどうか?くらいなのでしょうね。

スポンサーリンク

屋比久翔平の事故は隠蔽されてた?

屋比久翔平と加害者と事故画像引用元:https://www.japan-wrestling.jp/2017/06/07/108706/

屋比久翔平の事故は隠蔽されてた?

「屋比久翔平の事故は隠蔽されてた?」については、

事実はわかりません。

 

しかし週刊文春は、

次のように見ていたようです。

屋比久翔平と加害者と事故画像引用元:https://twitter.com/bunshun_online/status/932944184897445888

 

2017年に味の素ナショナルトレーニングセンター(東京都北区)で起きた事故について、

週刊文春の記事は次の通りに報道。

屋比久翔平と加害者と事故画像引用元:kakutougigottanisokuhou.doorblog.jp

隠蔽について

日本レスリング協会の栄和人強化本部長をはじめ、

幹部らが、

事故について隠蔽しようとしていることは、

週刊文春は記事の冒頭で伝えています。

 

栄和人強化本部長の態度については、

栄氏は周囲に対し

「面倒なことになったから強化本部長を辞めたい」と漏らしているという。

と週刊文春は文章にしています。

 

栄和人強化本部長は、

責任のなすりつけ合あいなんてしていないよ。

と答えるにとどまっていた様子でした。

スポンサーリンク

栄和人のパワハラも発覚

2018年に、栄和人氏のパワハラも発覚。

 

2018年1月に、

伊調馨選手の代理人により、

「栄監督からパワハラを受けた」

内閣府公益認定等委員会に告発状が提出されました。

 

栄和人氏と日本レスリング協会は、否定。

 

そのあとに第三者委員会が設置され、

日本レスリング協会に調査結果が報告され、

パワハラがあったことは認定されています。

 

栄和人氏は、強化本部長を辞任。

 

その2018年6月には、

栄和人氏は至学館大のレスリング部監督を解任されたものの、

翌年の2019年12月には監督に復帰しています。

スポンサーリンク

屋比久翔平の現在

屋比久翔平と加害者と事故画像引用元:https://www3.nhk.or.jp/news

屋比久翔平選手は、

東京オリンピック・レスリング男子グレコローマンスタイル77キロ級2回戦で、

ハンガリーの選手に敗れました。

事故についてのコメントはありません。

まとめ

スポーツ界は全体的に問題が多いですが、

日本レスリング協会もスッキリしない状況が続いています。

谷口慧志さんの人生について、

屋比久翔平選手はどのように思っているのでしょうね。

関連記事:【画像】屋比久翔平が結婚した妻と子供が鬼可愛い!父母妹は全員アスリート!


スポンサーリンク