芸能

Wabokuは何者で顔画像や本名は?wikiプロフィールと大学を調査!

2020年8月15日のバラエティ番組「マツコ会議」に、

人気アニメーターのwabokuさんが顔出し出演します。

では、wakobuさんは何者なのか、顔画像とともに、

本名、wikiプロフィール、大学などの学歴、経歴について調査します。

スポンサーリンク



【顔画像】Wabokuは何者?

Wabokuの顔画像!アニメコンテストで受賞してた

wabokuの本名wikiプロフィール

wabokuさんは知るぞ人が知る人気イラストレーターでもあり、アニメーターでもあります。

これまで顔出ししてこなかったwakobuさんですが、ついに「マツコ会議」で顔出ししました。

白黒に染まった髪の毛はまさにアーティストって感じですね。

そんなwakobuさんは、2016年にCGアニメコンテストの「VOYNICH」で佳作賞を受賞しました。

他にも多数の賞を受賞しており、

現在は人気イラストレーター、人気アニメーターとして活躍されています。

スポンサーリンク



Wabokuの主な作品:「ずとまよ」「Eve」とコラボ

一番最近で有名なのは、

「ずっと真夜中でいいのに。」(ずとまよ)さんとコラボした『秒針を噛む』です。

「ずっと真夜中でいいのに。」

略して”ずとまよ”。

2018年にメジャーデビューした音楽ユニットで、

ボーカルのACAね。さんを中心にした5人組です。

PV『秒針を噛む』をユーチューブにアップしたところ、瞬く間にバズり、

1年足らずで再生数が2100万回を上回り、一気に有名になりました。

『秒針を噛む』がバズったのは、「ずとまよ」さんの歌詞がいいのはもちろんですが、

wakobuさんの歌詞にマッチしたアニメーションのおかげでもあります。

2018年6月に公開したこの動画は、2020年8月現在では再生数が6000万を超えています。

スポンサーリンク



「ずとまよ」さんとのコラボ以外に、

「Eve」さんとコラボした『お気に召すまま』もユーチューブで大ヒットしました。

「Eve」

日本のシンガーソングライター。

音楽のほか、ファッションデザインにも手掛けています。

2009年からインターネットを中心に活動しています。

wabokuさんの淡い色タッチや独特なキャラクターと、

「Eve」さんの明るいリズムや曲調、すごくマッチしています。

2017年11月の公開したこの動画は、2020年8月現在では再生数5000万を超えています。

スポンサーリンク



Wabokuの本名は?wikiプロフィールと大学

wabokuの本名wikiプロフィール
  • 名前:waboku
  • 本名:中島渉(なかじま わたる)
  • 年齢:26歳(2020年時点)
  • 大学:東京工芸大学

wabokuさんの本名や大学は公開されていませんが、

過去の受賞歴から本名と出身大学がわかりました。

2015年11月9日に行われた「第21回学生CGコンテスト」において、

「EMIGER」という作品が最優秀賞を受賞しました。

こちらの作品のテイストがとてもwabokuさんに似ています。

調べたところ作者は東京工芸大学出身の中島渉さんです。

その中島渉さんのホームページをアクセスすると、wabokuさんのホームページになっていました。

なので、おそらくwabokuさんの本名は中島渉さんで、出身大学は東京工芸大学ですね。

スポンサーリンク



Wabokuはもともとアニメに興味なかった?

人気アニメーターのwabokuさんですが、

実は高校まではあまりアニメに興味がなく、

「ドラえもん」「クレヨンしんちゃん」くらいしか知らなかったそうです。

高校時代は小説を読んだり、調べ物をするのが好きで、民俗学者になろうとしました。

また、当時は絵を描くこともアニメも興味がなかったそうです。

アニメ制作に興味を持ったのは、高校3年生のとき。

劇場公開から1年の「サマーウォーズ」がテレビで放送されたきっかけで、

感化されたwabokuさんは進路を民俗学者からアニメ業界に変えました。

それから徐々に作品が有名になり、

「ずとまよ」さんとのコラボの『秒針を噛む』がきっかけで一気に超人気になり、

メデイアにも出演するようになりました。

スポンサーリンク



まとめ

wabokuさんの本名は中島渉さんでした。

顔画像とwikiプロフィール、大学についても調査しました。

これからのさらなる活躍を期待しています。


スポンサーリンク

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です