芸能

寺内タケシの息子・章に逮捕歴がある?娘や嫁(奥さん)など家族構成は?

寺内タケシ息子と娘奥さん

“エレキギターの神様”と呼ばれた歌手の寺内タケシさん。

嫁(奥さん)はどんな人でしょうか?

娘がいるかも気になりますが、

息子の寺内章さんは逮捕歴があるようです。

では、寺内タケシさんの家族構成を調査しました。

スポンサーリンク

寺内タケシの息子・章に逮捕歴がある?

寺内タケシ息子と娘奥さん画像引用元:Youtube

【顔画像】寺内タケシの息子は寺内章

寺内タケシさんには歌手活動や俳優活動を行っている息子(長男)がいます。

名前は「寺内章」さんです。

 

寺内章さんは「ブルージーンズ」という、

寺内タケシさんを中心に50年以上活動しているバンドに所属しているようです。

 

息子・寺内章さんの顔画像はこちら。

寺内タケシ息子と娘奥さん画像引用元:Youtube

左側が息子の寺内章さん、右側が寺内タケシさん。

息子さんは若い頃の寺内タケシさんにそっくりですね。

 

息子・寺内章さんのwikiプロフィール&経歴はこちら。

  • 名前:寺内章(てらうち あきら)
  • 誕生日:1963年4月6日
  • 出身:神奈川県横浜市
  • 学歴:日本大学法学部
  • 職業:歌手・俳優

日本大学法学部卒業後、音楽活動に加え、俳優としても活動していました。

1992年には、父・寺内タケシさんプロデュースの

イケイケガールズ「イケイケ江ノ島」の作詞作曲を担当するなど、

ミュージシャンとして才能を発揮。

 

そして、1999年に父・寺内タケシさんを中心としたバンド「ブルージーンズ」に加入。

後ほど詳しくご紹介しますが、

2002年にある事情で逮捕され、バンドを脱退します。

 

17年後の2019年、再びブルージーンズのバンドシンガーどしてステージに復帰。

2021年現在では、不動のブルージーンズメンバーとして欠かせない存在です。

父親譲りの天性の音楽センスの持ち主であり、

自由自在に声を操ることのできる天賦の才を持つヴォーカリストです。

スポンサーリンク

寺内タケシの息子・章に逮捕歴ある?

先程少し触れましたが、

寺内タケシさんの息子は2002年にある事情で逮捕されました。

 

事件が起きたのは2002年2月21日。

息子の寺内章さんは覚せい剤使用で逮捕されました。

 

当時のニュースによると、

寺内章さんは2002年2月13日、横浜市西区の路上で、

高校時代の友人から覚醒剤0.1グラムを無償で譲り受けたそうです。

 

2002年2月18日、寺内章さんは覚醒剤0.04グラム、

乾燥大麻0.01グラムを隠し持ってたとして、

現行犯逮捕されました。

 

寺内章さんは警察の調べに対して、

「父親の存在がプレッシャーになっていた。(重圧から逃れるため)1999年頃から覚醒剤を使っていた」

と供述したそうです。

 

逮捕当時、父親の寺内タケシさんは大腸がんの治療で入院中でした。

寺内タケシさんは入院先の病床から、

「大変申し訳なく、世間に対して顔向けができません。ひとえに私の親としての指導教育の至らなさであり、息子に代わり心よりお詫び申し上げます」

とコメントしました。

スポンサーリンク

寺内タケシに娘もいる?嫁(奥さん)など家族構成は?

寺内タケシ息子と娘奥さん画像引用元:https://news.yahoo.co.jp/

寺内タケシさんの家族をネットで調べると、

「寺内タケシ 娘」の検索ワードが出てきます。

しかし、娘についてまったく情報がありません。

 

嫁(奥さん)は一般人ですが、

名前は「寺内由利子」さんです。

顔画像や年齢などの情報はまったくありませんでした。

 

2021年の寺内タケシさんは82歳。

当時は年の差婚があまりないと思いますので、

奥さんも同じくらいの年齢かもしれません。

スポンサーリンク

寺内タケシのwikiプロフィール&経歴

寺内タケシ息子と娘奥さん画像引用元:https://www.kingrecords.co.jp/
  • 名前:寺内タケシ
  • 誕生日:1939年1月17日
  • 出身:茨城県土浦市
  • 学歴:関東学院大学工学部電気工学科
  • 職業:ギターリスト

寺内タケシさんは兄の影響でギターに興味を持ちました。

しかし最初は触ることを許されなかったそうです。

 

兄が徴兵・出征したため、兄のギターを独占できるようになり、

5歳のときから母の三味線を手本にギターを練習。

ギターを弾いているうち、

より大きな音が出るギターを作ろうと、

電話機3台を分解してピックアップを自作。

 

最初の自作ギターが1年で壊れたあと、

近所の職人にソリッド・ボディー・ギターを作らせ、

1949年、PAを自作し、後に初期ブルージーンズのコンサートで使用。

 

1962年にバンド「寺内タケシとブルージーンズ」を結成し、

卓越したエレキギターの技術で活躍しました。

1967年には「レッツ・ゴー『運命』」で日本レコード大賞編曲賞を受賞。

スポンサーリンク

まとめ

寺内タケシさんの家族について調査しました。

娘や奥さんの情報はないですが、

なにか新情報があれば追記します。


スポンサーリンク