女性タレント

滝沢カレンはどこの国のハーフ?変な日本語の理由は母親の仕事のせい?

人気モデルの滝沢カレンさんですが、

最近変な日本語を話すモデルとしてバラエティー番組でも活躍の場を広げています。

ハーフということもあり、綺麗な顔立ちで変な日本語を話す姿が人気を集めています。

滝沢カレンさんは、どこの国のハーフなのでしょうか?

また変な日本語は母親の影響とも噂されています。

人気急上昇の滝沢カレンさんについて調べてみました。

スポンサーリンク

滝沢カレンはどこの国のハーフ?

滝沢カレンどこの国のハーフ画像引用:https://dot.asahi.com/dot/2020052800009.html

滝沢カレンはどこの国のハーフ?

滝沢カレンさんはウクライナと日本のハーフです。

滝沢カレンさんの父親がウクライナ人で、

母親が日本人と言われています。

 

滝沢カレンさんの母親はバレリーナの宮沢さゆり(宮澤さゆり)さんです。

母親の顔画像はこちら。

滝沢カレンどこの国のハーフ画像引用元:https://www.tokyolesson.com/

宮沢さゆりさんは、ソビエト連邦に留学経験があります。

ウクライナはかつてソビエト連邦を構成する一国で、

宮沢さゆりさんが留学した時に滝沢カレンさんの父親と知り合ったと思われます。

滝沢カレンの両親の離婚理由は?

両親は滝沢カレンさんが生まれる前に離婚され、

滝沢カレンさんは父親とは会ったことがないそうです。

 

離婚理由について、

滝沢カレンさんの母親が妊娠中に、父親が浮気をして別れたといわれています。

滝沢カレンさんは「一生会うことはない」とテレビ番組で語っていました。

 

妊娠中の浮気は良くないですよね。

滝沢カレンさんが怒るのも無理もないと思います。

スポンサーリンク

滝沢カレンの生い立ち

滝沢カレンさんは母親と母方の祖父母に育てられたと言われています。

国籍は日本と言われており、

滝沢カレンさんは生まれも育ちも日本なので国籍が日本なのは間違いないでしょう。

 

幼いころからファッションモデルに憧れ、

渋谷でスカウトされてから事務所に所属しモデルとして活躍されています。

滝沢カレンどこの国のハーフ画像引用元:https://girlschannel.net/

2008年ティーンズ雑誌「Seventeen」のモデルオーディション

「ミスセブンティーン2008」でグランプリを獲得し、

人気モデルの仲間入りをしました。

 

ハーフならではの綺麗な顔立ちなので、当時から人気が高かったです。

滝沢カレンどこの国のハーフ画像引用元:https://resumedia.jp/

高校卒業と同時に「Seventeen」を卒業され、

2011年4月~2019年7月には、

ファッション雑誌「JJ」の専属モデルとして活躍されていました。

 

2009年からは女優としても活躍され、

現在ではそのキャラを生かしてバラエティー番組でも活躍されています。

スポンサーリンク

滝沢カレンの家族構成は?

滝沢カレンさんには兄弟はおらず、

母親と母親方の祖父母と一緒に暮らしていました。

母方の祖父母

滝沢カレンどこの国のハーフ画像引用:https://kanazawa-ambi.com/celebrity/karen-takizawa-family/

母親は仕事で多忙のため、祖父母に育てられたと言われています。

自然とおじいちゃん・おばあちゃんっ子になったようです。

しかし祖母が作る和食が嫌いだったにも関わらず、食事は魚料理が多かったそうです。

 

ハーフということもあり、

周りの同級生とは髪や目の色が違うことにコンプレックスを持っており、

周りからはよくからかわれたと言われています。

 

ある日、からかわれて泣きながら帰ってきた滝沢カレンさんに祖母は。

「大きいんだからやり返せばいい」

「コンプレックスを武器にしろ!」

とアドバイスをしたそうです。

そのアドバイスを受け、滝沢カレンさんは次第に強くなったと言われています。

スポンサーリンク

母親

滝沢カレンどこの国のハーフ画像引用:https://shoko-mag.com/

滝沢カレンさんの母親は宮沢さゆりさんと言います。

 

バレエに魅了され、

高校卒業後は語学留学のためにソビエト連邦へ留学されたそうですが、

毎晩のようにバレエの公演を鑑賞していたそうです。

また、バレリーナとしても活躍されていました。

 

帰国後、ロシア語の通訳として多忙な毎日を送っていました。

 

滝沢カレンさんが幼い時は、

仕事が多忙でなかなか面倒を見れなかったそうです。

滝沢カレンさんの祖父が経営していた建築会社の閉鎖をきっかけに、

ロシア講師を集めてバレエスタジオ「レビーナ(RYABINA)」の経営者として活躍されていました。

 

滝沢カレンさんとの仲は良好で、とても仲の良い親子だったそうです。

しかし、2018年滝沢カレンさんの母親・宮沢さゆりさんは癌のため他界されています。

スポンサーリンク

滝沢カレンの変な日本語は母親の仕事のせい?

滝沢カレンどこの国のハーフ画像引用:https://www.dailyshincho.jp/article/2019/08270557/?all=1

滝沢カレンさんはウクライナと日本のハーフですが、生まれも育ちも日本です。

滝沢カレンさんは日本語しか話せないと本人が公言しています。

 

でもなんだかカタコトの日本語だと思いませんか?

これは、母親の仕事に影響されているからだそうです。

母親の仕事の影響

母親は滝沢カレンさんが幼い頃、ロシア語の通訳の仕事をしていました。

そのため幼い滝沢カレンさんの傍には、カタコトの日本語を話すロシア人が多くいました。

 

そんな環境だったので、

滝沢カレンさんはカタコトの日本語を覚えてしまったという。

 

ロシア人の方たちとカタコトの日本語で話をしていたため、

自然にカタコトな日本語が当たり前になったそうです。

滝沢カレンどこの国のハーフ画像引用:https://xn--22455-udb.biz/

これは滝沢カレンさんの母親が、テレビ番組で語っていました。

 

日本生まれ・日本育ちのハーフでも日本語が苦手というキャラもなかなかいないですよね。

そんな特殊なキャラを生かして、滝沢カレンさんはモデル業だけではなく、

最近ではバラエティ番組で大活躍されています。

スポンサーリンク

滝沢家の家訓「勉強は無視」

滝沢家の家訓は「勉強は無視しろ」だったそうです。

 

中学時代の成績は体育は5でしたが、

他の教科は平均1.75だったといわれています。

 

でも国語は先生より、

「答えはひとつじゃない」と言われていたので好きだったそうです。

 

現在の滝沢カレンさんの自由な発想には、

その先生の言葉が聞いているのかもしれませんね。

 

滝沢カレンさん自身も自分の日本語が変だという事には気づいていたそうで、

19歳の時にはアナウンサー養成所にも通った経験があったそうです。

 

早口言葉なども訓練を行っていたこともあり、確かに滑舌はきれいですよね。

スポンサーリンク

まとめ

滝沢カレンさんについてまとめてみました。

  • 滝沢カレンさんは父親・ウクライナ人、母親・日本人のハーフだが、滝沢カレンさんが生まれる前に両親が離婚したたため、父親とは会ったことがない。
  • 滝沢カレンさんは日本生まれの日本育ち。国籍も日本。
  • 幼い頃は母親が多忙だったこともあり、母方の祖父母が滝沢カレンさんの面倒を見てくれていた。
  • 2019年に滝沢カレンさんの母親は他界している。
  • 滝沢カレンさんの日本語が変なのは、母親がロシア語の通訳をしており滝沢カレンさんの周りにはカタコトな日本語を話すロシア人が多くいたから、自然とカタコトな日本語を覚えた。

最後までお読み頂きありがとうございました。

関連記事:滝沢カレン親友の幸子はどこのハーフ?結婚した旦那がイケメン!【顔画像】

関連記事:滝沢カレンの親友の幸子はどんな人?情熱大陸に二日酔いで出演した?

関連記事:滝沢カレンの小学校写真が衝撃!切ないダースベイダーのあだ名の真相は?

関連記事:【画像】滝沢カレンの歴代彼氏は5人?学生時代から現在を時系列でまとめ!


スポンサーリンク