時事

高井崇志(たかし)の評判は?wikiプロフィールと学歴、経歴を調査!

2020年4月14日、「週刊文春」が高井崇志議員のキャバ嬢との濃厚接触について報じました。

”濃厚接触”は緊急事態宣言の2日後の4月9日だったそうです。

3月30日の時点で小池百合子都知事は「夜の街」への立ち入りを自粛してくださいと呼びかけたばかりでした。

こんな時期に起きた高井崇志(たかし)議員の行動はあまりにも信じられないですよね。

では、高井崇志(たかし)議員の濃厚接触の内容、プロフィールと経歴についてリサーチしたいと思います。

スポンサーリンク



【文春砲】高井崇志(たかし)は自粛中にキャバ嬢と120分の濃厚接触?

記事の内容を以下に簡単にまとめます。

  • 3月30日 小池百合子・都知事は「夜の街に立ち入り自粛するように」と呼びかけがあった。
  • 4月7日 緊急事態宣言があった。
  • 4月9日 高井崇志議員が歌舞伎町のセ○キャバの店へ。
  • 白石麻衣似のキャバ嬢と120分に渡って、濃厚接触。
  • かなり変態なことを話したり、していた。
  • 高井崇志議員の行動からすると、こういった店の常連客のようだ。

自粛を受け、セ○キャバの店は一晩に10人しか来ないほど、閑散でした。

しかし、高井崇志(たかし)議員は自身が国家議員であるにも関わらず、3密空間に行きました。

※3密空間:密閉・密集・密接の空間

しかも3密空間に行った時期は、小池百合子・都知事が自粛を呼びかけた後であって、緊急事態宣言の2日後です。

自粛しているから空いているだろうという思いで行ったのでしょうけど、コロナにかかりに行くようなものですよね。

医療従事者がテレワークもできず、現場で頑張っている中、こういった行動をする国家議員は本当にひどいだと思います。

スポンサーリンク



高井崇志(たかし)の評判は?

自粛中のセ○キャバ通いによって、かなり評判おちていますね!

また、文春砲の後、高井崇志(たかし)議員のツイッターに4月15日の午前9時までに1000件を超えるコメントが殺到しました。

ほとんどが抗議の意見で炎上状態になっています。

さらに同じ立憲民主党の蓮舫参院議員のツイッターにも抗議や調査を求めるコメントが殺到しています。

スポンサーリンク



高井崇志(たかし)のプロフィール、学歴

  • 名前:高井崇志(たかい たかし)
  • 誕生日:1969年9月26日(50歳)
  • 出身:日本、北海道函館市
  • 高校:函館ラ・サール高校
  • 大学:東京大学経済学部
  • 職業:日本の政治家、郵政・総務官僚

高井崇志議員は、東京大学経済学部を卒業した後、旧郵政省(現総務省)に入省しました。

2009年に民主党から出馬し、初当選を果たしました。

その後、維新の党や民進党を経て、3期目の現在は立民の岡山県連代表を務めています。

スポンサーリンク



高井崇志(たかし)の経歴

大学卒業後の経歴は以下の通りです。

  • 1992年 郵政省(現総務省)の電気電信局電気電信事業部に入省
  • ミュンスター大学へ留学
  • 帰国後、大臣官房総務課行政改革担当係長を務める
  • 総務省情報通信政策局放送政策課課長補佐も務めたことある
  • 2001年 岡山県の企画振興部情報政策課へ出向
  • 2009年 衆議院議員初当選
  • 2012年 第46回衆議院議員総選挙落選
  • 2013年5月 民主党を離党
  • 2013年7月 第23回参議院議員通常選挙落選
  • 2013年10月 岡山市長選挙で落選
  • 2014年12月 第47回衆議院議員総選挙比例、中国ブロックで復活当選
  • 2016年3月 維新の党の解散・民主党との合流に伴い、民進党所属
  • 2017年10月 立憲民主党に所属

所属政党の経歴は、民主党→無所属→民主党→無所属→維新の党→民進党→立憲民主党です。

大学時代から電気通信行政に関心を持っていた高井崇志議員は、東大卒業後郵政省に入省しました。

その後ミュンスター大学への留学を経て、帰国後は大臣官房総務課行政改革担当係長や総務省情報通信政策局放送政策課課長補佐を務めました。

政治家を目指そうとしたのは、2001年の岡山県庁への出向です。

岡山のあたたかい人々との出会いから「岡山のために働きたい」と考えるようになったそうです。

スポンサーリンク



まとめ

高井崇志議員のプロフィール、学歴、経歴についてリサーチしました。

2016年に結婚しているので、奥さんがいるのにこういう形で文春砲されてしまいましたね。

奥さんがかわいそうです。

スポンサーリンク


COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です