女性タレント

シムウンギョンはなぜ「新聞記者」で主演抜擢?演技力についても調査!

シムウンギョン新聞記者なぜ

映画「新聞記者」は、

東京新聞記者・望月衣塑子さんの同名ベストセラーを原案にした社会派サスペンスです。

シム・ウンギョンは、主人公の「吉岡エリカ」を演じました。

今回お伝えするのは、

「シムウンギョンはなぜ『新聞記者』で主演に抜擢されたのか?」と、

「シムウンギョンさんの演技力」についてになります。

どうぞ、ご覧ください。

スポンサーリンク



シムウンギョンはなぜ「新聞記者」で主演抜擢?

シムウンギョン新聞記者なぜ

日本のエンターテインメント界で活動する意志を表明したころは、

「なぜ日本進出をするか」「日本に行かないで」と、

ファンからシムウンギョンさんへの引き止めの声があったそうです。

それに対して、

「いつかは日本で映画を撮ってみたいと思っていたから、韓国での活動も続けられた」

と理解を求めるコメントを残しているという情報がありました。

シムウンギョンはなぜ「新聞記者」で主演抜擢?

シムウンギョン新聞記者なぜ

シムウンギョンさんの日本映画界の体験は、

「撮影」を基準にすると、

「新聞記者」よりも夏帆さんと共演した「ブルーアワーにぶっ飛ばす」のほうが先でした。

話題作となった映画「新聞記者」の出演を選んだ理由については、

いくつかのインタビューでシムウンギョンさんは次のように言葉にしています。

新聞記者の役は、

今までやったことがなかったので、まずそこで興味を持ちました。

この映画はジャーナリズムについての話ではあるんですけど、

そのなかで人間群像がちゃんと見えて、

私にとっては何よりもヒューマンストーリーであるように感じられたんです。

この映画の主人公の二人__

松坂桃李さん演じる「杉原」と私が演じる新聞記者「吉岡」が、

それぞれの立場で追い求める真実というのは、

今この世界で(現実に)生きている私たち自身の姿なんじゃないかと思って。

以上のことから、シムウンギョンさんは、ストーリー(脚本)に魅力を感じたようですね。

そして、

役「吉岡エリカ」を演じてみたいと思ったことを次のように表現しています。

吉岡というキャラクターが、自分の意見をはっきり言うような、

非常に主体性を持った人物であることもすごくいいなと思って、

この役を是非やってみたいと思ったんです。

スポンサーリンク



日本人女優はオファーをすべて断った説

シムウンギョン新聞記者なぜ

映画「新聞記者」の主演は、

日本人女優にはオファーをすべて断わられたという説があります。

候補者の名前には、

宮崎あおいさんや満島ひかりさんなどがあがっていたそうです。

出演拒否の理由は、

映画の内容が反政府的で告発ものだからというのです。

実際に、

映画「新聞記者」はテレビでのプロモーションは積極的ではありませんでした。

それほどタブーなところがあったのだろうと憶測が飛び交っているそうです。

松坂桃李さんは映画の出演を決めたとき、

周囲から「よく出ることを決めたな」と言われたともネット情報にありました。

社会派エンターテインメントはシムウンギョンが最適?

社会派エンターテインメント映画が確立されている韓国の人気女優に声がかかった?

韓国では社会派エンターテインメント映画は、

人気俳優が起用されるほどに定番の1つになっています。

それで、

日本映画に関心を持つ「シムウンギョン」さんに白羽の矢が立ったのかもしれませんね。

スポンサーリンク



シムウンギョンの演技力は?

シムウンギョン新聞記者なぜ

シムウンギョンさんの演技力について、

原作者、制作スタッフ、監督、共演者のコメントを集めました。

誰もがシムウンギョンさんを高く評価しています。

シムウンギョンの演技 原作者「望月衣塑子」絶賛

シムウンギョン新聞記者なぜ東京新聞所属の望月 衣塑子(もちづき いそこ)記者。

望月衣塑子記者は、

「角川書店〈角川新書〉」より「新聞記者」を出版しています。

シム・ウンギョンさんが演じた映画の主人公「吉岡エリカ」は、

望月衣塑子さん本人がモチーフとなる存在(キャらクター)です。

特別出演では、

劇中座談会「官邸権力と報道メディアの現在」で望月衣塑子さんも参加。

望月衣塑子記者は、

「会話をしていても撮影が始まったら、一瞬にして役に入り込む。

一瞬にしてキャラクターに同化される姿に驚いた。さすがにプロは違う」

とシムウンギョンさんの演技を絶賛しています。

スポンサーリンク



制作スタッフの声 実際の記者と完璧なシンクロ率

シムウンギョン新聞記者なぜ

「吉岡エリカ」を実際の記者と完璧なシンクロ率で演じたシムウンギョンさんに、

制作スタッフも高い評価をしていたそうです。

シムウンギョンの演技 藤井道人監督を驚かせた

新聞社を訪問して記者を観察してきたシムウンギョンさんは、

藤井道人監督をも驚かせたというエピソードがあります。

シムウンギョン新聞記者なぜ

状況に応じて細かい動作や表情など、

「吉岡エリカ」に深みを付加することができるアイデアを提案したそうです。

たとえば、

新聞記者は手を大事にしているから、

文章を書く前に手にジェルを付けるという仕草など。

スポンサーリンク



シムウンギョン 役作りがすごい!

シムウンギョン新聞記者なぜ

映画「新聞記者」の「吉岡エリカ」を演じるにあたって、

シムウンギョンさんは次の2つをインタビューで答えていました。

新聞社を見学して、実際に記者の方々と話をした。

ハリウッド映画「スポットライト 世紀のスクープ」を参考にした。

大きな影響を受けたと言う「スポットライト 世紀のスクープ」で参考にしたのは、

マーク・ラファロさんの演技。

シムウンギョンさんは、

自由でありながら、本物の記者に見えるところが素晴らしかった。

私もそんなふうに演じたいと思い、いろいろとトライしました。

と語っています。

スポンサーリンク



共演者の松坂桃李も絶賛

シムウンギョン新聞記者なぜ

松坂桃李さんは、ウンギョンさんと呼んでいます。

インタビューでは、

ウンギョンさんといっしょにお芝居していると、

ワンシーンの中でもカットごとに緊張感がどんどん高まるというか、

良い意味で空気が変わっていったのが印象的でした。

ウンギョンさんはカットごとに違った感情や言葉、

表情や熱量を出されるので、僕としては一瞬も気が抜けませんでした。

とシムウンギョンさんの印象をコメントしています。

日本アカデミー賞 最優秀主演女優賞

シムウンギョン新聞記者なぜ

シムウンギョンさんは、

「新聞記者」の「吉岡エリカ」役で日本アカデミー賞の最優秀主演女優賞を受賞しました。

スポンサーリンク



「新聞記者」の韓国と日本での評価は?

シムウンギョン新聞記者なぜ

「新聞記者」の韓国での評価は?

第43回日本アカデミー賞授賞式で3冠に輝いたことによって、

日本映画「新聞記者」が韓国で早々に再上映されることが決まりました。

これは、

韓国の人気女優シムウンギョンが主人公を演じたことも大きかったようです。

シムウンギョン新聞記者なぜ藤井道人監督(右)と河村光庸プロデューサー(左)

韓国メディアの最大の関心は、

「映画はどこまでが事実か」

「日本で政府批判の映画を作ることに圧力はなかったか」というものでした。

動員数については話題になるほどではなかったようで、

最終的な数字は公表(日本のメディアには伝わっていない)されていません。

スポンサーリンク



「新聞記者」の日本での評価は?

シムウンギョン新聞記者なぜ

映画「新聞記者」の「日本国内の評価」としては、

以下のような賞を獲得していることで作品の質の高さが実証されています。

  • 第43回日本アカデミー賞:最優秀作品賞、
                優秀監督賞、優秀脚本賞、優秀編集賞
  • 第11回TAMA映画賞:特別賞(藤井道人監督、及びスタッフ・キャスト一同)
  • 2019年度新藤兼人賞:プロデューサー賞(河村光庸プロデューサー)
  • 第32回日刊スポーツ映画大賞:作品賞
  • 2020年 エランドール賞:特別賞(製作チーム)
  • 第74回毎日映画コンクール:日本映画優秀賞
  • 第12回東京新聞映画賞
  • 第2回映画のまち調布賞:撮影賞
  • 日本映画ペンクラブ賞:日本映画部門第1位

スポンサーリンク



映画「新聞記者」 日本アカデミー賞は賛否

第43回日本アカデミー賞で、作品に関する賞は以下の通りでした。

  • 最優秀作品賞:「新聞記者」
  • 優秀作品賞:「キングダム」「翔んで埼玉」「閉鎖病棟 -それぞれの朝-」「蜜蜂と遠雷」
  • 最優秀アニメーション作品賞:「天気の子」

「新聞記者」のアカデミー賞に対して評価する声は、

「大手の配給ではない『新聞記者』に栄誉を与えたのは勇気ある決断!」

「公権力や映画会社への忖度に関係なく賞が決まった」

というものでした。

一方、否定的なものとしては、

「反日の捏造記者をモデルにした作品が受賞したのはおかしい」

「日本アカデミー賞なのに、なぜ韓国人女優が受賞するんだ?」

反韓の人たちの声が強いです。

社会は映画のむずかしいところですね。

スポンサーリンク



まとめ

日本語の発音の壁がまだありますが、

シムウンギョンさんの演技はすでに日本でも認められています。

ぜひ、

テレビ朝日木曜ドラマ「七人の秘書」での活躍をご覧ください。

関連記事:シムウンギョンの学歴がすごい!アメリカ留学で日本語も英語もペラペラ

関連記事:【比較画像】シムウンギョンとイモトは似てる?整形や熱愛彼氏も調査!

関連記事:【画像】シムウンギョンは年齢より老けてる?内面も”おばあちゃん”っぽい?

関連記事:【動画】シムウンギョンの日本語が上手い!1年半でペラペラになった理由とは?

関連記事:シムウンギョンはチャングムの誓いに子役で出演?ドラマなど代表作は?


スポンサーリンク