国内アーティスト

坂本昌行が結婚した嫁(妻)は朝海ひかる!実家がお金持ちで両親の職業は?

言わずと知れた超人気アイドルV6の坂本昌行さんが

2021年12月30日に結婚を発表しました!

ジャニーズ事務所最高齢(50歳)での結婚ということで、

現在大変注目が集まっています。

 

しかも、結婚した嫁(妻)は

元宝塚トップスターで女優の朝海ひかるさんです!

美男美女のトップスター同士のご夫婦で、見ていて眩しいほど輝いていますね。

 

今回は坂本昌行さんの結婚相手、

朝海ひかるさんのプロフィールや実家を調査したいと思います!

スポンサーリンク

坂本昌行が結婚した嫁(妻)は朝海ひかる!

坂本昌行嫁の朝海ひかる実家画像引用:中日スポーツ 芸能ニュース      https://www.chunichi.co.jp/article/393047

坂本昌行が結婚した嫁(妻)は朝海ひかる!

2021年12月30日(木)に、坂本昌行さんと朝海ひかるさんが

連名で結婚報告を報道関係者に送りました。

 

坂本さんのお相手、朝海ひかるさんは、

画像をご覧になって分かるように

49歳とは思えないほど、大変容姿端麗な方です。

 

2019年春から約2年半の交際を経て、

2021年12月30日に2人で東京都内の区役所に婚姻届を提出。

すでに同居しており、挙式・披露宴を行う予定はないそうです。

 

馴れ初めは2018年の坂本昌行さんの主演舞台「TOP HAT」だそうです。

この舞台で共演して出会い、数カ月間の苦楽をともにしたことで急接近。

では、美人妻の朝海ひかるさんについて深堀していきます。

スポンサーリンク

朝海ひかるさんのwikiプロフィールは?

坂本昌行嫁の朝海ひかる実家画像引用:朝海ひかるオフィシャルファンクラブhttps://www.umegei.com/system/productions/detail/3
  • 芸名:朝海ひかる(あさみひかる)
  • 本名:小室徳子(こむろのりこ)
  • 生年月日:1972年1月24日(49歳) ※2021年12月現在
  • 出身:宮城県
  • 身長:166cm
  • 1991年に77期生として宝塚歌劇団に入団.

幼少期からモダンダンスやクラシックバレエを

習っていたというエピソードもあり、

かなりのお嬢様育ちの印象を受けます。

 

宝塚歌劇団では、

2006年に至るまでトップスターとして大活躍で、

1991年から大衆を魅了し続けました。

 

現在は、主に舞台女優として活動されていますが、

朝日テレビの人気ドラマ遺留捜査」にも出演するなど、

活躍の場は多岐に渡っています!

スポンサーリンク

芸名の由来は?

坂本昌行嫁の朝海ひかる実家画像引用:エンタメ特化型情報メディアスパイスhttps://spice.eplus.jp/articles/80032

宝塚トップスターとして長い間活躍するために、芸名はとても大切です。

輝きを失うことなく、活躍し続けることができた「朝海ひかる」という芸名は、

どのような由来があるのでしょうか?

 

なんと朝海さんの父親のひらめきで出た名前だとか!

 

朝海さんは、結構投げやりに決めたものの、

「朝の海が光っていいじゃないか」「縁起が良く覚えやすい」といった声を

よくもらうことから、大変気に入っているそう。

 

トップスターの名前が、投げやりで決められていたなんで、とっても驚きですね。

それでも、ここまで活躍されているのは、

まさに、朝海さんの才能が何よりも優れていた証拠なのではないでしょうか。

スポンサーリンク

坂本昌行の結婚相手(朝海ひかる)の実家はお金持ち?

坂本昌行嫁の朝海ひかる実家画像引用:朝海ひかるオフィシャルファンクラブhttps://asamihikaru.jp/

輝かしい功績を収めてきた朝海ひかるさんですが、

実家がお金持ちだという噂が出回っています。

しかし、朝海さんのご実家がお金持ちだという決定的な根拠は見当たりませんでした。

それでも、お金持ちだと予想できる根拠は3点あります。

根拠①ご実家の住所

坂本昌行嫁の朝海ひかる実家リッチモンドホテル プレミア仙台駅前ホームページ   https://richmondhotel.jp/sendai-ekimae/blog/14771?y=2018&m=3

朝海ひかるさんのご実家は、宮城県仙台市若林区という住所です。

この地域は、JR仙台駅がある場所で、

富裕層が多く住むことで知られています。

 

朝海さんのご実家の詳しい住所は明らかになってはいませんが、

政令指定都市のJR仙台駅の近くとなれば、

かなりの土地価格が予想されます。

 

このような理由から、お金持ちだという予想ができます。

スポンサーリンク

根拠② 幼少期の習い事

前述の通り、朝海ひかるさんは幼少期から

モダンダンスクラシックバレエを習っていました。

バレエ教室にかかる一般的な費用は以下の通りです。

  • 入会費で10,000円(初回のみなので次年度からはかかりません)
  • 月謝で120,000円(週1回レッスンの場合)
  • 発表会で100,000円(年2回の場合)
  • 衣装代で10,000円
  • お礼代で40,000円(お中元・お歳暮・2回分の発表会)
  • その他の費用で50,000円

バレエを習わせるにあたっての費用を見てきました。

年間にかかる費用を計算すると…

年間総額330,000円(月約27,500円)…!!

もちろん全てのバレエ教室がこんなにお金が必要なワケではなく、

あくまで目安です(逆に言えばこれ以上かかるバレエ教室もあるということですが)。

 

このように、一般的な家庭では負担が大きい、

かなりの金額を支払う必要があります。

 

このような経済的負担の大きい習い事を

朝海ひかるさんの祖母の思いつきで始めたというので、

なかなかのお金持ちであることが想定されますね。

スポンサーリンク

根拠③ 宝塚音楽学校への入学

宝塚音楽学校への入学は、

才能だけでなく経済力も必要とされています。

坂本昌行嫁の朝海ひかる実家引用画像:宝塚音楽学校ホームページ
http://www.tms.ac.jp/guidance/fee.html
  • 授業料:月額5万(2年間120万)
  • 入学金:20万
  • 教育施設費:25万
  • 雑費:3万
  • 入寮費:月額15,000円

学費は以上の通り、大変高額です。

この学費を払える家庭は、お金持ちしかあり得ない気がしますね!

スポンサーリンク

坂本昌行の嫁(朝海ひかる)の両親の職業は?

坂本昌行嫁の朝海ひかる実家引用画像:エンタメ特化型情報メディア スパイス
https://spice.eplus.jp/articles/121762

坂本昌行の嫁(朝海ひかる)の両親の職業は?

ここまで挙げた3つの根拠を踏まえると、

かなり裕福な家庭であることが推測されますが、

そうなると、気になるのがご両親の職業ですよね。

 

大変興味深い内容ですが、残念ながら、

ご両親の職業の情報は明らかになっていません。

 

結婚報道が加熱してくると、

さらなる情報が出てくる可能性がありますので、

ご両親の職業について、引き続き注視していきたいと思います。

スポンサーリンク

朝海ひかるの両親はどんな人?

 

朝海ひかるの父親

 

朝海ひかるさんの父は「ザ・昭和のおやじ」みたいな人だそうです。

しつけにも厳しくてテレビはNHKだけなんだとか。

バラエティー番組などは見せてもらえなかったそうです。

 

「8時だョ!全員集合」や「タケちゃんマン」など

当時の大人気バラエティ番組は全然知らなくて、

学校の話題についていけなかったそうです。

 

そんな厳しい父は朝海ひかるさんのために

バレエ教室への送り迎えはずっとやってくれました。

 

また厳しい父は芸能界入りを反対していましたが、

「宝塚は『清く正しく美しく』だから許す」と言ってくれたそうです。

そして「朝海ひかる」という芸名も父がひらめいて決めてくれました。

残念ながら、父親は2019年に他界しました。

 

朝海ひかるの母親

 

朝海ひかるさんが宝塚を受験するとき、

母親と一緒に父親に内緒で願書をだしたそうです。

 

2021年現在の母親の年齢は79歳。

上京しての観劇は難しいので、プログラムや舞台のDVDを母に送っているそうです。

母は送られてきたDVDなどを父親の仏壇に飾って、

スマホで写真を撮って送ってくれるそうですよ。

スポンサーリンク

まとめ

トップスター同士の結婚報道、驚かされた人も多いのではないでしょうか?

今回の調査では、

坂本昌行さんの結婚相手、朝海ひかるさんのプロフィールを明らかにしました。

裕福な家庭に生まれただけでなく才能に恵まれ、

輝かしい実績を残してきたことが分かりましたね。

ぜひ、今後も幸せになっていってほしいですね、

ここまで読んでいただき、ありがとうございました。


スポンサーリンク