堺雅人

【衝撃】堺雅人の若い頃のモテ伝説がすごすぎる!早稲田のプリンスと呼ばれていた?

堺雅人の若い頃と幼少期

堺雅人さんといえば、ドラマ「半沢直樹」や「リーガル・ハイ」で演じている主人公のように口が達者のイメージがあります。

実は堺雅人さんは幼少期から口が達者で、発言などがおもしろいことから女子にモテモテでした。

また、幼少期は今と変わらずイケメンで、大学では「早稲田のプリンス」と呼ばれていました。

では、堺雅人さんの若い頃の衝撃すぎるモテ伝説、「早稲田のプリンス」と呼ばれた過去についてリサーチしたいと思います。

スポンサーリンク



【衝撃】堺雅人の若い頃のモテ伝説がすごすぎる!

堺雅人の若い頃と幼少期

スポーツより読書が好きだった堺雅人さん、小学校まではあまり目立たなかったそうですが、どうやら高校時代からモテ始めたそうです!

では詳しいエピソードについてご紹介します。

堺雅人が使った物は倍の値段で売れる!

堺雅人さんは地元の名門公立高校・宮城県立宮城南高校を通いました。

入学直後に勉強合宿がありました。

みんなが集まった席で先生が

『風呂場にシャンプーを忘れていったのは誰ですか。出てきなさい!』

と言ったのです。

すると堺雅人さんが臆せず堂々と

『このエッセンシャルシャンプーを風呂場に忘れたのは私、堺雅人です!』

と、商品名までつけて潔く答えました。

その潔い姿がみんなのツボにハマって、1カ月後ぐらいから女子からモテモテだったそうです。

また、男子の同級生は購買部でペンを買ってきて堺雅人さんに使わせて、120円のペンを300円で女子に売ったそうです。

スポンサーリンク



演劇部部員が急増!

堺雅人さんは高校で今後の人生を決めることになる演劇部に入部しました。

そのときの演劇部での先輩は1人だけで、部員は堺雅人さん合わせて2人しかいなかったのですが、堺雅人さんが入ると部員は15~20人に膨れあがったそうです。

出待ちの女性が1000人も!

堺雅人さんは早稲田大学に進学しました。

大学では演劇研究部に入り、劇団「東京オレンジ」の旗揚げに参加し、看板俳優として活躍していました。

当時、堺雅人さん目当ての女性が劇場周りで出待ちをしたりしていました。

多い時はなんと1000人以上も集まったという伝説をもっています。

堺雅人の若い頃と幼少期

こちらは大学の頃の堺雅人さんです。

白いシャツにこの髪型、「プリンス」と呼ばれるのも納得ですね。

スポンサーリンク



幼少期からイケメン!早稲田のプリンスと呼ばれた?

堺雅人さんは今でもイケメンですが、幼少期からすでに顔が完成されていました。

では、幼少期の画像を見ていきましょう。

堺雅人の若い頃と幼少期

こちらは小学校の時の堺雅人さんです。

堺雅人の若い頃と幼少期

堺雅人さんは大の読書好きで、スポーツをやるよりも家にこもって本を読む方が好きでした。

しかし、小学4年生の頃から野球を始めます。

野球を始めたのは、周囲の圧力に負けて嫌々にやっていたそうです。

野球でのポジションは3塁ランナーコーチで、メガネをかけていなかったせいか、バットにボールがほとんど当たらなかったそうです。

堺雅人の若い頃と幼少期

堺雅人さんは数学以外の勉強がとても出来ていたので、中学生時代はガリ勉のように過ごし、高校生時代にやっとモテ始めました。

堺雅人の若い頃と幼少期

早稲田大学時代は演劇研究会に入り、劇団「東京オレンジ」の看板俳優として活動しました。

瞬く間に有名になり、モテモテのピークを迎え、「早稲田大学のプリンス」とも呼ばれました。

堺雅人さんが「早稲田のプリンス」と呼ばれたのは、イケメンな外見ではなく、すばらしい演技力もあったからだと思います。

現在も名誉団員として後輩たちの憧れの的になっています。

スポンサーリンク



堺雅人はなぜモテモテだった?

堺雅人さんが主演のドラマ「半沢直樹2」が2020年7月から放送が開始します。

2013年に放送された「半沢直樹1」の最終回の平均視聴率が42.2%で、最高視聴率はなんと46.7%を超えました!

高視聴率のドラマといえば、「ドクターX」「逃げ恥」「ハケンの品格」などがありますが、はるかに超えていますね!

高視聴率はドラマの内容はもちろんですが、演技力がありすぎる堺雅人さんが主人公だったからというのもあります。

そんな堺雅人さんがモテモテだったのは、見た目や演技力以外にも理由がありました。

褒め上手

堺雅人さんはとにかく人を褒めるのが上手です。

奥さんの菅野美穂さんに関しては、

「菅野さんという大きな木にまとわりつくツル植物のような感じで、本当にからみつきがいがあるというか、妖艶で危ない、危険な甘い香りを持った感じでした。」

と、褒めたことがあったそうです。

スポンサーリンク



少年のような笑顔

この少年のような笑顔と独特の優しい声が「癒やし系」と言われています。

とにかく一生懸命

堺雅人さんは幼稚園の頃から一生懸命に頑張る子供でした。

幼稚園で劇をやることになって、堺雅人さんは「カベムシ」の役でした。

「カベムシ」は何かを知らなかったので、図鑑で一生懸命探したそうです。

後日「カベムシ」は存在しない生き物だと知って、ショックを受けながらも「カベムシ」役を徹しました。

有言実行

堺雅人さんが奥さんの菅野美穂さんに告白した時、「結婚前提なら」と菅野美穂さんが答えたそうです。

それに堺雅人さんは即答し、菅野美穂さんの事務所にも交際の報告ではなく、「結婚させてください」と直談判したそうです。

スポンサーリンク



まとめ

堺雅人さんは若い頃からモテモテでしたね。

また、幼少期からイケメンで、大学では「早稲田のプリンス」とも呼ばれていました。

関連記事:【半沢直樹】堺雅人と香川照之は仲良し?共演作品をまとめてみた!

関連記事:堺雅人の悪役の作品は2作だけ?「蛮幽鬼」と「氷の華」を調査!

関連記事:【エピソードまとめ】堺雅人の性格が悪い?!本当は嫁・子供思いのイクメン!

関連記事:【画像】堺雅人の笑顔が怖い理由2つ!顔芸の秘密は目と眉にあった!

関連記事:堺雅人は頭いいけど数学苦手?理由は発達障害ではなくゲルストマン症候群?

関連記事:堺雅人は剣道初心者?半沢直樹での素振りがプロ並!まさに努力する天才!

関連記事:【衝撃】堺雅人の子供の幼稚園はTOEアカデミー?教育費は1人15万?

関連記事:堺雅人と三浦春馬は共演したことは?喪服姿で「音楽の日」に参加したと話題!

関連記事:【画像】堺雅人の弟は陶芸家とミュージシャン?母親や父親の職業は?

関連記事:堺雅人に前妻がいた?富田靖子との馴れ初め、交際期間や破局原因は?

関連記事:堺雅人と菅野美穂の馴れ初めは大奥共演?隠れ肉食のアプローチがすごい!


スポンサーリンク

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です