ドラマ

堺雅人は剣道経験者?半沢直樹での素振りがプロ並!まさに努力する天才!

堺雅人の剣道は天才

国民的ドラマ「半沢直樹」シーズン2が間もなく放送となり、

主役の堺雅人さんを筆頭に豪華な出演者「半沢直樹」の魅力です。

今でこそ誰もが知る俳優の堺雅人さんも下積み時代を経験し、

まさにドラマのような極貧生活を経験し現在に至ります。

そこで堺雅人さんは剣道経験者であるかについてや、

努力を重ねてトップ俳優になるまでの過程を紹介します。

スポンサーリンク



堺雅人は剣道経験者?半沢直樹での素振りがプロ並!

堺雅人は剣道経験者ではない!

堺雅人さんはドラマ「半沢直樹」の中で剣道をしているシーンがありますが、

剣道の素振りがプロ並みだと話題になりました。

堺雅人の剣道は天才

剣道の有段者から見ても竹刀の振りが美しいと評されていて、

背筋もピンとした堺雅人さんの素振りは素人の目にもカッコよく映りますね。

堺雅人の剣道は天才

ここで驚くのが、

堺雅人さんはまったくの剣道の初心者であり、

「半沢直樹」の役作りで初めて剣道を習ったようです。

凛とした堺雅人さんの剣道シーンは有段者と勘違いするレベルで、

「半沢直樹」の役柄のイメージにもマッチしていますね。

その迫力に剣道のファンや経験者もざわついています!

たとえドラマのワンシーンでも素振りが素人っぽいと幻滅しますが、

堺雅人さんの剣道の仕草は本当に違和感がありません。

また、素振りだけではありません。

剣道のシーンにおいて、発声も迫力がありました。

「倍返し!」という決め台詞も素敵ですが、剣道シーンにおいての発声も見事ですね。

ドラマ「半沢直樹」で堺雅人さんの剣道シーンを見た有段者も、

かなり剣道の適正があるので剣道をやってほしいと大絶賛でした。

スポンサーリンク



半沢直樹での素振りがプロ並!

実は、堺雅人さんも体育の成績は「2」なんです。

ドラマの中で淡々と剣道シーンをこなしている感じですが、

あそこまで完璧な素振りになるまで猛練習を積んだと想像できますね。

剣道未経験者ですが、竹刀の構え方はすでに有段者です!

剣道は左手で竹刀を持つのが基本なので、

堺雅人さんはしっかりと左手で竹刀を支え、キレイな姿勢で構えています。

堺雅人さんはもしかして利き手は左?

じつは、堺雅人さんは急に左右のこと言われると、

どっちが左なのか、どっちが右なのかわからなくなってしまい、

「左右盲」の疑惑があります。

「左右盲」は幼い頃に利き手を矯正した人に多いとのことなので、

もしかしたら幼い頃は左利きだったのかもしれませんね。

しかし、利き手はどちらの手でも、初心者でここまでキレイな素振りができるのはすごいです。

堺雅人さんは剣道の道場に通い特訓を受けているのも、

役に対する堺雅人さんのストイックさが伺えますね。

また、凄まじい努力があったからこそできたことですね。

ドラマ「半沢直樹」での剣道シーンは多くありませんが、

シーンが少ない細かな部分も仕上げてくる堺雅人さんはプロです。

ドラマ「半沢直樹」での堺雅人さんの剣道シーンを見ていると、

自分も剣道をやってみたいと思わせる魅力があります。

細かな部分まで役を作り上げているからこそ、

ドラマ「半沢直樹」は国民的ドラマで社会現象になったと思いますね。

スポンサーリンク



堺雅人は努力する天才!下積み時代が泣ける

堺雅人は努力する天才!

堺雅人の剣道は天才

堺雅人さんは努力する天才とも言われますが、

天才という言葉はよく聞きますが「努力する天才」という言葉はあまり耳にしません。

まず天才とは「持って生まれた天性の才能」であり、

努力は「ある目的のために力を尽くすこと」とされますね。

どんなに天才であっても持って生まれた才能を伸ばすことができるか、

努力しなければ天才も才能を開花禍できません。

「努力する天才」とは持って生まれた才能を伸ばすことができる人、

どんな天才も努力なしでは才能を伸ばせないとの考えです。

スポンサーリンク



下積み時代が泣ける!

堺雅人さんは努力する天才で叩き上げの役者という印象が強く、

早稲田大学に進学するも中退し両親から勘当されています。

早稲田大学在学中に劇団「東京オレンジ」の立ち上げに参加するも、

大学中退後は道端のタンポポを食べるほどの極貧生活でした。

堺雅人の剣道は天才

演劇の勉強をするために食費を削り栄養失調になったこともあり、

時には知人から借金し演劇の勉強に明け暮れていたそうです。

間違いなく堺雅人さんは天才だと思う一方で、

血の滲むような努力を積み重ねてきて一流の俳優になった印象を強く受けます。

持って生まれた役者としての才能を最大限生かすために、

想像を絶する下積み生活を乗り越えてきたからこそ演技に重みを感じます。

努力することも才能の一つで継続して続ける難しさがありますが、

堺雅人さんは芽が出ない時代もコツコツと努力していますね。

壮絶な下積み生活を経験してきたからこそ人の痛みがわかり、

どんなに有名になっても謙虚な姿が印象的です。

スポンサーリンク



役作りにとにかく真面目な性格!

役作りがストイック

堺雅人さんは過去にインタビューで自身の長所と短所について、

他人が決めることで興味がないと話していますね。

長所や短所は人が決めることで自分に興味を持たないことを意識するのも、

俳優という職業柄どんな役にも対応できるようにとの思いからです。

堺雅人の剣道は天才

堺雅人さんの役作りへのストイックさは異次元レベルです。

台本に「腹に一物のある男」というト書きを見て本当に腹に一物を入れようとしました。

考えた堺雅人さんは寄生虫館に行き「寄生虫の卵をくれ」と頼みますが、

体へのリスクが高く断れていますね。

もはや役作りの域を超えているようにも思いますが、

堺雅人さんの役作りへの強い気持ちが伺えるエピソードです。

いかに役に入り込めるかが見ている側からも大切な要素ですが、

演じる側の自己満足になるリスクも大きいですね。

スポンサーリンク



役作りに真面目すぎる

また、このようなエピソードもあります。

NHKドラマ「阿国」で鼓打ちの役を演じた時には、

鼓を持ってカラオケボックスで自主的に練習しています。

カラオケボックスに行って鼓を練習するところも真面目な感じで、

近所迷惑を考えて行動したと想像できますね。

堺雅人の剣道は天才真面目な性格の堺雅人さんですが気難しいとの噂もあり、

「役者はタレントではない」との理由でバラエティ出演を断っていた時期もあります。

個人的には俳優は少し気難しく破天荒というイメージが強いので、

あまり真面目すぎる性格もどうかと思いますね。

結婚生活でも子育てに積極的で料理も作ったりと、

心優しい姿は堺雅人さんの大きな魅力だと思います。

スポンサーリンク



まとめ

いつか役者として成功することを夢見て努力を重ねても、多くの役者は芽が出ることなく消えていく厳しい世界です。

ドラマ【半沢直樹】で堺雅人さんの鬼気迫る演技は、若い頃に壮絶な下積み生活を経験しているからこそ迫力を感じます。

堺雅人さんのストイックに役作りに取り組む姿は昔と全く変わらず、努力する天才と言われるのも納得のプロフェッショナルですね。

関連記事:【半沢直樹】堺雅人と香川照之は仲良し?共演作品をまとめてみた!

関連記事:堺雅人の悪役の作品は2作だけ?「蛮幽鬼」と「氷の華」を調査!

関連記事:【エピソードまとめ】堺雅人の性格が悪い?!本当は嫁・子供思いのイクメン!

関連記事:【画像】堺雅人の笑顔が怖い理由2つ!顔芸の秘密は目と眉にあった!

関連記事:【衝撃】堺雅人の子供の幼稚園はTOEアカデミー?教育費は1人15万?

関連記事:【衝撃】堺雅人の若い頃のモテ伝説がすごすぎる!早稲田のプリンスと呼ばれていた?

関連記事:堺雅人は頭いいけど数学苦手?理由は発達障害ではなくゲルストマン症候群?

関連記事:堺雅人と三浦春馬は共演したことは?喪服姿で「音楽の日」に参加したと話題!

関連記事:【画像】堺雅人の弟は陶芸家とミュージシャン?母親や父親の職業は?

関連記事:堺雅人に前妻がいた?富田靖子との馴れ初め、交際期間や破局原因は?

関連記事:堺雅人と菅野美穂の馴れ初めは大奥共演?隠れ肉食のアプローチがすごい!


スポンサーリンク