スポーツ

【動画】ロナウジーニョは破産、借金地獄が理由でパスポート押収?現在貯金ヤバい!

2020年3月5日、ロナウジーニョがチャリティー先のパラグアイで、パスポート偽造が理由で逮捕されたという衝撃なニュースがありました。

ロナウジーニョといえば、サッカー界の有名人です。

21世紀のサッカー界で「天才」と称され、観る者を魅了する選手の1人です。

しかし、なぜ有名なサッカー選手がパスポートを偽造したのかが気になるところです。

では、ロナウジーニョがパスポートを偽造した理由、逮捕の経緯についてリサーチしたいと思います。

スポンサーリンク



ロナウジーニョは破産、借金地獄が理由でパスポート押収?

ロナウジーニョの逮捕の経緯

元ブラジル代表のロナウジーニョが、偽造パスポートを使用したとしてパラグアイで逮捕されました。

3月4日にチャリティーイベントに参加した際、パラグアイの首都アスンシオンのホテルに滞在しようとした時に偽造パスポートを提示しました。

それが発覚して、地元警察に逮捕されてしまいました。

ロナウジーニョは過去にブラジルでパスポートを押収されていました。

今回は、出国のために偽造パスポートを製造したそうです。

そして、なんとも情けないのは、パスポートの国籍がブラジルからパラグアイに偽装されていたそうです。

【動画】ロナウジーニョが逮捕される瞬間

パスポート押収され、偽造した理由は破産・借金地獄?!

ロナウジーニョはブラジルとスペインのパスポートを持っていましたが、2015年の頃、ブラジル政府は両方のパスポートを押収にしました。

押収した理由は、借金地獄に堕ちいたからです。

ロナウジーニョ自身が運営する団体「インスティチュート・ロナウジーニョ・カウショ」が2015年に自然保護区内に違法で建築したとして莫大な罰金を命じられました。

罰金額はなんと2億3000万円でした。

罰金に加えて、ロナウジーニョ自身がさらに2億1000万円の借金を持っていました。

そのため、ブラジル政府はロナウジーニョが債務を支払うまで、逃亡しないようにパスポートを押収したのです。

ちなみに、パスポートが押収された時、預金残高は約775円しか残っていなかったそうです。

スポンサーリンク



逮捕時の発覚理由が情けない

偽造パスポートの国籍がブラジルからパラグアイに偽装されていました。

ロナウジーニョはブラジル出身で、2007年にスペイン国籍を取得したため二重国籍です。

ヨーロッパの複数の国では二重国籍を認めています。

今回、パラグアイの国籍を偽装しようとしたら、発覚し、逮捕された訳です。

スポンサーリンク



まとめ

ロナウジーニョのパスポート偽造の理由についてリサーチしました。

逮捕先のパラグアイはチャリティー活動に参加するためとされていますが、

借金から逃げようとした目的も否定できないですね。


スポンサーリンク

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です