時事

ピースボートの実態や辻元清美の関係は?北朝鮮やピンクボートの噂を調査!

2020年5月13日、新型コロナウイルス感染拡大の影響でピースボートのクルーズが相次いで中止になり、乗客への返金が間に合わないというニュースが報じられました。

このニュースが報じられると、ネットではピースボートの企画運営をしている会社の倒産を心配する声と、

ピースボートに関するいくつかの噂が流れました。

ピースボートと政治家の辻元清美さんの関係、北朝鮮との関係、ピンクボートではないかという噂までありました。

では、これらの噂についてリサーチしたいと思います。

スポンサーリンク



ピースボートの運営実態

ピースボートとは?

ピースボートとは、国際交流を目的として設立された日本の非政府組織(NGO)です。

1983年に設立した当初は、アジアを巡るクルーズの運営を主体としていましたが、1990年以降から「世界一周」クルーズが主体になりました。

よく居酒屋などで見かける「世界一周の船旅」のポスターがピースボートの宣伝ポスターです。

「99万円で世界一周」とよくポスターに書いてあります。

豪華客船の飛鳥は最安でも400万円前後はするので、ピースボートの料金は相当安いですね。

居酒屋などにピースボートのポスターがあふれている理由は、「3枚貼れば1000円割引」という特典があるそうです。

なので、企業の宣伝に頼らなくても、参加者が割引のためにどんどん貼ってくれるというシステムになります。

スポンサーリンク



企画会社はどこ?

ピースボート自体は日本の非政府組織ですが、実際に船旅の企画や実施を行っているのは、株式会社ジャパングレイスという会社です。

株式会社ジャパングレイスは1969年に設立され、ピースボートを始め、アジアなどで行うショートクルーズを含めたクルーズおける業務全般を行います。

「返金滞る」ニュースの詳細

4月に出港予定だった非政府組織(NGO)「ピースボート」の世界一周クルーズが、新型コロナウイルス感染拡大の影響で中止になり、企画運営する東京都新宿区の旅行会社「ジャパングレイス」と客との間で、返金が滞っている。乗船予定の客は1500人以上に上り、観光庁が行政指導する事態になっている。

Yahooニュース 引用

記事の内容を以下にまとめます。

  • ピースボートのクルーズが新型コロナウイルスの感染拡大によってアイツ中止になった。
  • 企画会社の「ジャパングレイス」による客への返金が滞納している。
  • 「ジャパングレイス」の旅行業約款で、旅行開始前にキャンセルが決まった場合は、翌日から7日以内に払い戻す約束になっている。
  • 実際、客には3年間の分割払いを提案。
  • 日本旅行業協会に客たちの苦情が殺到。
  • 観光庁が4月21日に約款通り支払うように指導。

ピースボートのポスターにはよく「99万円」と書いてありますが、実際費用は200万円前後かかることもあるそうです。

どちらにしろ普通の人にとっては大金ですので、3年返済ではなく約款通り7日間以内で返済してほしいですよね。

スポンサーリンク



ピースボートと辻元清美の関係は?

ピースボートは1983年、当時早稲田大学の学生だった辻元清美さんによって設立されました。

ネットで噂されているのは、ピースボートに払った旅行資金が議員の辻元清美さんの活動資金になったのではないかということです。

なぜここまで噂されているかと言うと、2014年に「ピースボートが過激派の資金源になっている」というデマが広がり、辻元清美さんが関与しているのでは?と噂されました

しかし、徹底的な捜査の結果、事実無根であることがわかりました。

このデマに関しては、辻元清美さんの公式ブログにも載っています。

スポンサーリンク



ピースボートと北朝鮮の噂は?

2000年、ピースボートが「朝鮮半島の平和と核兵器のない世界を支援するため」という目的で北朝鮮に寄港していました。

第29回ピースボート「アジア未来航海」はチャーターした北朝鮮船籍の万景峰号に同乗し平壌を訪問しました。

このときピースボートのメンバーは、平壌で大歓迎を受けていました。

そのためピースボートは、北朝鮮・朝鮮総連と強いつながりがあるのでは?と言われています。

第29回 アジア未来航海

  • 期間2000年8月22日~8月29日及び9月5日~9月13日
  • 使用客船:万景峰92

後に、この万景峰号は、北朝鮮から日本へスパイの人員を送り込んだり、物資を運んでいる船だということが分かり日本への渡航は禁止されたそうです。

スポンサーリンク



ピースボートが”ピンクボート”である噂は?

ピースボートに関してはいくつかの悪い噂の中、”ピンクボート”ではないかという噂もあります。

”ピンクボート”つまり、船内で男女の乱れた行為が行われてるのでは?という噂からできたことばです。

ピースボートの乗船経験者によると、船内のスタッフは30代以下の若者が多く、乗船者は1000人中若者が100人以上いるそうです。

船内では自主企画によるダンスのイベントや運動会など、学生時代にやるようなイベント企画が多かったそうです。

実際イベントを通じて、カップルができる率も陸より船の方が高かったそうです。

なので、乱れた行為ではなく、単に独身の男女がカップルになりやすいだけだと思います。

100日も船にいれば、恋愛感情に発展する可能性も大きいですよね。

スポンサーリンク



まとめ

ピースボートの実態、辻元清美さんとの噂、北朝鮮やピンクボートなどの噂についてリサーチしました。

噂はどうであれ、人々からの信頼を守るためにも、1500人もの客への返金はやはり約款通り至急に返済すべきですね。


スポンサーリンク

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です