男性俳優

【画像】キングダムの大沢たかお(王騎)の筋肉の秘訣は?3つの努力があった!

大沢たかおさんといえば、ドラマ「JIN」で一躍注目を浴びました。

当時はまだ細身でスラーっとしていました。

しかし、2019年の映画「キングダム」の大沢たかおさんはもはや別人でした!

見事な筋肉と体の大きさに、「原作の王騎のまま!」の声が続出しました。

あまりの変貌ぶりに、人ってこんなに変わるの?と目を疑っていました。

大沢たかおさんの筋肉の秘訣は3つの努力があったのです。

では、大沢たかおさんの王騎の画像とともに、筋肉の秘訣をご紹介したいと思います。

スポンサーリンク



大沢たかおのプロフィール&経歴

  • 名前:大沢たかお
  • 本名:大澤隆夫(おおさわ たかお)
  • 誕生日:1968年3月11日
  • 出身:日本、東京都
  • 身長:181cm
  • 血液型:A型
  • 事務所:core international co.

大沢たかおさんは専修大学に在学中、スカウトがきっかけでモデルとなり、ファッション雑誌「MEN’S NON-NO」で活動を開始しました。

1995年、映画「ゲレンデが溶けるほど恋したい。」で主演し、主題歌は元嫁・広瀬香美さんが歌い、どちらも大ヒットしました。

2004年、映画「世界の中心で、愛をさけぶ」では柴咲コウさんとダブル主演し、興行収入85億円を記録した大ヒット作になりました。

2009年、ドラマ「JIN」で主演を務め、1作目・2作目とも最高視聴率25%を超えました。

2019年、映画「キングダム」の王騎役で再び大きな話題を呼びました。

スポンサーリンク



【画像】キングダムの大沢たかお(王騎)の筋肉がすごい!

キングダムの王騎は原作ではどんな人?

  • 名前:王騎(おう き)
  • あだ名:秦の怪鳥
  • 誕生日:紀元前244年
  • 身長:225cm?
  • 職業:秦国六大将軍
  • 能力:最強

王騎の見た目は、分厚い唇、巨大な体躯、3つに分かれた顎髭が特徴的です。

秦の最強な戦士である一方、オネエ言葉を使う一面があります。

あだ名は”怪鳥”ですが、おそらく由来は「戦場での行動の広さ」、「戦場全体を見渡せる幅広い視野」、「武力が非常に優れている」ことからだと思われます。

スポンサーリンク



【画像】キングダムの大沢たかお(王騎)の筋肉がすごい!

映画「キングダム」の王騎の筋肉といえば、この両腕の太さが特徴的です。

王騎は身長2m超えの巨人であるため、

大沢たかおさんは、王騎に近づけるため、映画撮影の1年前から肉体改造を徹底的にしたそうです。

なんと、役作りで15Kgも体重が増えました。

映画中、王騎が持っている矛がなんと30kgもあります。

30kgは小学4年生の男子の平均体重くらいあります。

大沢たかおさんはその矛を振り回すシーンがいくつもあるので、迫力がスゴイ訳ですね。

しかも片手で振り回していました。

共演した吉沢亮さんは、「大沢さんの体の大きさは尋常じゃなくて、立っているだけで説得力がすごかった」と話していました。

両腕だけではなく、胸板の厚さもすごいです!

2018年、大沢たかおさんは渡辺謙さんとロンドンで舞台を共演しました。

この頃から、ジムに通い、肉体改造を始めていました。

大沢たかおさんはキングダムの衣装合わせの度に体が大きくなっていたそうです。

王騎をあまりにも忠実に再現した大沢たかおさんに、称賛の声がたくさんありました。

王騎は主人公ではないのですが、人気なキャラクターでした。

大沢たかおさんも、「批判を受けずに演じきることができるのかな」と思っていたようです。

しかし、不安を感じさせない肉体と演技で観客を魅了してくれました。

原作者の原秦久先生からも「感動した」というコメントがあったそうです。

スポンサーリンク



【画像】昔の大沢たかおと比較してみた!

映画「キングダム」とドラマ「JIN」の大沢たかおさんを比較してみましょう。

ドラマ「JIN」は、大沢たかおさんが演じる現代の医師が幕末にタイムスリップして、人々を救うストーリーでした。

この時の大沢たかおさんは、スラーっとしていて、胸板も厚くないですね。

次は、2018年の大沢たかおさんと渡辺謙さんが共演した舞台「The King and I 王様と私」での姿を比較してみましょう。

2018年では胸板は厚くなったものの、「キングダム」の時のほどではないですね。

1年での凄まじい肉体改造が窺えることができます。

スポンサーリンク



筋肉の秘訣は3つの努力にあった!

秘訣① ステーキが主食

大沢たかおさんは元からお肉が好きなので、肉体改造が始まってからはステーキが主食になったそうです。

調子いい時は、朝から300~400kgのステーキを食べるそうです。

さらに1日3食ともステーキの時もあるそうです。

大沢たかおさんは食べる肉にもかなりのこだわりがあり、普段食事で使う肉は卸売業者から直接仕入れているそうです。

また、「キングダム」の撮影中にこんなお肉エピソードがありました。

中国にて撮影の時、行ったレストランの店のお肉を全部食べてしまったとか。

秘訣② トレーニングが徹底的

大沢たかおさんは肉体改造の期間、専属トレーナーによるトレーニングを徹底的に行っていました

その専属トレーナーはなんと渡辺謙さんと同じトレーナーだそうです。

実は、2018年の大沢たかおさんと渡辺謙さんが共演した舞台「The King and I 王様と私」は、トレーナーが同じという縁で渡辺謙さんの紹介で出演が決まったそうです。

秘訣③ 撮影現場でもプロテイン

撮影現場では、共演者の長澤まさみさんからプロテインの差し入れがあったそうです。

大沢たかおさんだけではなく、山崎賢人さんらも肉体を鍛えていたので、撮影の休憩中はプロテインを飲みながら体を鍛えていました。

スポンサーリンク



まとめ

大沢たかおさんの筋肉についてリサーチしました。

肉体改造のやり方は徹底的で、俳優魂を感じました。


スポンサーリンク

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です