男性俳優

大泉洋の両親(父母)は教師で祖父は銀行員?いとこや兄弟など家族構成を調査

大泉洋さんは北海道から次第に全国区へと駆け上がり、

今ではNHK紅白の司会に抜擢されるなど大ブレイクしていますね。

圧倒的なユーモアセンスで場を盛り上げる大泉洋さんですが、

どんな家庭環境で育ってきたのかも興味深いところです。

そこで大泉洋さんの両親(父母)や祖父の経歴についてや、

いとこや兄弟など家族構成について掘り下げていきます。

スポンサーリンク



大泉洋の家族構成!両親(父母)は教師で兄は公務員

大泉洋の両親と父母祖父いとこ

大泉洋の家族構成!兄は公務員

大泉洋さんの家族構成は両親と兄の4人家族で、

兄は大泉洋さんより7歳年上で現在は北海道函館市役所に勤務しています。

兄(潤さん)の見た目は大泉洋さんに似ていることでも話題で、

函館では知らない人はいないくらいの有名人ですね。

大泉洋の両親と父母祖父いとこ

兄は「函館市役所の影の支配者」と呼ばれていて、

将来は函館市の市長候補になるのではとも言われています。

現在は函館市役所で保健福祉部長としてコロナ対策に尽力し、

函館市のコロナ感染者の会見に出席し話題になりましたね。

大泉洋の両親と父母祖父いとこ

スポンサーリンク



大泉洋の家族構成(両親) 父親は校長

そして大泉洋さんの両親とも元教師ということで、

父親の恒彦さんは北海道高等盲学校の校長を務めていました。

大泉洋の両親と父母祖父いとこ

教師時代は国語の先生でしたがお固い感じはなく、

大泉洋さんと同じくユーモアセンスに溢れた方ですね。

大泉洋さんの実家にあった家訓「食べられるか食べられないか、食べて判断する」との家訓は、

父親の恒彦さんが決めたそうです。

とりあえず食べてみて判断するという独特の家訓からも、

父親の恒彦さんは面白い方というのが想像できますね。

スポンサーリンク



大泉洋の家族構成(両親) 母親は英語教師

また母親の正子さんも中学校で英語教師だったそうで、

大泉洋さんは両親とも教師という家庭で育ったことになります。

大泉洋の両親と父母祖父いとこ

大泉洋さんは今でも母親のことを「ママ」と呼ぶそうで、面白いエピソードもあります。

大学浪人時代に腰が痛くて寝てばかりだった大泉洋さんは、

トイレに行くために立ち上がった瞬間にめまいに襲われ意識を失います。

大泉洋さんの意識が戻ったときに母親が馬乗りでビンタを連発していて、

ビンタで意識が戻るも動けず救急車を呼ぶことになります。

救急車を呼んでホッとしたからか大泉洋さんの腰は回復し、

救急車が来たときには普通に歩けるゆになっていたそうです。

救急車に自分で歩いて乗って救急隊員に怒られてしまい、

母親にビンタはされるわ怒られるわ災難な一日ですね。

スポンサーリンク



大泉洋の両親の教育方針

両親は大泉洋さんに勉強を強制することはなく、

教育に厳しい両親という感じではなく自由にさせていたようですね。

大泉洋さんも高校の地理と歴史の教員免許を取得しているので、

両親に憧れて教師を目指していたのかなと思いますね。

ちなみに大泉洋さんの名前の由来もユニークで、

「洋」と書いて「ひろし」じゃ面白くないということで「よう」になったそうです。

子供の名前を決めるのに「ひろしじゃ面白くない」という理由で名前を決めるところも、

大泉洋さんの両親はセンス抜群で間違いありませんね。

スポンサーリンク



大泉洋の祖父は銀行員?エピソードは?

大泉洋の両親と父母祖父いとこ

大泉洋さんの祖父は元銀行員として勤務していて、

見た目は大泉洋さんよりキリッとした男前な印象を受けますね。

大泉洋と祖父のエピソード ヤジが独特

幼少期の大泉洋さんは大声で歌うことが大好きな少年だったそうで、

実家の2階で中学生の頃にサザンオールスターズを歌っていたそうです。

しかし当時の大泉洋さんの歌声は微妙だったこともあり、

1階にいた祖父からヤジが飛ぶことは日常茶飯事だったようですね。

祖父のヤジは独特で「味噌に下手な歌を聞かせると味噌がくさる」と言われたそうで、

大泉洋さんのユーモアセンスは祖父譲りで間違いなさそうです。

歌が下手くそだったのに実家で大声で歌う大泉洋さんも立派ですし、

負けじと下から強烈なヤジを飛ばす祖父も立派ですね。

スポンサーリンク



大泉洋と祖父のエピソード 祖父が亡くなったとき

大泉洋さんの祖父は銀行員で両親は教師だった家系ながら、

大泉洋さんは芸能界の道に進んだのは運命としか考えられません。

祖父はが1999年に亡くなられたとき大泉洋さんは番組ロケの真っ只中で、

大泉洋さんはロケが終わってから祖父の元に帰ると話したそうです。

おじいちゃんっ子だった大泉洋さんはショックを受けつつも、

番組を続行させようとした気概はプロ魂そのものです。

しかし番組スタッフが説得し祖父の待つ札幌に戻ったそうで、

後日ロケを再開し視聴者に中断したことをわからないようにしていますね。

スポンサーリンク



大泉洋のいとこのみっちゃんは車売る人?

大泉洋の両親と父母祖父いとこ

大泉洋さんのいとこで通称「みっちゃん」は自動車販売をしていて、

支店長として車を売るやり手のセールスマンのようです。

大泉洋さんは「みっちゃん」のエピソードを語ることが多く、

大泉洋さんの昔からのファンならいとこの「みっちゃん」は有名人ですね。

幼少期から大泉洋さんと「みっちゃん」は仲良しだったそうで、

よくプロレスごっこをして遊んでいたと大泉洋さんも話しています。

大泉洋の両親と父母祖父いとこ

また、いとこの「みっちゃん」はよく大泉洋さんに車を売りつけるそうです。

大泉洋さんが車を購入して1年ちょっとなのに車の購入を迫るそうで、

これには大泉洋さんもタジタジな感じですね。

さらに「みっちゃん」は大泉洋さんの車が初めて車検を取る時にも、

新車を買えと大泉洋さんに迫ったそうです。

「みっちゃん」は支店長になってからも大泉洋さんに車を買わせて、

当初は車の色も「みっちゃん」のゴリ押しで大泉洋さんに選択権はありませんでした。

大泉洋さんは「みっちゃん」の口車にまんまと乗せられた感は否めませんが、

「みっちゃん」のユーモアセンスは大泉洋さんも大絶賛していますね。

スポンサーリンク



「みっちゃん」から車の電話が頻繁にかかってくるので、

大泉洋さんは電話に出ず放置すると、実家に電話が行くそうです。

なので大泉洋さんは、

ほとんど車に乗る前に新車に変わっていることは当たり前だそうです。

そんな「みっちゃん」ながら、大泉洋さんは憎めないと話していますね。

「みっちゃん」の巧みな話術には大泉洋さんも完敗で、

支店長にまでなったいとこの「みっちゃん」のセールス能力は超一級品です。

大泉洋さんがいとこ「みっちゃん」について話す様子はこちら。

スポンサーリンク



まとめ

大泉洋さんの家族構成について調査してきましたが、

両親とも教師でお兄さんは公務員と堅実な家庭という印象でした。

ただ決して大泉洋さんの家庭は固いというわけでなく、

両親や兄もユーモアに溢れた素敵な家庭なのは間違いありません。

家族全員が大泉洋さんを全力で応援しているからこそ、

大泉洋さんも家族の愛情に応えて頑張っていると感じましたね。

関連記事:大泉洋の年収は2億超え?稼げる4つの収入源や実家がお金持ちの噂を調査

関連記事:大泉洋の面白いエピソード5選!紅白司会の抜擢理由は抜群のユーモアセンス?

関連記事:大泉洋の子供(娘)の学校は青山学院?名前は「みく」で溺愛しすぎ!

関連記事:大泉洋の兄は函館市役所公務員で早稲田大学出身?兄弟そろって頭いい!

関連記事:大泉洋の嫁・中島久美子の仕事は敏腕プロデューサー?馴れ初めや離婚危機を調査!


スポンサーリンク