政治家

小野田紀美は元モデルでかわいい!結婚できないのは2次元に恋してるから?

物事をハッキリと言うサバサバとした

イメージの参議院議員の小野田紀美さん。

 

今回はそんな小野田紀美さんにスポットをあて、

小野田紀美のプロフィール!両親の国籍は?

小野田紀美は元モデルでかわいい!

小野田紀美が結婚できないのは2次元に恋してるから?

以上3つのテーマについて調べてみました。

 

どうぞ最後までお付き合いください。

スポンサーリンク




小野田紀美のプロフィール!両親の国籍は?

小野田紀美の結婚とモデル画像引用元:Twitter

小野田紀美のプロフィール!両親の国籍は?

  • 名前:小野田 紀美(おのだ きみ)
  • 生年月日:1982年12月7日(39歳)
  • 出生地:アメリカ合衆国イリノイ州シカゴ
  • 身長:170cm
  • 血液型:A型
  • 出身校:拓殖大学政経学部政治学科
  • 前職:ゲーム制作会社社員
  • 所属政党:自由民主党(竹下派)
  • 政治家:参議院議員
  • 選挙区: 岡山県選挙区
  • 当選回数: 2回
  • 在任期間 :2016年7月26日 – 現職
  • 結婚歴:未婚

小野田紀美さんは、

アメリカ合衆国イリノイ州シカゴにて出生しました。

父はアメリカ人・母は日本人のハーフです。

 

1歳からは、岡山県瀬戸内市邑久町にて生活しています。

小野田紀美さんの学歴は、地元岡山県の

中高一貫校である清心女子中学校・高等学校を卒業後、

拓殖大学政経学部に入学し、政治学を学びました。

 

小野田紀美さんは、大学在学中、

高等学校教諭1種免許(公民)を取得しています。

拓殖大学卒業後は、ゲーム、CD制作会社に勤務し、

広報・プロモーションを担当しました

小野田紀美は2011年から政治家の道へ

小野田紀美さんは、TOKYO自民党政経塾5期生を経て、

2011年に北区議会議員選挙に自由民主党公認で立候補し、

初当選し、2015年には、北区議再選しています。

 

同年10月、小野田紀美さんは、

自民党の岡山県選挙区候補者公募に合格し、翌2016年、

第24回参議院議員通常選挙に自民党公認(公明党推薦)として立候補、初当選しました。

 

当選後は予算委員や自民党の外交副部会長、党ネット・メディア局次長などを担当し、

2020年9月18日、菅義偉内閣では法務大臣政務官に就任しています。

小野田紀美の結婚とモデル画像引用元:https://tokyo-animetourism.jp/

 

小野田紀美さんの、ブレない主張や答弁は話題になっていました。

  • NHK受信料徴収に対する忖度しない発言・・・
  • 新型コロナウイルス感染症の関して分類の見直しに対する言及・・・
  • 中国人留学生と日本人学生とアルバイト所得税の話・・・
  • パチ ンコ問題(依存症も含め三点方式など)にも嚙みついた

等々…

こういった既得権益に忖度しない

小野田氏さんの主義主張を評価する国民も多くいるようです。

 

そんな小野田氏さんは、小学生の時から政治家を志していたといいます。

私は小さいころから国と結婚するつもりだったんです。卑弥呼になりたかった。正義の味方になるには、理不尽なことが起きない世の中をつくるのが一番だと

小野田氏さんは、とても頼もしい議員さんですね!

スポンサーリンク




小野田紀美は日本とアメリカの二重国籍だった

小野田紀美の結婚とモデル画像引用元:https://tokyo-animetourism.jp/

小野田紀美さんは2016年に

日本とアメリカの二重国籍状態にあることが判明し、

問題になっています。

 

父親がアメリカ人のため、生まれたときにはアメリカ国籍だったのです。

その後に日本国籍を取得し、日本とアメリカの多重国籍となりました。

 

小野田さんは、参院選に出馬する際に、

日本国籍を選択しアメリカ国籍を放棄する手続きを日本国内でしたはずでしたが、

放棄手続きが完了しておらず二重国籍のままになっていたとの事。

 

その後、小野田さんは謝罪し、

2017年にアメリカ国籍の放棄手続きが完了したことを公表しています。

その際、証明書の写真を自身のSNSにて公開したことや、

同じく二重国籍疑惑の蓮舫民進党代表(当時)への強い批判が話題となりました。

小野田紀美の結婚とモデル画像引用元:Twitter

その際、小野田さんは、

公人にはプライバシーはない

とも発言しており、政治家として

国のために働く強い意志が感じられると話題になりました。

スポンサーリンク




小野田紀美と公明党との確執

小野田紀美の結婚とモデル画像引用元:https://www.youtube.com/

そして今回の参議院選挙、

かねがね公明党の安全保障政策や憲法改正をめぐるスタンスに

不満を抱いていた小野田さんは、2022年1月、自身のTwitterに、

小野田紀美の結婚とモデル

と書き込みました。

 

この発言は各方面に大きな波紋を広げ、

このツイッターに対して、好意的なコメントが多数寄せられました。

その通り! 自民党は目を覚ませ! 

小野田さん凄いぞ、真の自民党に立て直してください。応援をしてますよ。

小野田さん、私は党員ですが、あなたの言う通りだと思います。自民党は公明と手を切るべきです。

 

これに対して、公明党と支持母体の創価学会は猛反発!

同年5月26日、公明党は夏の参院選岡山選挙区は自主投票にすると発表します。

 

全国32ある1人区のうち唯一、小野田さんへの推薦を見送ったのです。

創価学会は、立憲民主党、国民民主党の推薦候補の

野党系無所属黒田晋さんの支援に回りました。

小野田紀美の結婚とモデル画像引用元:Twitter

小野田さんと公明党の、この一連の騒動は、

各方面の有識者、評論家、メディアも取り上げ、

岡山選挙区の行方が全国的に注目されました。

小野田紀美は第26回参議院議員選挙で圧勝

小野田紀美の結婚とモデル画像引用元:Twitter

2022年7月10日、小野田さんは、

自民党だけではなく、無党派層の支持もとりつけ、

前回の参議院議員選挙の次点との差(約10.8万)を大きく上回り、

次点と約18万票差をつけ圧勝したのです(得票率54.7%)。

 

小野田さんは、一本筋の通った信念を貫き圧勝したことで、

”女をあげた”形となり、より一層知名度も上がりました。

 

逆に公明党は、創価学会票をバックにした”おごり体質”が

世間から、ひんしゅくを買う結果となっています。

スポンサーリンク




小野田紀美は元モデルでかわいい!

小野田紀美の結婚とモデル画像引用元:Twitter

小野田紀美は元モデル

小野田紀美さんは、大学卒業後、

民間企業でいろんな職種を経験されていたようです。

  • 塾講師
  • 雑誌編集員
  • ソニー銀座プレイステーションのアテンダント(接客係)
  • モデル

も務めていたとの事。

 

身長170センチでスタイル抜群のハーフ美女の小野田さん。

モデルをしていても不思議ではないですよね。

 

その後小野田さんは、ゲーム制作会社で

広報・プロモーション担当として働いたのち、

政治家の道へ進んでいます。

 

小野田紀美さんは、色々なことに挑戦してきた、

実に行動力のある方なのです。

小野田紀美はセーラー服姿がかわいい

こちらの画像は、地元岡山でのイベントの一コマです。

小野田紀美の結婚とモデル画像引用元:Twitter

 

セーラー服姿が、とてもよく似合っていて可愛いですね。

小野田紀美の結婚とモデル画像引用元:Twitter

スポンサーリンク




小野田紀美が結婚できないのは2次元に恋してるから?

小野田紀美さんは、独身です。

国会デビューをする際は、国と結婚すると宣言し、

ウェディングドレスのつもりで白いスーツを着て登場しました。

小野田紀美の結婚とモデル画像引用元:Twitter

さらに指輪も購入しようとしましたが、

指輪は周囲から全力で止められたそうです。

『国と結婚する』と言っていたので、ウエディングドレスだと思って、白のスーツを買いました。本当は指輪も買おうとしたんですけど、それは周囲から全力で止められましたけど…

小野田紀美は現実世界で彼氏ができたことがない

また小野田さんは、アニオタが原因で

恋愛や結婚に全く興味がないこじらせ女子だそうです。

 

19年間好きな人がいると言う事なのですが、

そのお相手は女性向けの恋愛シミュレーションゲーム『アンジェリークシリーズ』に

出てくる『オスカー』と言うキャラクターです。

小野田紀美の結婚とモデル画像引用元:https://dengekionline.com/

 

ちなみに、自身を腐女子と発言することもある小野田紀美さんですが、

現実の世界で彼氏ができたことはないそうです。

小野田さんは、3次元の男性には全く興味がないようですね。

スポンサーリンク




まとめ

今回は参議院議員の小野田紀美さんにスポットをあて、

  • 小野田紀美のプロフィール!両親の国籍は?
  • 小野田紀美は元モデルでかわいい!
  • 小野田紀美が結婚できないのは2次元に恋してるから?

以上3つのテーマについて調べてみました。

如何だったでしょうか?

今後どのような活躍をしていくのでしょうか?

小野田紀美さんから目が離せませんね。

最後までお読みいただきありがとうございました。


スポンサーリンク