女性タレント

【動画】小倉優子の昔の声が低すぎ!ギャルから現在のキャラ変遷が衝撃w

歳を重ねてもルックスが若々しくかわいいままで、ママタレントとしての人気を獲得している小倉優子さん。

そんな小倉優子さんはデビュー当時、かなり声が低かったです。

また、ギャル→不思議ちゃん→ママタレのキャラクターの変化も衝撃です。

では、小倉優子さんの昔の声、キャラ変遷がわかる動画をまとめました。

スポンサーリンク

【動画】小倉優子の昔の声が低すぎる!

画像引用元:Twitter

昔の声と今の声の違いがわかる動画はこちら。

   

動画の内容をまとめると、

  • 低い地声と現在の高い声の比較
  • ギャル系キャラとあざといぶりっ子キャラの小倉優子の比較

昔の声はおそらく地声だと思います。

今のテレビの小倉優子さんの声と比較すると、

あきらかに違うのがわかります。

 

小倉優子さんにとって黒歴史でしょうね。

スポンサーリンク

【動画】小倉優子のキャラクターが変わりすぎw

今はママタレントとしてのイメージが大きいのですが、

不思議ちゃんギャル

早口キャラ

りんごももか姫

ママタレント

のように、キャラクターを変えてきました。

 

1番知られているのは、やはり、

こりん星のりんごももか姫のキャラだと思います。

 

では時系列で、

小倉優子さんの「キャラクター歴史」を振り返てみましょう。

スポンサーリンク

2001年頃(17歳) 「ございます」ギャル

高校時代の2001年頃に、

芸能事務所アバンギャルド(現・アヴィラ)にスカウトされ、

男性誌グラビアで芸能界デビューを果たしました。

 

デビュー当初は地声が低い、

おかしな日本語を話す小倉優子さんでした。

   

動画の内容をまとめると、

  • 渋谷のセンター街で友達と4人で信号待ちをしていたところスカウトされた
  • スカウトされた翌日は美容院、ビデオ制作会社に連れて行かれた
  • おかげで「国境を超える会話ができている」とのこと

慣れない敬語と緊張のせいなのか、

日本語がおかしな上に、

話していた時の手振りが大げさな印象です。

 

さらに、

ハイテンションな不思議ちゃんキャラの小倉優子さんのときもありました。

   

動画の内容をまとめると、

  • 小倉優子がカメラマンに自分の口内炎を見せる
  • 「さすが小倉優子と申しましょうか」「皮が1枚むけました」「言いませんっけ?」などおバカタレントが使うような日本語を使います。

昔の小倉優子さんと今の小倉優子さんは、

変わりすぎて…戸惑ってしまいますね。

スポンサーリンク

2001年 早口キャラ(司会者もドン引きするハイテンション)

「ございます」を話すギャルのキャラクターのあと、

早口キャラに変わっていました。

 

「THE 夜もヒッパレ」に出演していた小倉優子さんと

司会者の三宅裕司さんの会話をご覧ください。

   

動画の内容をまとめると、

  • 自己紹介で「司会者の三宅さんとお泊りしちゃった~、きゃーっ!うっそぴょーん」をハイテンションで話した。
  • 司会者の三宅さんもフォローをいれつつ、ドン引き状態

 

このときの小倉優子さんは、

地声(おそらく本当の声)が低く、

常にテンションが高かったですね。

 

ちなみにこの頃のキャラで、

一度「踊る!さんま御殿!!」に出演していましたが、

さんまさんも絡みづらいと思い、

収録中は小倉優子さんに話を振ることが1度もなかったそうです。

スポンサーリンク

2002年~2009年 こりん星から来た「りんごももか姫」

この頃は、おっとりな話し方をした

マイペースな天然系お姫様のキャラクターでブレイクしました。

   

「りんごももか姫」キャラで歌を歌っているのですが、

キャラ作りのせいか、イヤイヤそうに歌っていますね。

でも逆にこのやる気の無さがウケがよかったそうです。

 

このこりん星キャラは、

有吉弘行さんの「嘘の限界」という言葉がきっかけで、

卒業になりました。

スポンサーリンク

2011~現在 理想のママタレント

小倉優子さんは2011年10月、

スタイリストの元夫の菊池勲さんと結婚し、

2017年に夫の不倫によって離婚しました。

2012年6月、長男を出産した後は

テレビ出演を控えていた彼女ですが、

2017年にシングルマザーになったことで、

テレビバラエティに多数出演していました。

 

そして2017年では、

『好きなママタレント』1位に躍り出る快挙を遂げました。

 

2018年に歯科医師の男性と再婚し、

現在はもうすぐ3児のママになる小倉優子さん。

かわいいママの印象が定着しています。

スポンサーリンク

キャラ変えすぎて、本性が見えない?

ハイテンションな不思議ちゃんキャラから天然お姫様キャラへ変化し、

そしてお姫様を卒業して、ママタレントになった小倉優子さん。

 

キャラだけではなく、声もかなりちがいます。

デビュー当初の低い声はおそらく地声だと思いますが、

20年も高い裏声でキャラを演じているのはすごいと思います。

 

どんどん姿を変えていく小倉優子さんに、

本性が見えなくなったと思う方も多いと思います。

スポンサーリンク

まとめ

小倉優子さんのデビュー当時のキャラがあまりにも衝撃でしたので、キャラ変更前と後で比較してみました。

実際の小倉優子さんは気が強い女性らしく、こりん星のりんごももか姫とはまったく違う性格です。

自分と正反対のキャラを長年演じ続ける根性はすごいとしか言えません!

関連記事:小倉優子のほくろ除去前の画像が衝撃!人相占いがきっかけで施術を受けた?

関連記事:小倉優子の離婚歴は何回?現在の旦那・島弘光とは別居したけど復縁?

関連記事:小倉優子の性格悪すぎエピソード6選!ギャル曽根もビビる裏の顔とは?


スポンサーリンク