芸能

織田慶はボクシングやってた!wikiプロフと経歴は?「馬鹿トレFX」の評判も!

元ボクシング・プロボクサーで現在はプロトレーダーの織田慶さん。

書籍「馬鹿トレFX」が話題になっています。

「一日でサラリーマンの年収を稼げる」と唱える織田慶さんの年収もさぞ凄いでしょう。

そんな織田慶さんがどうやってプロトレーダーになったのか気になりますよね。

では、織田慶さんのwikiプロフィールと経歴、著書や評判について調査していきます。

スポンサーリンク

織田慶のwikiプロフィール&経歴

織田慶ボクシングwiki画像引用元:https://chuumoku-shachou.com/oda-kei/

織田慶のwikiプロフィール

  • 名前:織田慶(おだ けい)
  • 誕生日:1987年7月3日
  • 出身:東京都
  • 身長:173cm
  • 体重:65kg
  • 職業:プロFXトレーダー、投資家

織田慶の経歴

 

学歴は高卒

 

織田慶さんの最終学歴は高卒です。

高校はどこに通っていたのか不明ですが、

東京都内の高校で間違いいないでしょう。

 

そんな織田慶さんは、かなりやんちゃな学生時代を過ごしてきました。

中学時代はなんと体育以外の成績がオール1

中学の先生からは「どこの高校にも行けないぞ」と言われていたそうです。

 

母親から「高校はどうしても出てほしい」と言われ、

裕福ではない家庭ながら家庭教師をつけて高校受験のために勉強を頑張ったそうです。

そしてなんとか東京の学区内で2番目に偏差値が低い公立高校へ進学します。

当時入学した高校の偏差値は32だったそうです。

 

ちなみに2021年現在の偏差値の最低ラインが38で、

その都立高校は以下になります。

  • 蒲田高校
  • 赤羽商業高校
  • 中野工業高校
  • 荒川工業高校
  • 足立工業高校

 

高校時代は、髪の毛をアッシュに染め入学式に参加。

学校内で有名な美女の先輩と付き合ったりモテていたそうです。

怖い先輩から目付けられますが、

その後その先輩たちとも仲良くなっていたそうです。

スポンサーリンク

「ボクシングで世界一」が夢

 

実は、織田慶さんは中学時代から父親の影響でボクシングを始め、

「プロボクサーになってボクシングで世界一になりたい」というのが夢でした。

 

周りの友人が停学や退学となっていく中、

ボクシングが支えだった織田慶さんは、高校を無事卒業。

母親に大学進学をお願いされるも、

ボクサーとしての夢を叶えるため大学には進学しませんでした。

 

女性は本能的に強い男性が好きなので、

ボクシングやってたからこそ女性の先輩にもモテて、

敵だった男性の先輩とも仲良くなれたのでしょう。

スポンサーリンク

プロボクサー時代

 

織田慶さんは高校卒業後、日雇いのバイトをしながらボクシングの練習に打ち込みます。

そして20歳の時にプロテストに合格し、念願のプロボクサーになりました。

 

しかし駆け出しのボクサーの給料は低かったです。

  • A級ボクサーでも200万円以下
  • B級ボクサーで150万円以下
  • C級ボクサーになると50万円以下

という計算だそうです。

 

世界チャンピオンになれば、

プロスポーツ選手の中でもトップレベルの高収入を稼げる一方で、

ほとんどのボクサーはファイトマネーだけでは生活できていません。

なので、給料水道や電気が止まってしまうこともあったそう。

しかし、「世界一のボクサーになる」という心は変わりませんでした。

スポンサーリンク

織田慶の転機、ボクサーからFXトレーダーへ

 

そんな中、人のつてで不動産会社のスポンサーを獲得します。

そこの社長さんにとても良くしてもらい、不動産会社の事務の社員として働きだします。

少しでも役に立ちたいという思いから勉強し、宅地建物取引士の資格を取得したそうです。

しかし、織田慶さんはC級ボクサーからA級プロボクサーになったものの、

結果を残せず挫折し引退しました。

 

そんな中、織田慶さんは「オンラインカジノ」に出会います。

攻略法を見つけ、月3万円程度安定して稼げるように。

調子の良い時は300万円稼げることもあったそうです。

しかし、稼ぎすぎて「オンラインカジノ」は出禁になりました。

 

その後、バイナリーオプション(BO)に出会い、チャート研究に没頭します。

バイナリーオプション

「バイナリー(binary)」とは、「二進法」を意味します。

つまり「0」か「1」かの二者択一。

その意味の通り、ある条件を「満たす」か「満たさない」かが投資対象となります。

為替レートを指標としたバイナリーオプションの場合、円安になると利益を得られる「チケット」か 円高になると利益が得られる「チケット」のいずれかを購入し結果が予測通りになれば 利益が払い出せるという仕組みです。

その後、織田慶さんはFXの世界に進出します。

そしてFXでも驚異的な実績をあげ、現在は現役FXトレーダーです。

スポンサーリンク

織田慶の書籍「馬鹿トレFX」の評判は?

織田慶ボクシングwiki画像引用元:https://note.com/oda_keitrade/n/naa89be78e5df

織田慶さんは2019年8月、

『1500人が実証!勝率8割の馬鹿トレFX 』という本を出版しました。

本の内容

成績オール1・偏差値32の落ちこぼれだった織田慶が、1億円を稼ぐトレーダーまで上りつめた経緯とその実践方法を紹介。

またFXとは何かといった基本も説明されている。

1000万本のローソク足を研究し、たどり着いた誰も語らなかった分析方法『織田法』を掲載している。

なんとこの『馬鹿トレFX』は、

渋谷の啓文堂書店のビジネス部門ランキングで1位を獲得したそうです。

余談ですが、

出版されている『馬鹿トレFX』内に「妻」という記述がありましたので、

どうやら結婚はされているようです。

お子さんについては不明でした。

スポンサーリンク

織田慶の実績は?

織田慶ボクシングwiki画像引用元:Twitter

織田慶さんは現在、初心者~上級者向けに投資などのセミナー講師をしています。

本人の実績に関して、

  • 3分で423280円
  • 3日で1000万円
  • 1週間で12万円
  • 3年で1億円

など、すごい成果を出したことがあるそうです。

また、織田慶さんが主催の投資コミュニティには1900人の会員もいるそうです。

Youtubeで無料セミナーの動画を公開しているので、気になる方は検索してみてください。

投資を始める際は、リスクをしっかり理解した上で、知識の習得に励みましょう。 

スポンサーリンク

まとめ

織田慶さんは元プロボクサーでしたね。

wikiプロフィールと経歴を調査しました。


スポンサーリンク