国内アーティスト

小田井涼平なぜ脱退?若い頃の仮面ライダーがイケメンだから俳優に再挑戦?

小田井涼平さんは、

2022年いっぱいで純烈を脱退することを表明しています。

今回の話題のメインは、純烈の脱退理由。

 

このページでは、

「若い頃の仮面ライダーがイケメン」「なぜ純烈を脱退?」

「過去に活動休止したことある?」などについてお伝えします。

 

どうぞ、ご覧ください。

スポンサーリンク




小田井涼平のプロフィール!若い頃の仮面ライダーがイケメン

小田井涼平なぜ脱退理由画像引用元:https://thetv.jp/news/detail/1019204/10169271/

小田井涼平のプロフィール!

 

プロフィール

 

  • 名前:小田井 涼平(おだい りょうへい)
  • 生年月日:1971年2月23日(2022年6月現在 – 51歳)
  • 出身地:兵庫県(大阪市此花区生まれ、兵庫県川西市育ち)
  • 身長:188cm
  • 体重:80kg
  • 血液型:A型
  • 趣味:模型制作 DVD鑑賞
  • 特技:スキー、スノーボード、バレーボール
  • 所属事務所:G-STAR.PRO

 

デビュー前

 

神戸学院大学法学部卒業後に、

小田井涼平さんは家電メーカーに就職しています。

 

モデル活動

 

家電メーカーの勤務地が仙台になったことがきっかけで、

見知らぬ町で友人を作るという目的でモデル活動を開始。

 

やがて、

モデル活動に専念するために会社を退職します。

その後は、

男性ファッション誌『Gainer』や各ブランドの発表会などの仕事で活躍。

 

ドラマ・映画出演

 

小田井涼平さんは2002年に俳優デビュー。

【おもな出演作品(「純烈」加入前)】

  • 仮面ライダー龍騎(2002年)
  • 京都地検の女(2003年)
  • はみだし刑事情熱系 最終章(2004年)
  • 離婚弁護士II(2005年)
  • ウルトラマンマックス 第32話(2006年)
  • ULTRASEVEN X 第7話(2007年)

 

純烈の活動

 

小田井涼平なぜ脱退理由画像引用元:http://edamameonly.info

 

36歳のとき小田井涼平さんは、

酒井一圭さんに誘われて『純烈』のメンバーになります。

 

加入は、

「経験したことのないエンターテインメントに挑戦できるなら」と決断したそうです。

若い頃の仮面ライダーがイケメン

「若い頃の仮面ライダーがイケメン」と話題になっているビジュアルは、

こちらの小田井涼平さんです。

小田井涼平なぜ脱退理由画像引用元:https://hominis.media

「北岡 秀一 / 仮面ライダーゾルダ」として、

小田井涼平さんが出演していたのは『仮面ライダー龍騎』です。

 

ストーリーは、

13人の仮面ライダーが最後の1人になるまで戦うという展開。

 

ゾルダに変身する北岡秀一は「スーパー弁護士(悪徳弁護士)」で、

人気キャラクターとしてフォトアルバムも販売されていました。

小田井涼平なぜ脱退理由画像引用元:https://aucview.com/yahoo/w223836822/

スポンサーリンク




小田井涼平はなぜ純烈を脱退?俳優業に再挑戦?

小田井涼平なぜ脱退理由画像引用元:https://nikkan-spa.jp/1709541

小田井涼平はなぜ純烈を脱退?

 

年齢的な区切り!コロナで1年延びた?

 

純烈のメンバーの4人で、

2022年4月1日に会見が行われました。

小田井涼平なぜ脱退理由画像引用元:https://news.yahoo.co.jp

この場で脱退の理由を質問をされて、

小田井涼平さんが最初に言葉にしたのは「年齢的な区切り」のことです。

いま51歳なんですけど、僕が50歳になった時に、

純烈の活動に区切りをつけて、また次の展開をと個人的に考えていた…

 

脱退のタイミングが1年遅れたことについては、

補足するように小田井涼平さんは、

コロナ禍で純烈のコンサートが延期になっていた話をしています。

小田井涼平なぜ脱退理由画像引用元:https://news.yahoo.co.jp

チケット持ったままのファンがいるのに、

それを残したまま先に辞めるという訳にはいかなかった。

それで、

2022年で区切る形でという結論になった。

と説明していました。

 

50歳を目安にしていた理由についての説明では、

年を重ねるごとに選択肢が減ってくる。

(50歳で区切らないと)次に何かをしたいと思っても、

自分の体が動かないかもしれないとかも考えた。

と小田井涼平さんは脱退したあとの活動を視野に入れたことも明かしています。

 

2018年に夢は叶ったから?

 

小田井涼平なぜ脱退理由画像引用元:https://news.yahoo.co.jp

いつから(脱退することを)考えていた?という質問に対しては、

即答するかのように小田井涼平さんは、

(純烈の)最初の紅白出場が決まった瞬間(2018年)から…

とはっきりと答えていました。

 

それには、リーダーの酒井一圭さんも驚いた様子。

 

本当の目標だったんですよ。

(最初の紅白で)夢がかなったという思いがすごくあった。

と小田井涼平さんは言葉を続けています。

スポンサーリンク




メンバーがいなくなっても純烈は変わらないから?

 

脱退の気持ちが固まったことについて小田井涼平さんは、

「メンバーがいなくなっても純烈は変わらない」と思った話もしていました。

小田井涼平なぜ脱退理由画像引用元:https://news.yahoo.co.jp

交際女性に対するDVなどが報道されたことによって、

純烈のメンバーだった友井雄亮さんは引退しています。

 

当時、

小田井涼平さんは次のように感じたそうです。

辞めた直後は悲しむ人がたくさんいるけど、

時間とともに(通常に)戻っていく。

大切なメンバーやけど、(自分自身も)絶対にいなきゃいけないメンバーもいないのかな。

俳優業に再挑戦?歌は下手だから俳優?

今後の具体的な活動については、

「まだ純烈のメンバーなので」ということで小田井涼平さんは明言していません。

小田井涼平なぜ脱退理由画像引用元:https://news.yahoo.co.jp

会見の中では、

ソロ歌手は否定(歌が下手だから)。

純烈のステージにゲスト出演はあり。

などのような話はしていました。

スポンサーリンク




小田井涼平は過去に活動休止したことある?

小田井涼平なぜ脱退理由画像引用元:https://oceans.tokyo.jp/article/detail/24054

小田井涼平は過去に活動休止したことある?

 

タブレット純が代役!

 

2015年に小田井涼平さんが半年間の休業に入ると、

タブレット純(たぶれっとじゅん)さんが代役を務めていました。

 

2015年の純烈ライブ「春の大感謝祭 夢は紅白!親孝行」などに、

期間限定の『純烈』メンバーとして出演しています。

小田井涼平なぜ脱退理由画像引用元:https://www.daily.co.jp/newsflash/gossip

 

活動休止の理由は不明!復帰後の小田井涼平はオネエキャラを封印?

 

2015年の小田井涼平さんの活動休止の理由は、

ネット上では見つかりませんでした。

 

噂によると、

「家族の反対があったのでは?」ということになっています。

小田井涼平なぜ脱退理由画像引用元:https://twitter.com/junretsu_odai/status/887504266432094208

そのずっと後ですが、

小田井涼平さんはオネエキャラを封印しているため、

それが『純烈』での活動継続の家族との約束だったのかも?と推測されているのです。

スポンサーリンク




小田井涼平よりも先に脱退した元メンバー

『純烈』は、

当時は俳優だった酒井一圭さんが思い立ったことから始まります。

 

最初に誘ったのは、

白川裕二郎さんと小田井涼平さん。

 

そのあとすぐに、

林田達也さん、友井雄亮さん、後上翔太さんを加えて6人でスタートします。

 

2022年脱退表明をした小田井涼平さんよりも先に、

純烈を脱退した元メンバーは2人です。

 

林田達也は介護離職?

 

林田達也(はやしだ たつや)さんは、

『純烈』に誘われる前には、

1998年から2000年までヴィジュアル系ロックバンド『BLue-B』のボーカルとして活動。

小田井涼平なぜ脱退理由画像引用元:https://www.daily.co.jp

2016年12月31日をもって、

両親の介護をするために『純烈』を脱退しました。

 

友井雄亮は女性問題が原因で引退

 

友井雄亮さんの『純烈』の脱退は、

残念な理由の「女性問題の報道」でした。

2019年1月11日に単独記者会見を開いて、

友井雄亮さんは脱退及び芸能界引退を発表しています。

小田井涼平なぜ脱退理由画像引用元:https://www.oricon.co.jp/news/2127337/

スポンサーリンク




まとめ

小田井涼平さんが脱退したあとは、『純烈』は3人になります。

新メンバーを募集する予定もあるようで、

その後はグループを増やす構想も描いているという話も出ていました。