漫画

【まとめ】眠れないオオカミの4話から5話までの伏線と考察!ネタバレあり

漫画家のしたら領先生(@shitara_ryo)の「眠れないオオカミ」が話題になっています。

1話から3話までの内容は、以下です。

  • オオカミの足が地面にくっついて動けない理由は、過去の喪失・心理的ストレスによるもの。
  • オオカミにとって、とても大切な存在である白いオオカミがなぜか一緒にいない。
  • オオカミを心配するハチは、足を動かせるには、過去の喪失を埋めないといけない。
  • 過去の喪失を埋める方法は、「サボテンを育て、花を咲かせる」という目標を持つこと。

では、4話から5話までの伏線と考察を書いていきます。

ネタバレあります。

スポンサーリンク



【まとめ】眠れないオオカミの4話から5話までの伏線と考察!

第4話 オオカミとクマ

第3話で、ハチはオオカミに過去の喪失を埋めるために、

「サボテンに花を咲かせる目標を持っといいよ」とアドバイスし、サボテンとジョウロを渡した。

オオカミはジョウロの使い方を知らなかった。

ジョウロの使い方を研究している時、死んだネズミを持ったクマがやってきた。

クマは、「よお、手土産だ」と言って、ネズミをオオカミにあげた。

オオカミは少し動揺した。

「殺しに・・・きたのか?」とクマに尋ねる。

クマは、

「お前が女(白いオオカミ)と逃げ出してから、ずいぶん探した」

「お前をそそのかしたメスは、どこだ?」

と聞いた。

オオカミは黙った。

続けてクマは、

「なんだ、もしかして・・・?逃げられたのか?」

「俺を裏切って、女を選んだのに、結局お前は独りってわけだ」

とオオカミを嘲笑する。

クマはさらにこう言った、

「メスのオオカミもろとも、八つ裂きにしてやるつもりだったが・・・気が変わった」

「また迎えに来る。その時までに心を決めておけ」

「・・・いいか、忘れるな。あの頃のオレ達は最強だった」

「またハデに暴れまくろうぜ」

と言い残し、去った。

クマが去った後、ハチがやってきた。

いつものように、「調子はどう?」とオオカミに聞く。

その時、ハチはオオカミがジョウロの使い方がわからない事を知り、

「ジョウロは花に優しくするためのものさ」とジョウロの使い方をオオカミに教えた。

スポンサーリンク



第5話 白いオオカミがいない理由

オオカミはお腹が減っているのに、クマが残したネズミを食べず、サボテンの下に埋めた。

そして、優しい気持ちを心がけ、ジョウロでサボテンに水を注いた。

その時、以前の白いオオカミとの会話を思い出した。

「サボテンの花を咲かせる方法」を教えてもらった時の会話だった。

白いオオカミは、

「ネズミをサボテンの下に埋めると、サボテンの栄養になって生まれ変わる」

ことを言っていた。

オオカミは、本当はネズミを食べたかったけど、白いオオカミの話を真剣に聞いていた。

続いで、白いオオカミは、オオカミにこう言った。

「私ね、花を咲かせたいの。あなたとふたりで」

オオカミは照れた。

「咲かすよ。キミの笑顔がオレの一番の好物だ」

と、白いオオカミに言った。

オオカミの回想が終わった。

その時、第1話でオオカミに食べられたモグラのお母さんが少し離れたところにいた。

モグラのお母さんの隣に2匹のフォックスがいた。

「アイツだ!あのオオカミ野郎が私の息子を殺した!」

「憎きオオカミだあ!」

「アイツを殺せるなら、報酬をなんでもやる」

と、モグラのお母さんはフォックス達に言った。

フォックス達はそれを聞いて、モグラのお母さんを食べてしまった。

さらにフォックス達はあのオオカミを見て、こう言った。

「あのオオカミは、昔殺した白いオオカミの片われだ」

今ならあのオオカミを殺せるとフォックスたちが思った。

スポンサーリンク



第4話から第5話の考察

ここまでわかっているのは、

  • オオカミとクマは、昔一緒に悪さをしていた。
  • オオカミは白いオオカミと駆け落ちするために、クマを離れた。
  • 裏切られたと思ったクマは、白いオオカミを憎んでいた。
  • 以前、オオカミは白いオオカミと一緒に、ネズミをサボテンの下に埋め、花を咲かせようとしていた。
  • だから、オオカミはクマが残したネズミをサボテンの下に埋めた。
  • 白いオオカミはフォックス達に殺された。
  • オオカミに息子を殺されたモグラのお母さんは、フォックス達にオオカミを殺してほしいと頼んだ。
  • そのフォックス達が白いオオカミを殺した犯人だった。
  • 以前フォックス達はオオカミを殺せなかったが、今度こそオオカミに勝てるだろうと思った。

登場人物の関係性がどんどん見えてきました。

クマは、オオカミと白いオオカミの知り合いで、

フォックス達も、オオカミと白いオオカミと関わりがあったことがわかりました。

この4話と5話で大事なヒントは、

オオカミの「過去の喪失」が「白いオオカミが殺された」ことです。

スポンサーリンク



まとめ

1話から3話は、オオカミの足が動けないのは、「過去の喪失」によるものであることがわかりました。

4話と5話は、「過去の喪失」が「白いオオカミが殺された」ことであることがわかりました。

関連記事:【まとめ】眠れないオオカミの1話から3話までの伏線と考察!ネタバレあり

関連記事:【まとめ】眠れないオオカミの6話から8話までの伏線と考察!ネタバレあり

スポンサーリンク


COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です