島旅行

【バナナマン】紅芋サーターアンダギーが絶品!なかゆくい商店を調査

沖縄の名物、揚げ菓子といえば、サーターアンダギーが思いつきますよね。

サーターアンダギーは物によってはパサパサしたりするので、苦手な方もいるかもしれません。

しかし、宮古島の伊良部大橋の先の伊良部島には、とても美味しいサーターアンダギーがあります。

そのお店は「なかゆくい商店」です。

この度は、バラエティ番組「バナナマンのせっかくグルメ」でもご紹介しました。

では、紅芋サーターアンダギーが絶品の店、なかゆくい商店をご紹介したいと思います。

スポンサーリンク



【バナナマン】紅芋サーターアンダギーが絶品!

サーターアンダギーは首里方言で、サーターは砂糖、アンダーギーは(油)+アギ(揚げ)+語尾を伸ばすことで「油で揚げたもの」という意味です。

その名の通り、砂糖を使用した生地を用いる球状の揚げドーナツです。

縁起の良いお菓子とされ、結婚式など祝い事でも振る舞われます。

宮古列島では「さたぱんぴん」と呼ばれています。

バラエティ番組「バナナマンのせっかくグルメ」で紹介されたのは、「なかゆくい商店」の紅芋味のサーターアンダギーです。

通称、紅芋ぱんぴんです。

なかゆくい商店の紅芋ぱんぴんは1個80円です。

パサパサ感はなく、外はサクサクで、中はもっちりしています。

ブルーシールアイスと一緒に食べてもおいしいです。

ちなみに、常温で3日、冷蔵庫で1週間の賞味期限なので、お土産にすることもできます。

スポンサーリンク



なかゆくい商店を調査!場所、アクセス、メニューなど

なかゆくい商店の場所は伊良部島にある!

なかゆくい商店の場所は、宮古島から伊良部大橋でつながる伊良部島の中ほどにあります。

伊良部島を渡って、車で9分ほどです。

宮古空港からは車で30~40分かかりますが、観光客と地元民に愛されているお店です。

伊良部島には17ENDなどの絶景観光スポットがありますので、伊良部島に来た際は寄ってみるのはいかがでしょうか。

なかゆくい商店のアクセス、営業時間

  • 住所:〒906-0505 沖縄県宮古島市伊良部国仲57−3
  • 電話:090-9476-3215
  • 営業時間:10:00~18:00
  • 定休日:なし
  • 駐車場:なし

専用の駐車場はないので、お店の前で路駐か、隣の空き地に駐車する方が多いです。

なかゆくい商店のメニュー

なかゆくい商店のメニューはサーターアンダギーと天ぷらだけです。

  • 紅芋ぱんぴん(サーターアンダギー):80円
  • とり天:60円
  • 野菜:60円
  • さかな:60円
  • さたぱんぴんアイス:370円
  • かき氷:各200円

サーターアンダギーは紅芋の1種類だけで、天ぷらはとり天、野菜、さかなの3種類あります。

沖縄の天ぷらはおやつ感覚で食べるので、値段も安いです。

スポンサーリンク



まとめ

なかゆくい商店の紅芋サーターアンダギーはパサパサしなく、とても美味しいので、

伊良部島への観光の際は、是非行ってみてください!

関連記事:宮古島、2泊3日の観光モデルコース!


スポンサーリンク

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です