男性俳優

森崎博之の子供は何人?嫁との馴れ初めや顔画像は?イクメンで良きパパ!

今回取り上げたのは、

TEAM NACSのリーダーの森崎博之さんの話題です。

お伝えするのは、

「森崎博之の子供は何人?」「嫁との馴れ初めや顔画像は?」

「イクメンで良きパパ!」などの家族についてのお話になります。

どうぞ、ご覧ください。

スポンサーリンク

森崎博之の子供は何人?

森崎博之の子供と嫁画像引用元:https://www.oricon.co.jp/news/2132659/full/

森崎博之さんの子供は、

長男、次男、長女の3人です。

 

末っ子になる女の子は、

森崎博之さんが46歳になるときに生まれています。

 

クリエイティブオフィスキュー(札幌の芸能事務所)の公式サイトで発表したのは、

2018年の3月26日。

この日の投稿では、

長男が8歳、次男が6歳でした。

森崎博之の子供と嫁画像引用元:https://www.office-cue.com/diary/contents_view.php?id=12977

 

ですから2021年には、

長男11歳、次男9歳、末っ子の長女3歳くらいになっていると思われます。

スポンサーリンク

森崎博之の嫁の顔画像は?馴れ初めは?

森崎博之の子供と嫁画像引用元:https://thetv.jp/news/detail/136368/p2/

森崎博之の嫁の顔画像は?

森崎博之さんの嫁の顔画像は、

ネット上では見つかりませんでした。

テレビやその他メディアなど、

表に出る人ではないのだと思われます。

 

TEAM NACSのメンバーで言えば、

「大泉洋さんの嫁はテレビプロデューサーの中島久美子さん」

「戸次重幸さんの嫁は女優の市川由衣さん」

「音尾琢真さんの嫁は女優の春日井静奈さん」

の3人は有名な人なので顔出しはあります。

 

森崎博之さんと安田顕さんは、

結婚相手の顔画像は公表されていないようです。

スポンサーリンク

森崎博之と嫁の馴れ初めは?

 

ネットで伝えられている馴れ初め

 

森崎博之さんは、2005年に結婚。

学生時代から、

8年の交際期間を経て結婚というのがネットで伝えられている馴れ初めです。

 

ただ、

これは安田顕さんの結婚の馴れ初めとまったく同じなので、

情報が混乱しているのか、

偶然なのか、

不思議な気もしました。

 

学歴から考察した出会いの時期

 

ネットで伝えられている学生時代からの8年という交際期間、

学歴や社会人になってからの経歴と情報が一致しているか、

そこから出会いの時期を探ってみました。

 

森崎博之さんは、

1990年4月に指定校推薦で北海学園大学法学部法律学科に入学しています。

留年がなければ、

森崎博之さんの大学卒業は1994年3月になります。

 

たどりついた情報は、大学時代の「TEAM NACS」の卒業公演。

森崎博之の子供と嫁画像引用元:https://bibi-star.jp/posts/5806

 

森崎博之さんは、

演劇研究会の安田顕さん、戸次重幸さん、大泉洋さん、音尾琢真さんの4人と、

演劇ユニット「TEAM NACS」を結成。

 

大学を卒業する森崎博之さんと安田顕さんのための卒業公演を行っています。

この卒業公演が1996年のことだったようです。

 

森崎博之さんは、2年の留年。

 

1996年に「嫁になった女性」と出会っていれば、

学生時代からの8年という交際期間というのは1年ほど(2005年に結婚)の誤差ですね。

 

推測できるのは、

演劇研究会で出会った女性か、「TEAM NACS」結成時のファンだったか、

というところでしょうか。

スポンサーリンク

森崎博之の嫁の年齢は?

相手の女性(森崎博之さんの嫁)は大学生のときに留年していないとして考えて、

森崎博之さんの卒業時の1996年に、

入学してきたとします。

 

単純計算で、

44歳(1977年生まれ)あたりでしょうか。

 

これで考えると、

末っ子になる女の子は、

森崎博之さんが46歳になるときに生まれているので、

41歳で出産したという話になりますね。

スポンサーリンク

森崎博之はイクメンで良きパパ!

森崎博之の子供と嫁画像引用元:https://music-book.jp

森崎博之は育児や食育の講演会をしている

森崎博之さんは、

仕事として育児や食育の講演会をしています。

育児について講演会では、

「子育ては夫婦育て、自分育て」とアプローチしているそうです。

森崎博之の子供と嫁画像引用元:https://www.city.sapporo.jp/kyoiku/shogaikyoiku/oyasodachi/index.html

森崎博之はイクメンで良きパパ!育児論が絶賛

森崎博之さんの育児論が絶賛されたのは、

2018年2月7日に放送された「ホンマでっか!?TV」でのことでした。

 

この日、

全員がパパとなったTEAM NACSに用意された番組企画は、

良いパパ・ダメパパ診断”に挑戦です。

 

評価ポイント(1)

 

良いパパ診断1の出題をしたのは、

早稲田大学教授・生物学・池田清彦先生

食べ物や遊びなど、

子供と父親どちらの意見を優先するかという質問でした。

 

「子供の意見を優先する」と答えたのは、

安田顕さん、戸次重幸さん、大泉洋さんの3人。

森崎博之の子供と嫁画像引用元:https://ameblo.jp/sb2097/entry-12351373253.html

 

「父親の意見を優先する」と答えたのは、

音尾琢真さんと森崎博之さんの2人。

森崎博之の子供と嫁画像引用元:https://ameblo.jp/sb2097/entry-12351373253.html

 

生物学・池田清彦先生の診断は?

親のわがままを通したほうが子供はまともになる。

親が真剣に楽しんでいる姿を見ると子供は親を尊敬するようになる。

親が嫌々やっていたり、楽しんでいないと子供も楽しくなくなってしまう。

ということで、

正解は「父親の意見を優先する」。

 

このとき、

森崎博之さんは(父親の意見として)「食べて欲しいものを優先」と答えています。

ここが評価されていました。

スポンサーリンク

評価ポイント(2)

 

良いパパ診断2の出題は、

心理評論家・植木理恵先生からでした。

このとき、

植木先生は森崎博之さんのことを「森崎先生」と呼んでいます。

質問は、

「子供にどんな仕事?と聞かれたらどう答える?」でした。

 

2択は、

苦労する点・悪い点を伝える。

良い点・ポジティブな点を伝える。

です。

 

森崎博之さんは、

良い面をアピールするということで、

観てくれて幸せになってくれる人がいると信じている。

と答えました。

診断は、○。

 

植木理恵先生の解説は、以下の通り。

親の社会への関わり方を見て、

愚痴など仕事を具体的に否定すると、

子供は自分を否定された気持ちになる。

具体的なことでなくても、

ざっくりとでも、

「素晴らしいことをしている」と言うほうが子供には伝わりやすい。

スポンサーリンク

森崎博之の活動は?

森崎博之の子供と嫁(森崎博之さんは一番左)画像引用元:https://natalie.mu/eiga/news/424967

TEAM NACSの東京進出後は、

森崎博之さんも全国区のテレビドラマにも出演していました。

その活動スタンスは、

安田顕さん、戸次重幸さん、大泉洋さん、音尾琢真さんらと同じでした。

 

森崎博之さんの活動に変化があったのは、

2008年4月あたりからです。

 

他のメンバーとは違い、

森崎博之さんだけは北海道に残って活動を続けるようになりました。

 

きっかけになったのは、

農業番組『森崎博之のあぐり王国北海道』の放送開始。

森崎博之の子供と嫁画像引用元:”https://www.hbc.co.jp/tv/aguri/””https://www.ent-mabui.jp/program/1764″

 

森崎博之さんが言うには、

自分は北海道に残り、

TEAM NACSのメンバーとは違う形で仕事をすることで、

チームの幅も広がるのではないか。

と考えるようになったそうです。

 

森崎博之さんは、

農業番組『森崎博之のあぐり王国北海道』に出演するようになってから、

  • 北海道フードマイスター取得
  • ごはんソムリエの資格を取得
  • 農業や食育に関する講演活動
  • ホクレンアンバサダーに就任(2020年)

などのように、

タレント以外の活動も盛んになっています。

 

地元に残って、

家族との生活も大切にしているというのもあるのかもしれません。

森崎博之の子供と嫁画像引用元:https://twitter.com/thetvjp/status/1116448335135674368

 

所属事務所について

TEAM NACS(チーム・ナックス)は、

北海道札幌市中央区にある芸能事務所・CREATIVE OFFICE CUEに所属。

北海道以外の全国区の仕事は、

業務提携を結んでいるアミューズが手がけるようになっています。

スポンサーリンク

まとめ

TEAM NACSのリーダーなのに、

目立たないと言われている森崎博之さん。

今回調べてみたら、

実はしっかりものでした。


スポンサーリンク