スポーツ

【東京五輪】水谷隼のメガネ&ネックレスのブランドや値段は?つける理由は?

東京オリンピックの卓球の混合ダブルスで、

伊藤美誠選手と見事に金メダルを獲得した水谷隼選手。

試合中に水谷隼選手がつけているメガネとネックレスが話題になっています。

では、ブランドや値段、つけている理由について調査していきます。

スポンサーリンク

【東京五輪】水谷隼のメガネのブランドや値段は?

水谷隼メガネとネックレス画像引用元:Twitter

東京オリンピックで水谷隼選手がつけているメガネが話題になっています。

メガネというよりサングラスですが、

激しく動いてもずれないのが印象的でした。

 

また。なによりデザインがかっこいいですよね!

中には、

「ハズキルーペに見えて仕方がない」

「スカウターみたいに相手の戦闘能力が見えてそう」

など、おもしろい意見もありました。

【東京五輪】水谷隼のメガネのブランドは?

水谷隼選手がつけていたメガネは、

「SWANS」の『E-NOX NEURON20’(イーノックスニューロン)』

というブランドです。

水谷隼メガネとネックレス画像引用元:Twitter

マラソン選手だった野口みずきさんも愛用しているそうです。

 

最大の特徴は抜群なフィット感。

「小顔の競技者がズレを気にせずに使用できるもの」

として開発されだそうです。

 

また、形が「逆さまグラス」として少し奇抜ですが、

「重心を低く抑えることでブレやズレを軽減する」

という大きなメリットがあるという。

 

「SWANS」は、1992年のバルセロナ五輪の際、

有森裕子選手へのサポートとして、

一眼レンズモデルの「GULLWING(ガルウィング)」を発表。

 

2004年のアテネ五輪では、

野口みずき選手へのサポートとして、

「e-nox-α(イーノックスアルファ)」を開発。

 

そして、2021年の東京五輪では、

水谷隼選手へのサポートとして、

「E―NOX NEURON20’(イーノックスニューロン20)」を開発。

 

「SWANS」はまさにアスリートたちのためのメガネブランドですね!

【東京五輪】水谷隼のメガネの値段は?

水谷隼選手のメガネは公式サイトでは17,600円です。

水谷隼メガネとネックレス画像引用元:https://netshop.swans.co.jp/

しかし、ヨドバシカメラのオンラインストアでは11,030円で売られています。

楽天やアマゾンも同じくらいの値段で売っています。

水谷隼メガネとネックレス画像引用元:Google

気になる方は調べてみてくださいね。

スポンサーリンク

【東京五輪】水谷隼のネックレスのブランドや値段は?

水谷隼メガネとネックレス画像引用元:Twitter

水谷隼選手のネックレスはカラフルで可愛らしいですよね。

子供がビーズで作るおもちゃのネックレスに見えますが、

実はブランド品で値段は、

  • Sサイズ:57,640円
  • Mサイズ:67,100円

になっています。

 

ブランドの名前は、「CHRIO(クリオ)」です。

水谷隼メガネとネックレス画像引用元:https://chrioshop.com/shopbrand/victory/

CHRIO(クリオ)は東京に本社を置くCSE株式会社が

手掛けるスポーツケアブランドです。

 

取り扱っている商品は、ネックレスやブレスレットの他に、

ウェア、テーピング、ジェルやローションなど多数あります。

 

実は水谷隼選手は以前からこのブランドの商品を愛用していました。

例えば2016年の頃は、

シルバーのネックレスを着用していました。

水谷隼メガネとネックレス画像引用元:Twitter

シルバーもかっこいいですよね。

では、どうしてこういったメガネやネックレスをつけているのか、

理由を調査しました。

スポンサーリンク

【東京五輪】水谷隼がメガネとネックレスをつける理由

水谷隼メガネとネックレス画像引用元:Twitter

水谷隼がメガネをつけている理由

 

LEDライトが眩しいから

 

水谷隼選手は2019年から試合中に

「眩しくてボールが見えない」症状に苦しみ、

本来の力を発揮できずスランプに陥りました。

それで試合中にメガネ(サングラス)をかけています。

 

水谷隼選手が着用するサングラスのブランド

「SWANS(スワンズ)」展開する山本光学によると、

水谷隼選手から

「屋内LED照明のまぶしさを抑えたい」

と相談を受けたそうです。

 

それで、「SWANS」のイーノックスニューロンが開発され、

水谷隼選手は2020年頃から着用しています。

スポンサーリンク

どうしてLEDライトが眩しい?

 

実は水谷隼選手がLEDライトを眩しく感じ始めたのは、

レーシック手術を受けたあとからです。

 

2013年の全日本選手権でボールの見えづらさを感じ。

検査をすると右目2.0、左目0.3と、

左右で大幅に視力が違っていたそうです。

 

それで、まず左目のレーシック手術を受け、1.5まで回復。

しかし2018年ごろに「また見えづらい」と視力を測ると

今度は右目が0.7ほどに落ちていました。

同年、右目もレーシック手術を受けましたが、良くなりませんでした。

 

レーシック手術を受けると、

光が乱反射して眩しさを感じるグレア現象が

起きることあると指摘する声もあります。

 

その後レーシック手術の影響なのか、

アメリカで診てもらった結果、

レーシック手術自体は問題ないと診断されています。

 

どうやら、医師からの診断によれば、

水谷隼選手は暗い場所で普通の人より1.5倍、

瞳孔が大きく開くのが原因のようです。

スポンサーリンク

水谷隼がネックレスをつける理由

水谷隼選手が着用した「クリオ」のネックレスは、

いわゆる磁気ネックレスです。

 

予測不可能で防ぐことが難しい『スポーツ外傷』に比べ、

長い時間をかけて段階的に進行する慢性的なケガ『スポーツ障害』を

予防する効果があるようです。

 

また、「クリオ」のネックレスは独特な加工方法で、

普通の磁気ネックレスよりも回復性や柔軟力がアップしているとのこと。

 

実際の口コミをみると、回復性などに関することより、

見た目がかっこいいというコメントが多くあります。

 

アスリートにとって

「プラシーボ効果(思い込みの力)」は重要な要素なので、

「かっこいい&健康にいい」→「モチベーションが上がる」

結果的に良い効果をもたらしているでしょう。

スポンサーリンク

まとめ

水谷隼選手のメガネとネックレスについて調査しました。

気になる方は是非検索してみてください。

関連記事:水谷隼と伊藤美誠の仲良しエピソード7選!おんぶもする幼馴染だけど不仲説も?

関連記事:【顔画像】水谷隼が結婚した嫁は美人!馴れ初めが卓球&交際7年でデキ婚?

関連記事:水谷隼の引退理由は目の症状悪化?その後は株投資と会社を起業する予定?

関連記事:水谷隼の恐喝未遂被害とは?フライデーではなく文春砲されそうになった?


スポンサーリンク