三浦春馬

【三浦春馬が生きてる説】不可解な死から都市伝説浮上!真相は?

三浦春馬の生きてる説

今回取り上げるのは、「三浦春馬生きてる説」です。

「死んでないよ、生きてるよ」というファン心理や、

不可解な死だという報道への疑いなどによって、

三浦春馬さんの生存説は都市伝説のようになりました。

どのようにして浮上したのか、その真相は?

どうぞご覧ください。

スポンサーリンク



三浦春馬が生きてる説とは?

三浦春馬の生きてる説

三浦春馬が生きてる説とは?

三浦春馬さんの生存説には、

さまざまな思いが交差している印象がありました。

「生きていると思いたいというもの」から「ファンタジーな想像を巡らせたもの」、

「報道機関や警察、事務所を疑うもの」までありました。

三浦春馬さん亡くなったことへの反響の大きさは、

計り知れない何かが働いてるように感じてやみません。

三浦春馬の生きてる説

三浦春馬さんの生存説の類(たぐい)は、

SNSでつぶやかれているものだけではありません。

独自に立ち上げている考察サイトや思想家っぽいYouTuberのコンテンツには、

大きな組織や国家の陰謀説を論じているものもありました。

まさに、乱立しているという感じです。

まずは、

三浦春馬さんの生存説の中でも、

やわらかい話からピックアップしてみますね。

スポンサーリンク



三浦春馬が生きてる説(1)コンフィデンスマンのような嘘

三浦春馬の生きてる説

コンフィデンスマンJPのように壮大な嘘が仕掛けられていて、

いつか三浦春馬さんは姿を現す。

そのような感じのTweetがありました。

同じような発想(思い)では、

「これはドッキリに違いない」と「春馬くんは死んでないんだ!」

とするコメントも少なくないのです。

「どうか、生きていてほしい」という気持ちが強かったようです。

スポンサーリンク



三浦春馬が生きてる説(2)どこかへ逃したあげた説

三浦春馬の生きてる説

どこかに逃したあげた説というのは、

「三浦春馬さんが人生に悩んでいるなら逃してあげようと思った人がいる」

という推理ようなものです。

三浦春馬さんを逃してあげたのは、

マネージャーや友人(佐藤健さん?)であるという仮説を立てていました。

スポンサーリンク



三浦春馬が生きてる説(3)誰からも追われないための引退

三浦春馬の生きてる説

どこかに逃したあげた説とほぼ同じことですが、

誰からも追われないための引退劇だったという「三浦春馬さん引退説」もありました。

説というほどでもないですが、

自殺または他殺を疑う報道がつづくように仕向けて、

雲隠れするように引退させてあげた、あるいは本人の演出で引退したという話です。

スポンサーリンク



三浦春馬の不可解な死で都市伝説浮上!真相は?

三浦春馬の生きてる説

都市伝説浮上というのは、大多数はネタ作りなのでしょうね。

三浦春馬さんの死を不可解な死として、

三浦春馬さんの生存説を都市伝説化させながら、

見えない大きなものに対してクレームをつけているような趣きもありました。

それでは、

三浦春馬さんの都市伝説について真相を追跡してみましょう。

浮上した都市伝説(1)葬儀が早すぎるということから…

三浦春馬の生きてる説

三浦春馬さんの葬儀が早すぎるということから、

「警察や事務所は何かを隠そうとしているのではないか」という話が浮上し、

「三浦春馬さんは生きてる」という都市伝説につなげられていました。

時系列(日程的な流れ)は以下の通りです。

  • 三浦春馬さんが亡くなった状態で発見されたのは、7月18日。
  • 密葬されたという報告・報道があったのは、7月20日。

コロナ渦ということもあって葬儀は密葬でした。

マスコミには非公開(事実上、シャットアウトですね)。

ネット上の人たちが不可解に思ったのは、

検視(自殺、病死、事故死、他殺かの判断)もあるのに、

死後2日しか経過していない中で密葬が行われたことです。

三浦春馬さんの葬儀が早すぎるという疑いを文字にして、

ネット上にぶつけていました。

葬儀が早すぎるという疑惑の真相は?

密葬ですから、一般的な葬儀のように参列者は招かれていないはずです。

通夜と告別式は省略(あるいは短縮)されていると思われます。

ですから、「早すぎる」ということはないでしょう。

スポンサーリンク



浮上した都市伝説(2)発見時間の情報の混乱から…

三浦春馬の生きてる説

テレビの報道と週刊誌やスポーツ紙の報道に一致していなかったのか、

三浦春馬さんが遺体で発見された時間と様子に対して、

「矛盾が多い」という指摘が多く見られました。

この「正確な情報が不足していた状況」から、

三浦春馬さんの生存説が都市伝説のように語られるようになりました。

ネット上の指摘例

仕事の送迎でマネージャーは朝に迎えに行っているはずなのに、発見時間は12時半。そしてその時点では死亡してなかったとのこと。

それで、すぐに自殺と判断されるのは不可解!

四十九日で喪に服していたアミューズの発表は以下の通りです。

【当日の経緯】 

亡くなった当日は、午後から仕事だった三浦さんを、マネジャーが自宅まで迎えに行ったが連絡が取れず、管理会社に連絡して自宅に入ると「すでに意識のない状態」だったという。応急手当をし病院に搬送されたが「懸命な救命処置も及ばず、14時10分に永眠しました」と説明。「事件性は確認されず、検視の結果から死因は自死であるとの報告を受けました」と自殺だったと初めて公表した。

スポンサーリンク



浮上した都市伝説(3)骨壷や遺族の報道がないことから

三浦春馬の生きてる説

骨壷や遺族の報道がないことから、

「ほんとは三浦春馬さんは生きてる」という話になっていました。

ネット上の指摘例

隠し撮りが得意な週刊誌さんたちが葬儀(遺族)の様子を撮ってないのは不可解。

志村けんさんのときも岡江久美子さんのときも骨壷が帰って来たところを見たのに。

これは自殺というデリケートなケースであるために、

過激なマスコミに追われないように、

慎重に迅速に密葬という形で事(こと)のすべては進められたのだと思います。

スポンサーリンク



浮上した都市伝説(4)遺書の公開がないことから

三浦春馬の生きてる説

週刊誌では遺書があるとしていたのに、

事務所や警察が遺書を公開しないことから都市伝説が浮上。

これは自殺でも他殺でもなく、

「三浦春馬さんが生きていることを隠している」というわけです。

__真相は?

四十九日が明けたときに、

アミューズは「遺書(文章)はなかった」と発表しています。

スポンサーリンク



三浦春馬は生き返る?ファンの謎な質問

三浦春馬の生きてる説

三浦春馬さんは生き返る?

ファンだと思われる人の謎な質問がありました。

検索エンジンを提供している、

ある大手の企業によるQ&Aを投稿できるサービスでのことです。

三浦春馬の生きてる説

真意は、まったくわかりません。

謎な質問は、

「三浦春馬さんを生き返らせることはできないのですか?」

というものでした。

ロスの心情から、

そういう思いが出てくるのでしょうね。

三浦春馬の生きてる説

アンサーしていた人たちの反応は、さまざま。

まじめに回答している人もいれば、

憤りを感じて批判している人もいれば、

茶化している人もいました。

短いアンサーコメントでは、

生き返ってほしい!本当にそう思います。

亡くなった人に対して、逆に失礼ですよ。

そういう非現実的なことを質問して意味あるのですか?

などがありました。

スポンサーリンク



ここまでは何となく理解はできます。

驚いたことに、

三浦春馬さんを生き返らせるというアンサーコメントもあったのです。

検視が終わってないのなら、可能性にかけたいと私は考えています。

死体が火葬されたなら不可能です。

私はやるだけやります。あなたも協力してください。

念の力は数が多いと力が倍増するんです。

いたって真剣な感じです。

このように考えるのは、なぜなんでしょう?

災害が起きたときに

災害ごっこをする子どもたちの「遊びの形をとった自己治療の試み」というものとは、

違うと思います。

ただ有名人の自殺は、

後追いをする人が出てくるケースが過去にはありました。

三浦春馬さんを想って、

深い悲しみを抱えているだろうということは否定できないですよね。

スポンサーリンク



まとめ

最終的な自殺の理由は不明ですが、

芸能人のメンタルケアをするシステムは必要だと感じました。

あまりにも、トラブルが多いですよね。

関連記事:三浦春馬の他殺の可能性が浮上した理由は?CIA「都市伝説」との関連性は?

関連記事:三浦春馬の遺書がない理由「偶然なる事故」?他殺でも自殺でもなかった?

関連記事:三浦春馬は宗教団体とトラブル?自殺理由は母親の”毒親”説が関連か?


スポンサーリンク