スポーツ

ミカユッカラのFacebook顔画像!中国に買収されてセクハラ疑惑も?

ミカユッカラ顔と中国買収

北京五輪スキージャンプ混合団体戦で、

強豪国の女性選手が次々とスーツの規定違反になりました。

どうやら、ミカ・ユッカラという方が関与しているようです。

 

では、

『ミカ・ユッカラのFacebook顔画像』

『セクハラ審査で高梨沙羅が失格?』

『中国に買収された?』『殺害予告を受けてる?』

などについて、どうぞご覧ください。

スポンサーリンク




ミカ・ユッカラのwikiプロフィールとFacebook顔画像

ミカユッカラ顔と中国買収画像引用:https://berkutschi.com/jp/front/news/10535
  • 名前:ミカ・ユッカラ/ミカ・ジュッカラ
  • 誕生日:1963年7月30日
  • 出身:フィンランド
  • 居住地:ラハティ

ミカ・ユッカラさんは経験豊富で、

もともとプロのスキージャンプ選手であり、

若い頃、母国フィンランドでの国内大会に参加していました。

2004年以降国際大会の技術代表を務めています。

 

Facebookの画像はこちら。

ミカユッカラ顔と中国買収画像引用:Facebook

ミカ・ユッカラさんは2007年から2017年、

ノルディックスキー世界選手権において、

フィンランドのラハティの競技を担当するチーフでした。

 

さらに、ミカ・ユッカラさんは長年の専門的な経験があり、

「スカニア」というスウェーデンのトラックやバスを製造する会社の

マネージャーとしての勤務経験ももっています。

 

過去のインタビューでミカ・ユッカラさんは、

「私の新しい役割では、スキージャンプの開発に参加し、スキージャンプの家族と協力することを楽しみにしています。チームやアスリートとコミュニケーションを取り、すべてのスキージャンプの専門家と協力することを楽しみにしています。」

と意気込みを語っています。

 

また海外において、

ミカ・ユッカラさんに関する評価を

以下のように述べている記事がありました。

彼は最高の技術代表の一人であり、誰もが彼の国際的な考え方を高く評価しており、彼は常に公正で正しい方法で行動しています。

 He is one of the best Technical Delegates and everyone appreciates his international thinking and that he is always acting in a fair and correct way.

https://www.fis-ski.com/ 引用

「公正で正しい」とべた褒めしていますね。

 

しかし、北京五輪スキージャンプ混合団体戦での

ある行動が世界から非難されているようです。

スポンサーリンク




ミカ・ユッカラのセクハラ審査で高梨沙羅が失格?

ミカユッカラ顔と中国買収画像引用:https://www.ess.fi/urheilu/4125868

高梨沙羅選手のスーツ規定違反は、

ミカ・ユッカラさんの介入があったようです。

そこで、問題点として挙げられていることは以下の4つ。

  1. 女子のスーツ測定に男子担当者が”介入”
  2. 通常の測定では選手は腕を体から30センチほど横に向けて伸ばして待つが、団体混合の当日は腕を頭の上に置いたままだった
  3. 通常は検査を1人で行うが、この時はなぜか3人だった
  4. 前日の女子個人戦で失格になった高梨沙羅さんなどの5人は、全員同じスーツを着ていたにもかかわらず、失格になっていなかった

そして1番炎上しているのは①番目。

女子のスーツ測定に男性のミカ・ユッカラさんもいたこと。

 

このことから、「ミカ・ユッカラの行為はセクハラ」と炎上しています。

通常ならマテリアルコントローラーは男子種目には男性、

女子種目には女性が担当。

 

しかし今回の混合団体では、

男性コントローラーであるミカ・ユッカラさんが

突然、女子の測定にもついてきたという。

たしかに”セクハラ”と言われても仕方ありませんよね。

 

では、なぜミカユッカラさんは女子のスーツ測定についていったのでしょうか?

 

実は、団体戦で着用したスーツは

個人戦で女性のコントローラーがOKを出していましたが、

団体戦では男性コントローラーが違うやり方で測定したことから

今回の大混乱が起きたそうです。

 

先程のwikiプロフィールでも触れましたが、

ミカ・ユッカラさんは「公正でルールに厳しい」と評価されています。

 

今回の件でミカ・ユッカラさんをフォローする人もいますが、

2021年3月までコントローラーを担当していた

前任者のジョセフ・グラッツァー氏もミカ・ユッカラさんを痛烈に批判しています。

前任者のジョセフ・グラッツァー氏は「大失敗だ。私の考えでは、彼はスポーツ勘に欠ける。今のポジションには適任ではないと思っている」と痛烈に批判している。

東スポ 引用

スポンサーリンク




ミカ・ユッカラに殺害予告!中国に買収された?

ミカユッカラ顔と中国買収

炎上中のミカ・ユッカラさんに

殺害予告があったのだとか。

さらに同メディアは、ユッカラ氏と同じフィンランドのジャンプチームの元コーチのトミ・ニクネン氏の証言を紹介。なんとユッカラ氏は混合団体の競技直後、匿名による「殺害予告」まで受けていたという。その事実を明かした同氏は「何を非難されているのか分からない。彼は自分の仕事をきちんとこなしている」とかばっているが、同メディアは現状について「もう手に負えない状況になっている」としている。

東スポ 引用

ミカ・ユッカラさんをかばう人もいますが、

今回の件で多くのアンチができたのは事実。

日本でも「許せない」「抗議すべき」などの声があがっています。

 

また、北京五輪での不可解判定が多いですよね。

  • ショートトラック2000メートル混合リレーでは、中国が選手間タッチをしなくてもペナルティーを受けずに決勝に進出して金メダルを獲得。
  • 男子1000メートルでは韓国代表チームのファン・デホン(黄大憲)が準決勝1組で中国選手2人を抜いて1位でゴールしたが、接触がなかったにもかかわらずレーン変更を遅らせたという理由で失格となった。

これらの出来事もあり、

中国やロシアとの陰謀論を話す人もいます。

真相は本人しかわかりませんが、

今回のスーツ規定違反に関する炎上騒動はまだまだ収まる気配がなさそうですね。

スポンサーリンク




まとめ

ミカ・ユッカラさんについて調査しました。

本人は公正のために女子のスーツチェックをしたのかもしれませんが、

スーツ規定違反は女性選手ばかりなので、男女差別だと捉われてもも仕方ないですね。

高梨沙羅スーツ規定違反とは
高梨沙羅のスーツ失格はなぜ?中国の陰謀でわざと見せしめのため?2022年北京オリンピックの新種目のジャンプ混合団体のメンバーとして 試合に臨んだ高梨沙羅選手。 まさかのスーツ規定違反で1回目の得...

スポンサーリンク