女性タレント

【画像】マリア愛子の卒アル写真が可愛くない?本名や母親の国籍が判明?

マリア愛子の卒アル

2020年8月現在、一番注目を集めている女子高生モデルといえば、マリア愛子さんかもしれません。

最近になって、マリア愛子さんだと思われる卒アルの写真が流出し、話題になっています。

話題になっている理由は、卒アル写真の顔が現在と全然違うこと。

また、本名がわかったことで母親の国籍もわかったかもしれないということです。

では、マリア愛子さんの卒アル画像、本名、母親の国籍について調査します。

スポンサーリンク



【画像】マリア愛子の卒アル写真が可愛くない?

マリア愛子さんの高校は堀越高校や日出高校の噂がありますが、どうやらどっちも可能性が低いそうです。

2020年8月、ある騒動によって、

マリア愛子さんのインスタグラムのフォロワー数が5万から倍以上の12万まで上昇しました。

関連記事:【顔画像】山下智久のA子候補に愛子が急浮上?wikiプロフィール!

そんな騒動が原因で、マリア愛子さんが一気に注目を集め、

現役高校生という彼女の学校の特定が始まりました。

さらに、実は年齢詐称で、本当は現役高校生ではないという噂までありました。

関連記事:マリア愛子の高校どこ?目撃情報がないのは年齢詐称で高校生じゃないから?

さまざま情報が飛び出る中、

マリア愛子さんの中学の卒アル写真だと思われるものが流出し、話題になっています。

マリア愛子の卒アル

現在のマリア愛子さんと比較すると別人のように違います。

マリア愛子の卒アル

では、現在のマリア愛子さんのすっぴん画像とも比較してみましょう。

マリア愛子の卒アル

すっぴん画像と比較してメガネによって印象がだいぶ変わりますので、

面影あるとも言えますし、ないとも言えますね。

そもそもこの卒アル画像が本当にマリア愛子さんだという確証はないです。

ただ、ホクロの位置と歯並びが似ているだけです。

もしこの卒アル画像が本当にマリア愛子さんなら、

整形級のメイク術と画像加工術を持っているに違いないですよね。

関連記事:マリア愛子は整形or加工?顔が違う!画像と動画を比較して検証!

スポンサーリンク



マリア愛子の本名や母親の国籍が判明?

マリア愛子の卒アル

マリア愛子さんが2019年3月に放送されたAbematv「恋するホームステイ」に出演した際、

クオーター女子として紹介されました。

噂によると、マリア愛子さんには日本、中国、フィリピン、スペインの血が混ざっているそうです。

そこで、父親と母親の国籍がなんとなく気になる人が多いのではないかと思います。

先程の卒アル写真の名前のところには、「飯島愛子」と記載されていました。

その卒アル写真が本当にマリア愛子さんなら、名字は飯島になるのでしょう。

また、名前の「愛子」の由来は、父方の祖母の名前から取ったとされているので、

父親は日本人であることは間違いないのでしょう。

一方、マリア愛子さんは2歳までフィリピンのマニアで過ごしました。

おそらく、母親は里帰り出産でフィリピンに一時期帰ったのでしょう。

フィリピンは昔、スペインの植民地だったため、母親はフィリピン人である可能性が高いですね。

つまり、父親は日本と中国のハーフ、母親はフィリピンとスペインのハーフの可能性が高いですね。

関連記事:【顔画像】マリア愛子の母親のFacebook流出!家族構成(兄弟)も判明!

ちなみに、フィリピンのハーフで有名な芸能人は以下になります。(敬称略)

  • 池田エライザ
  • 秋元才加
  • 白濱亜嵐
  • 高橋メアリージュン
  • 中島健人など

スポンサーリンク



マリア愛子のwikiプロフィール

マリア愛子の卒アル
  • 名前:マリア愛子
  • 本名:飯島マリア愛子?
  • 誕生日:2002年8月11日
  • 出身:東京都(2歳までフィリピン)
  • 身長:155cm
  • 血液型:O型
  • 事務所:アソビシステム

関連記事:【特定】マリア愛子の高校・中学校・小学校が判明!嘘つくなど性格悪だった?

関連記事:【顔画像】マリア愛子の母親のFacebook流出!家族構成(兄弟)も判明!

関連記事:マリア愛子の高校どこ?目撃情報がないのは年齢詐称で高校生じゃないから?

関連記事:マリア愛子は処分や解雇はなし?事務所がコメント出さない理由は2つ?

関連記事:マリア愛子と「やらかし」みうごんとの関係は?恋ステの清純キャラは演技?

関連記事:マリア愛子は整形or加工?顔が違う!画像と動画を比較して検証!

関連記事:【顔画像】山下智久のA子候補に愛子が急浮上?wikiプロフィール!

スポンサーリンク



まとめ

マリア愛子さんの卒アル写真と現在の画像はたしかに差がありすぎました。

卒アル写真は本人かどうか、確証はありませんが、ホクロの位置と歯並びが似ていました。

また、卒アルの名前から、父親は日本人で、母親はフィリピン人の可能性が高いですね。


スポンサーリンク