女性タレント

草野華余子の高校は帝塚山学院&大学は関西大?学生時代はいじめられてた?

「紅蓮華(鬼滅の刃・主題歌、LiSAさんの歌唱」を作曲者として、

その名前を知られるようになった草野華余子(くさのかよこ)さん。

今回は、

高校や大学などの学生時代の話題をお伝えします。

どうぞ、ご覧ください。

スポンサーリンク

草野華余子の高校は帝塚山学院?

草野華余子の帝塚山高校関西大学画像引用元:https://skream.jp/interview/2021/02/kusanokayoko.php

「草野華余子の高校は帝塚山学院?」という情報について、

そのネタ元を調べてみました。

ポイントは2つです。

草野華余子さんの“出身地”と”Twitter投稿の一文”。

 

まずは、出身地。

シンガーソングライターとしての草野華余子さんの所属は、

2020年7月1日より「CAT emtertainment 株式会社」となりました。

(作家としてはソニー・ミュージックパブリッシングに籍があります)

そちらのプロフィールページを見ると、

草野華余子さんは大阪府出身であることは記載されています。

そのことから、

草野華余子さんが卒業した高校は大阪にある学校だろうと考えられるわけです。

 

Twitter投稿のほうは?

出身高校について、

草野華余子さんがTweetしている投稿は次のようになっています。

草野華余子の帝塚山高校関西大学画像引用元:https://twitter.com/kayoko225/status/558135889327828993

このように草野華余子さんは、

  • 音楽コースある高校
  • 死ぬほどピアノうまいやつ山ほどおって

と関西弁で返信しています。

 

以上の情報から、

多くの人が推測した学校が帝塚山学院です。

 

そこで、

帝塚山学院についても調べてみました。

帝塚山学院について

  • 私立の学校
  • 併設型の中高一貫教育(高校からの入学も可能)
  • 所在地は大阪府大阪市住吉区帝塚山
  • 高等学校に、私文コース、音楽コース、美術コース(マンガ・イラスト専攻、デザイン専攻)、英語国際コースがある。
  • 中学校は、 総合進学コース、医歯薬コース(中高一貫)、 関学コース(中高一貫)。
  • 卒業生には、堀ちえみさん(中学校卒業)、元宝塚歌劇団のこだま愛さん、和央ようかさん、ゆかりの小雪さんらがいます。

卒業生の名前には草野華余子さんは出てきませんが、

帝塚山学院の高校出身である可能性は高い印象を受けますね。

スポンサーリンク

草野華余子は関西大学出身?

草野華余子の帝塚山高校関西大学画像引用元:https://twitter.com/kayoko_staff/status/1363526104451981315

次は、

「草野華余子は関西大学出身?」について調べてみました。

プロフィールの記述

こちらは、

「ソニー・ミュージックパブリッシング」「プロフィール」に記述されていました。

草野華余子の帝塚山高校関西大学画像引用元:https://smpj.jp/songwriters/kayokokusano/

このように、

草野華余子さんがバンド活動を始めたのは関西大学に進学してからとなっています。

(本人の)Twitter投稿

 

軽音楽部に所属していた?

 

他には、

関西大学の軽音楽部に所属していたらしいという(本人の)Twitter投稿もありました。

草野華余子の帝塚山高校関西大学画像引用元:https://twitter.com/kayoko225/status/1306542884565299200

 

小南泰葉(シンガーソングライター)もいっしょだった?

 

草野華余子の帝塚山高校関西大学画像引用元:https://twitter.com/kayoko225/status/982612782523691008

小南泰葉さんの出身地は兵庫県の伊丹市なので、

草野華余子さんの進学した大学が「関西大学」ということを実証するものとしては、

このTweet内容は有力な情報です。

スポンサーリンク

大学時代のバンド活動のエピソード

 

初めに挑戦したのはベースボーカルのコピー

 

大学時代に、

草野華余子さんが初めに挑戦したのはベースボーカルのコピー。

ベースを弾きながら歌うというスタイルです。

しかし、

ベースライン弾きながら歌うのは「ムズイ」と思って、

スタイルを変更。

 

ギターボーカルでやったコピーは?

 

次にやったのは、

オーソドックスなギターボーカルのスタイル。

それからは、

アヴリル・ラヴィーン、アラニス・モリセット、シェリル・クロウ、

椎名林檎さん、岡北有由さん、天野月子さん、矢野まきさんと、

洋楽も邦楽も問わず、

草野華余子さんは大学の4年間はコピーバンドをやっていたそうです。

 

就職活動を辞めて音楽の道へ

 

草野華余子の帝塚山高校関西大学画像引用元:https://twitter.com/yujin_imanishi

 

当時は関西大学軽音楽部にいた今西勇仁(現在、サウンドデザイナー)に後押しされて、

東芝EMIやソニーミュージックなどのオーディションに、

草野華余子さんは曲を出すようになったそうです。

 

結果は、すべて一次審査止まりとなります。

 

それでも、

「この曲書けるんだったら、歌っていった方がいい」という周囲の声があり、

草野華余子さんは就職活動を辞めたそうです。

 

そこから、

草野華余子さんの音楽人生は本格的にスタートとなります。

スポンサーリンク

草野華余子の学生時代はいじめられてた?

草野華余子の帝塚山高校関西大学画像引用元:https://twitter.com/kayoko225/status/1363824927938207745

「草野華余子の学生時代はいじめられてた?」については、

ほんの少しインタビューで答えた程度の話題しかないです。

壮絶ないじめだったか、陰湿ないじめだったか、

その内容については語られていません。

 

しかし、

草野華余子さんのメンタルには”いじめ”によって根付いてしまったものがあるようです。

 

ここでは、

草野華余子さんの過去のインタビューから、

いじめの影響となったと思われる言葉を拾ってみました。

スポンサーリンク

甘え下手?

LiSAさん(草野華余子さんは紅蓮華を作曲)との出会いについてのインタビューで、

「甘え下手なんですけど、いつも助けてくれる人が現れる」という話になり、

草野華余子さんは「甘え下手ですか?」と質問をされます。

そのとき、

中学、高校ぐらいでいじめられてたからですかね、

けっこう人の顔色伺ったりとか。

「相手が求める自分」にならないと、

必要とされないんじゃないかなって思ってしまうところがあって。

と草野華余子さんは言葉を残しています。

このようにメンタルに影響を受けているので、

かなりのいじめを草野華余子さんは受けたようですね。

スポンサーリンク

“カヨコ”名義でキャラを作っていた

また、

草野華余子さんは次のような話もしています。

カヨコって名前で活動してたときは、

弱い自分じゃなくて、

もう一人の関西の肝っ玉姉ちゃんみたいな感じ。

みんなが「カヨコ姉さん」って言ってくれるキャラ像を作っておくと、

いじめられない、嫌われないで済むって思ってたんですよ。

この言葉からも、

草野華余子さんが受けた”いじめ”は深刻なものだったということが想像できますね。

草野華余子さんは、

2007年あたりから2019年(誕生日の2月25日)まで「カヨコ」として活動。

草野華余子の帝塚山高校関西大学画像引用元:@ntvkonkurabe

スポンサーリンク

まとめ

これまで、

数多くの作品を人のために提供してきた草野華余子さん!

いよいよ本人の歌声が注目されそうですね。

関連記事:草野華余子の印税と年収は1000万超え?自身の歌唱力や歌の動画は?

関連記事:草野華余子は結婚している?右手薬指の指輪がキラリ!歴代彼氏は誰?


スポンサーリンク