芸能

栗原類の父親はイギリス人で親子そっくり!母親は翻訳者で発達障害?

栗原類父親母親と発達障害

モデルの栗原類さんがブレイクしたのは2012年頃ですが、

最近はあまりテレビで見る機会は少ない感じですね。

栗原類さんと言えば「笑っていいとも」のイメージが強く、

当時はテレビで見ない日はないほど大活躍でした。

ここでは栗原類さんのイギリス人父親についての情報や、

母親も栗原類さんと同じ発達障害なのかを調査していきます。

スポンサーリンク



栗原類の父親はイギリス人で親子そっくり!

栗原類父親母親と発達障害

栗原類の父親はイギリス人で親子そっくり!

栗原類さんが1歳の時にイギリス人の父親は他界しているので、

栗原類さんの記憶には父親の記憶はありません。

父親の名前はマーティンさんで見た目も栗原類さんにそっくりで、

目元や鼻筋がシュッとしている感じは親子だなと思いますね。

栗原類父親母親と発達障害

マーティンさんを知る人によれば栗原類さんの表情や雰囲気など、

マーティンさんを見ていると錯覚するほど似ているそうです。

マーティンさんは音楽関係の仕事をしていたようで、

栗原類さんの母親とはイギリスのロンドンで出会っています。

栗原類さんを妊娠しても母親の泉さんは籍を入れていないのも、

マーティンさんが世界を旅する自由奔放な性格が原因のようです。

自由奔放なマーティンさんに泉さんは惹かれていて、

籍を入れるかどうかよりも大切なものがあったと想像します。

スポンサーリンク



栗原類の父親の死因は?

父親のマーティンさんは交通事故で24歳という若さで他界し、

栗原類さんは泉さんが立派に育て上げていますね。

栗原類父親母親と発達障害

マーティンさんはドラッグの過剰摂取で他界したと噂もありますが、

他界した原因について真相はわかりません。

過去にテレビ番組で栗原類さんの父親のルーツを探る内容で、

マーティンさんのお兄さんに会いに行く企画がありました。

母親の泉さんが栗原類さんを妊娠したとき結婚しないと話したのはお兄さんで、

その1年後にマーティンさんは他界したことを後悔していましたね。

マーティンさんも1歳の栗原類さんを残して旅立ったことを想像するだけで、胸が詰まる思いでいっぱいです。

スポンサーリンク



栗原類の母親は翻訳者!

栗原類父親母親と発達障害

栗原類さんの母親の泉さんは音楽関係の翻訳家として、

海外の人気アーティストとも交流があり音楽業界では知られた存在です。

海外ミュージシャンが来日した際にも通訳を担当していて、

リアム・ギャラガーやポール・ウェラーとは現在も交流があるそうです。

栗原類さんが流暢な英語を話せるの泉さんの影響が大きく、

幼い頃から翻訳家の泉さんと接してきたことで英語ペラペラですね。

栗原類さんは6歳から11歳までをアメリカで過ごしているので、

本場の英語が身近にある環境だったのも英語が話せる大きな要因だと思います。

栗原類さんが発達障害だったこともあり泉さんは日本に移住し、

超学歴社会であるアメリカより伸び伸びと生活できる日本に移住したとされます。

スポンサーリンク



泉さんは栗原類さんを産む前はフリーターのような生活を送っていましたが、

栗原類さんを育てるために通訳の仕事を始めています。

栗原類父親母親と発達障害

泉さんは栗原類さんが生まれて間もなくマーティンさんを失い、

一人で栗原類さんを育て上げた苦労は造像を絶すると思いますね。

翻訳家という仕事柄もあり日本とアメリカを行き来し、

仕事だけでも大変な中で子育てとの両立には頭が下がります。

ただ想像するに泉さんにとっては苦労というよりも、

栗原類さんが成長していく姿が何より心の原動力だった気がします。

発達障害の栗原類さんを決して甘やかすことはなく、

泉さんは栗原類さんの将来のために厳しく接してきましたね。

「発達障害だから出来ない」と最初から諦めるのではなく、

出来ることを伸ばしていく考え方は見習う部分が多くあります。

スポンサーリンク



栗原類の母親は発達障害?

栗原類父親母親と発達障害

栗原類さんが発達障害と診断されたのと同時に、

泉さんも発達障害と診断されますが自覚はなかったと話していましたね。

ただ振り返ると集団行動が苦手だったり忘れ物が多いことがあり、

発達障害と診断されたのも納得した感じでした。

発達障害といっても症状は人それぞれなのも特徴で、

泉さんは落ち着きがないタイプで栗原類さんは記憶力の弱さがあったそうです。

泉さんも自身の著書の中で話していた言葉の中でも、

自分が発達障害だったからこそ気付けた部分が多かったと話していました。

栗原類さんと泉さんと同じく親子で発達障害の母親は、

泉さんの著書を読んで心に響いた言葉を紹介しています。

その言葉は「私と子供達は別々の個性を持った人間」という部分で、

当たり前に気付かなかったとも話していましたね。

スポンサーリンク



栗原類さんも発達障害の人に「無理をしない」ことをアドバイスしていて、

とにかく自分のキャパシティを超えないようにすることが大切だと話しています。

泉さんと栗原類さんの発達障害の症状は違うので、

お互いにない部分を補いながら楽しく生活していますね。

栗原類父親母親と発達障害

発達障害だからと悲観するだけでは人生も楽しくないので、

いかに自分の個性を表現していけるかが大切だと思います。

まだまだ日本社会は発達障害に対する偏見があるのも事実で、

栗原類さんも幼少期からイジメられていた苦い過去もあります。

しかし発達障害を抱えながら世界で活躍する著名人も多く、

「普通の人」より遥かに才能豊かなケースも多いのは間違いありませんね。

スポンサーリンク



まとめ

栗原類さんの母親も発達障害であると告白していますが、

栗原類さんと同時に母親も発達障害と診断されていますね。

栗原類さんの子育てについて書かれた手記の中でも、

「周囲の雑音に振り回されない知識を持つ」という言葉が印象的でした。

発達障害だから普通の人より劣るという発想が間違いで、

よく耳にする「普通の人」とは何なのかを考えさせられますね。

関連記事:栗原類の占い的中率は90%?芸能人(ベッキー)が当たりすぎて話題!


スポンサーリンク

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です