スポーツ

古賀稔彦は何癌(がん)&病気で痩せた?若い頃と現在を比較【画像】

古賀稔彦の死因がん癌病気痩せた

バルセロナオリンピック・柔道の金メダリストの古賀稔彦さんが亡くなりました。

死因は癌(がん)ですが、何癌でしょうか。

また、病気で痩せたと話題になっています。

では、古賀稔彦さんの死因、若い頃と現在の比較画像、

wikiプロフィールや経歴を調査していきます。

スポンサーリンク

古賀稔彦の死因は何癌(がん)?

古賀稔彦の死因がん癌病気痩せた画像引用元:https://www.kakugo.tv/person/dettn2zb.html

2021年3月24日、柔道家の古賀稔彦さんの死去が報じられました。

まだ53歳の若さなので、あまりにも早いですよね…。

古賀稔彦さんの死因が気になる人が多いようです。

速報が出た当初、ネットでは「病気」「事故」「自死」などが噂されていました。

しかし、死因は癌(がん)によるものだそうです。

では、古賀稔彦さんは何癌(がん)でしょうか。

スポンサーリンク

古賀稔彦は何癌(がん)?悪性リンパ腫?

実は、古賀稔彦さんの父親も癌で亡くなっています。

「スポーツ選手が遭遇する”負の出来事”が持つ意味」の論文に記載がありました。

なんと、父親も50代で亡くなっているんですね。

父親の死因は「悪性リンパ腫」で、血液の細胞に由来する癌(がん)です。

癌では遺伝するものもありますが、

悪性リンパ腫は遺伝しないそうです。

悪性リンパ腫はリンパ球の遺伝子に傷がつくことでできると考えられていますが、遺伝はしません。ヒト免疫不全ウイルス(HIV)や成人T細胞白血病ウイルス(HTLV-1)、エプスタインバールウイルス(EBV)など、一部ウイルス感染症やピロリ菌や膠原病などの慢性的な炎症と関連の深いものがあります。

愛知県がんセンター愛知病院 引用

したがって、古賀稔彦さんは悪性リンパ腫ではなさそうです。

スポンサーリンク

古賀稔彦は何癌(がん)?消化器系の肝癌?

国立がん研究センターの統計によると、

日本人の死因で、

癌(がん)による病気の中で上位を占めているのは、以下になります。

  1. 肺癌
  2. 胃癌
  3. 大腸癌
  4. 膵臓癌
  5. 肝臓癌

 

さらに、男性では、

40歳以上で消化器系のがん(胃、大腸、肝臓)の死亡が多くを占めていますが、

70歳代以上ではその割合はやや減少し、肺がんと前立腺がんの割合が増加するそうです。

 

東スポの取材によると、古賀稔彦さんがお酒が大好きだそうです。

画像引用元:https://www.excite.co.jp/news/article/TokyoSports_2937858/

現役のころは同じ部屋に強化選手みんなで集まって、同じ時間が長かった。和気あいあいで、チームでやっていたな。あいつともよく酒を飲んだ。九州男児だから、お酒は大好き。

exciteニュース 引用

戦友の小川直也さんとはよく酒飲みに銀座に遊びに行ってたそうです。

 

以上のことから、

推測ではありますが、古賀稔彦さんの死因は消化器系の癌で、肝癌かもしれませんね。

スポンサーリンク

【画像】古賀稔彦は病気で痩せた?若い頃と現在を比較

2020年あたりから、古賀稔彦さんが痩せたと話題になっていました。

では、若い頃の画像と現在の画像を比較してみましょう。

 

まずは、1992年のバルセロナオリンピックの時の画像です。

古賀稔彦の死因がん癌病気痩せた画像引用元:https://mainichi.jp/graphs/20160121/hpj/00m/050/010000g/20

現役スポーツ選手なので、痩せてはおらず、程よい筋肉付きですね。

このときのオリンピックでは、古賀稔彦さんは初の金メダルを獲得しました。

乱取り(練習)中、左ひざを負傷し、あまりの激痛から減量もできないほどだったそうです。

しかし、屈指の精神力で勝ち進み、見事金メダルを獲得しました。

 

続いて、2003年の古賀稔彦の画像です。

古賀稔彦の死因がん癌病気痩せた画像引用元:https://www.nec-nexs.com/bizsupli/leader/koga/

これは、2003年のとき、

古賀稔彦さんが自分の柔道塾「古賀塾」を開いたときの様子です。

若い頃よりは顔が少し丸くなっていることがわかりますね。

谷本歩実さんのコーチとして務め、

2004年アテネオリンピックで金メダルまで導きました。

 

2020年3月の古賀稔彦さんの画像。

古賀稔彦の死因がん癌病気痩せた画像引用元:https://www.facebook.com/watch/?v=3043657542345246

これは2020年3月19日に放送された「ぶっこみジャパニーズ」のときの画像です。

そこまで激痩せした感じはないです。

番組では海外のニセ道場をドッキリ指導する古賀稔彦さんの姿がありました。

 

2020年11月の古賀稔彦さんの画像。

古賀稔彦の死因がん癌病気痩せた画像引用元:https://javelinmitsu.com/kogamiohiko/

2020年3月よりかなり痩せましたね!

実は、この頃に古賀塾の無限休みを発表したのです。

画像引用元:Twitter

赤枠の中をご注目ください。

  • 道場内において安心、安全の保証ができないため
  • マスク着用での運動は心身に影響を与えること
  • 安定した指導者確保ができないため

と書かれていました。

おそらくですが、この頃から自身の病気に気づいて、

コロナのリスクから体を守るために休塾ろいう決定を出したのかもしれません。

また、3月より短期間で激痩せしているので、癌の進行に気づかなかったのでしょう。

そうすると、「沈黙の臓器」と呼ばれる肝臓の癌かもしれませんね。

スポンサーリンク

古賀稔彦のwikiプロフィール&経歴

古賀稔彦の死因がん癌病気痩せた画像引用元:https://blog.goo.ne.jp/nihonden/e/f72a599e5980472a639798a6404e1b07
  • 名前:古賀稔彦(こがとしひこ)
  • 生年月日:1967年11月21日
  • 没年月日:2021年3月24日(享年53歳)
  • 出身地:佐賀県
  • 学歴:世田谷学園高校卒、日本体育大学卒
  • 家族・結婚:結婚していて、妻と子供二人(長男、次男)
  • 経歴:1992年バルセロナオリンピック金メダリスト、1996年アトランタオリンピック銀メダリスト

古賀稔彦さんは柔道を習っていた兄の影響で小学1年生から柔道を始め、中学1年で上京。

柔道私塾講道学舎に入門し、中学~大学まで、

怪我を克服しながら、数々のタイトルを獲得していました。

1988年ソウルオリンピックでオリンピック初出場するも、3回戦で敗退

1992年のバルセロナオリンピックでは、選手団主将を務め、金メダルを獲得。

画像引用元:https://www.jiji.com/jc/rio2016?p=jgm803-jpp00801386&d=d4_aaa

当時は左膝を負傷し、痛み止めを打ちながら金メダルを獲得したのです

1996年アトランタオリンピック選考会では銀メダルを獲得しています。

2003年4月からは町道場「古賀塾」を開塾。

2007年4月からは岡山県岡山市にある環太平洋大学柔道部の総監督に就任。

2008年6月、東京都台東区浅草橋にある日本健康医療専門学校の校長に就任。

同年、弘前大学大学院でスポーツ医学研究を始め、2012年3月に博士(医学)の学位を取得。

2021年3月24日、癌の為自宅にて逝去。53歳没。

スポンサーリンク

まとめ

古賀稔彦さんの死因について調査しました。

詳しいことは発表されていませんが、

消化器系のがんかもしれませんね。

関連記事:古賀颯人(古賀稔彦の長男)の就職先は慶應!結婚相手は大学時代の同級生?

関連記事:古賀稔彦の子供(息子と娘)の現在は柔道家?嫁との馴れ初めは不倫?

関連記事:【古賀稔彦の家族】母親と父親の顔画像&エピソードは?生い立ちも調査!

関連記事:【顔画像】古賀稔彦の兄の元博の現在は学校の先生?兄弟エピソード3選!


スポンサーリンク