女性タレント

木下百花が性同一性障害やがんはデマ!現在はイケメンでどんな活動してる?

木下百花がん性同一性障害

2020年9月24日の「アウトデラックス」に元NMB48の木下百花さんが出演します。

木下百花さんを検索すると、「性同一性障害」や「がん」などのワードが出てきます。

どうやら、どちらも事実無根のデマのようです。

では、木下百花さんの関する噂を掘り下げていきます。

また、現在のイケメンすぎる姿もご紹介します。

スポンサーリンク



木下百花が性同一性障害やがんはデマ!

木下百花さんを検索すると、「性同一性障害」や「がん」の言葉が出てきます。

いったいどういう事なのか、調査していきますね。

木下百花は性同一性障害?

木下百花がん性同一性障害

上の画像、どちらも木下百花さんです。

かなりギャップがありますよね。

左側が現在の画像、右側がNMB48時代の初期頃の画像です。

性同一性障害を疑われる理由として、「見た目」と「言動」に原因があります。

木下百花の見た目

木下百花さんはコスプレが好きで、男装することも好きです。

NMB48時代の握手会は毎回コスプレをしていたそうです。

他のメンバーたちはアイドルが着るようなかわいい格好ですが、

木下百花さんはいつも行き過ぎたコスプレをしていて、運営側から注意されたこともあったのだとか。

しかし、それでもコスプレを止めなかった木下百花さんはこんな風に語っています。

コスプレは元々、NMB48のスタッフから「やめろ」と注意されていたが、結果的には

「ダメって言われたらやりたくなる。それからは、あきれられましたね」

やり続けた者が勝ちって感じですね。

木下百花さんの行き過ぎたコスプレとはこんな感じです。

木下百花がん性同一性障害

「セーラー服と機関銃」のコスプレですが、この格好のまま新幹線に乗ったそうです。

そして、男装も得意な木下百花さんは女性ファンがとても多かったです。

木下百花がん性同一性障害

現在のナチュラルな様子はこちら。

木下百花がん性同一性障害 木下百花がん性同一性障害

韓流アイドルのように、イケメンですね!

ボーイッシュな見た目だけでは、「性同一性障害」の疑いまでいかないのですが、

少しは関係しているのだと思います。

スポンサーリンク



木下百花の言動

「性同一性障害」以外に「バイセクシュアル」など、

疑われた一番の原因は女性とのキスです。

木下百花さんはNMB48時代では、

ファンの前で山本彩さんと三田麻央さんとキスしたことがあります。

まずは木下百花さんと山本彩さんのキスをご覧ください。

木下百花がん性同一性障害

山本彩さんからキスを迫っていますが、構成は木下百花さんが考えたものです。

そして、三田麻央さんとのキスはこちら。

木下百花がん性同一性障害

ファンなら、「仲良し同士での遊びのキス」だと思いますが、

木下百花さんをあまり知らない人から見ると、

「性同一性障害」や「バイセクシュアル」などを疑うのでしょうね。

しかし、木下百花さんは「性同一性障害」についてカミングアウトしたことがないのと、

好きな男性のタイプとして、「少々冷たいところあるけど思いやりがある男性」と答えているので、

「性同一性障害」や「バイセクシュアル」はデマだと思います。

スポンサーリンク



木下百花はがんだった?

2017年に木下百花さんはNMB48を卒業しました。

卒業理由としてファンの間では重い病気が予想されたことで、

一部から「がんでは?」と噂になっていました。

というのも、木下百花さんはこれまでに複数回にわたって休養を取っていたのです。

木下百花がん性同一性障害

最初に休養が発表されたのは2012年のとき。

運営より木下百花さんが足のけがの治療に専念するために1ヶ月休養することが発表されました。

また、2015年では公演中に体調不良で退場したり、楽屋内でふらついたり、一時期休養しました。

2ヶ月間も自宅に引きこもっていたことを告白し、ファンを騒然とさせました。

また、「体重が急激に増減した」ことや「言葉が上手く発せなかった」ことも打ち明けたため、

ファンの間では「木下百花=重病説」が噂されるようになったのです。

しかし、病気の詳細も本人の口から言われていないので、「がん」はデマですね。

スポンサーリンク



木下百花の現在はイケメンでどんな活動してる?

木下百花さんはNMB48を卒業後、ソロアーティスト活動をしています。

2017年9月にグループを卒業して、

同年11月に「木下百花」から「百花」に改名して再活動をしました。

その後は「kinoshita」名義でも活動していましたが、2020年現在は「木下百花」に戻っています。

そして2020年現在はソロ活動を開始し、作詞も作曲も木下百花さん自身でやっているそうです。

   

自身のYoutubeチャンネルも立ち上げており、

2020年現在の登録者数1.09万人です。

木下百花さんは見た目が個性的ですが、歌声はとても素敵なので、

徐々に登録者数が増えていくのでしょう。

スポンサーリンク



木下百花のwikiプロフィール&経歴

木下百花がん性同一性障害

生年月日:1997年2月6日
出身地:兵庫県
職業:シンガーソングライター、タレント
所属事務所:Showtitle

代表曲
2019年7月3日 わたしのはなし
2019年7月24日 デリートデータ

代表作
テレビドラマ
だんらん(2013年関西テレビ)後藤時子 役
LIVE!LOVE!SING!生きて愛して歌うこと(2015年NHK総合)橘香雅里 役
豆腐プロレス(2017年テレビ朝日)イケメン百花 役

映画
LIVE!LOVE!SING!生きて愛して歌うこと(2016年トランスフォーマー)香雅里 役

スポンサーリンク



兵庫県に生まれた木下百花さんは、

2010年に行われたNMB48第1期生オーディションに挑戦し合格。

NMB48のオープニングメンバーとしてデビューし、

AKB48やSKE48など、

当時すでに結成していた48グループに並ぶ勢いまでNMB48を成長させました。

デビューから2年後の2012年にケガのため一時活動を休止した木下百花さんですが、

その後は歩みを止めることなく活動を継続。

2017年9月、アイドルとして達成感を感じ、

今後ひとりで活動すると決意したため、NMB48を卒業しました。

スポンサーリンク



まとめ

木下百花さんの性同一性障害やがんの噂はデマですね。

これからも個性を発揮して、活躍を期待しています。


スポンサーリンク

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です