時事

知床遊覧船の桂田精一社長は小山昇の言いなり?乏しい知識で複数会社を経営?

2022年4月23日、北海道知床半島の沖合で

乗客乗員26人が乗った観光船「KAZU 1(カズワン)」が消息を絶つという

悲惨な事故が起きました。

 

運行会社「知床遊覧船」の社長は誰なのでしょうか?

また社長は船や経営の知識皆無複数会社を経営しているとか?

見ていきましょう。

スポンサーリンク




知床遊覧船の社長は誰?桂田精一?

桂田精一と小山昇画像引用:https://search.yahoo.co.jp/amp/s/www.nikkansports.com/

知床遊覧船の社長は誰?桂田精一?

観光客を乗せた「KAZU 1(カズワン)」が消息し、

乗客乗員が亡くなるといういたたまれない事故が起きました。

運営会社の社長は責任を問われざるおえません。

 

観光船「KAZU 1(カズワン)」を運航していた

「知床遊覧船」の社長は誰なのでしょうか?

社長の名前は桂田精一さん

桂田精一と小山昇画像引用:https://mikobito.com/katurada-titioya/

2016年、当時桂田精一さんが58歳のときに

知床遊覧船の社長になったようです。

桂田精一社長への不信感

 

関係者への説明会は1回しか参加しない

 

この事故で被害に合われた家族へ

海上保安庁などの関係者による3回の説明会が行われました。

 

乗客の家族などに捜索状況などが説明されたのですが、

社長の桂田精一さんは午前9時の初回のみの参加で、

午後1時と午後5時の会には姿を現さなかったのだそうです。

桂田精一と小山昇画像引用:Youtube

責任もあることから全ての会に出席するべきかと思いますが…。

 

足を組むなど態度悪い

 

また会社側の説明会では、桂田社長は胸が詰まって言葉が出ず、

代わりの人が色々と話をしたのだそう。

ですがそんなときも桂田社長は足を組んだりしていたようです。

 

指摘されてから「すみませんでした」と謝罪したのだそうです。

人の命が亡くなっているわけですから、

足を組む態度はいかがなものでしょうか…。

スポンサーリンク




質問の答えに不信感

 

説明会では「なぜ(海に)出たのか」という質問に、

「検査したら問題なかった」と答え、

遺族にとって不信感のあるものだったそうです。

検査して問題ないならなぜ船は沈んだのかと…。

桂田精一と小山昇画像引用:Youtube

事故が起きた当日は天候が荒れており、

強風・波浪警報も出されていたのだそうです。

 

他の漁船さんは出航を中止したり、

途中で引き返していたとのこのだそうですが、

この状況下にもかかわらず、桂田社長は「いけると思った」と答えたといいます。

 

また去年の2021年にも事故を起こしており、

そのことについては「『ちょっと軽傷で…」と。

 

あってはいけない事故を起こしていながら、

翌年にこのような大惨事を起こしているわけですから、

もっと責任感をもち運航していればこのようなことも起きなかったのではないか

という遺族の悲痛な訴えがあったようです。

 

またこの事故で船底に亀裂が生じていたそうですが、

そのことについて社長は「知らなかった」と話したそうです。

桂田精一と小山昇画像引用:https://j-nenkin.net/katue/

社長が知らないということがあって良いものでしょうか?

この時点で運営のずさんさが感じ取れます。

スポンサーリンク




知床遊覧船の社長・桂田精一は複数会社を経営?

桂田精一と小山昇画像引用:https://twitter.com/i/events/1517749853077393408?s=20

知床遊覧船の社長・桂田精一は複数会社を経営?

知床遊覧船の社長、桂田精一さんのFacebookには

勤務先が「世界自然遺産の宿 しれとこ村つくだ荘」と記載されています。

 

またしれとこ村のHPには知床遊覧船も紹介されており、

船舶紹介には船舶紹介にはKAZU 1が紹介されています。

桂田精一と小山昇画像引用:https://www.shiretoko-kazu.com/boat

 

桂田社長は、上記でも述べた通り、

2016年に「知床遊覧船社長」として就任しえいるのですが、

その際、「しれとこグループ」の観光の代表取締役にも就任したのだそうです。

 

また桂田社長は、

  • 知床遊覧船経営 ホテル地の崖(ちのはて)
  • 世界遺産の宿しれとこ村
  •  shiretoko HOSTEL hanare
  • 国民宿舎桂田
  • 海に桂田

など複数の宿泊施設を経営しています。

桂田精一と小山昇

またECサイト「知床うまいぜ」の運営もしているようです。

 

肩書としては、

  • 知床民宿協会会長
  • 知床小型観光船協議会会長
  • 斜里町商工会理事(9区)

など、地元知床で数多くの協会会長職に就いており、

2022年には、商工会法施工60周年記念事業表彰者に、

商工会役員永年勤続表彰もされているという。

地元では名士と言える存在だったようです。

スポンサーリンク




父親の経営の腕前はすごい?

調べたところ、桂田精一社長の父親・桂田鉄三さんが

元々経営していた施設を桂田社長に継がせたようです。

 

桂田社長の父親・桂田鉄三さんは

遠音別神社の宮司であることも北海道新聞に掲載されています。

桂田精一と小山昇画像引用:Twitter

また桂田鉄三さんは地元斜里町の議会議員選挙にも出馬し、当選しています。

 

桂田社長は元々陶芸家であったそうですが、

数々の施設の経営、役職を担っているのは

父親の桂田鉄三さんが地元の権力者であったからに間違いないでしょう。

 

世界自然遺産の宿・しれとこ村の公式HPの「よくある質問」には

なぜこんなに安いんですか?

オーナーが遠音別神社神主で町議15年目の現役議員の人脈で、地元旬の地産料理をお値打ち価格で提供できるからです。

外観は無視して、お料理と温泉をお楽しみください。

引用元:
https://www.shiretoko-mura.jp/sp/

とありました。

 

ニュースの報道によると、父親の桂田鉄三さんは2019年には落選し、

現在では議員ではないようですが、このオーナーというのは

父親の桂田鉄三さんのことではないかと思われます。

 

ですがこの質問の答えにも、

「外観は無視して、お料理と温泉をお楽しみください」とあることから、

建物の管理においてずさんであるのではないか?と思ってしまいますよね。

耐震などは大丈夫なのでしょうか?

 

目先の利益を考え、運営していく中で

管理を怠ったことから今回の知床遊覧船の事故も起きてしまったのでは?

とも考えてしまいますよね。

スポンサーリンク




知床遊覧船の社長・桂田精一はコンサルタント小山昇の言いなり?

桂田精一と小山昇https://u.lin.ee/O4FWSlK?

知床遊覧船の社長・桂田精一はコンサルタント小山昇の言いなり?

知床遊覧船の社長・桂田精一さんは船、経営に関して

ド素人と言われているようですがどうでしょうか?

 

上記でも述べましたが、元々桂田社長は陶芸家でした。

東京の有名な百貨店で個展を行うほどであったのだそうです。

経営のノウハウを知らぬまま、突如父親から経営を任されたといいます。

 

それで経営コンサルタントにはその道で有名な小山昇さんが付いていたようですね。

桂田社長が知床遊覧船の社長になったのも、

小山昇さんの指示によるものだと言われています。

桂田精一と小山昇https://j-nenkin.net/katue/

知床観光船が売り出されたときには、

「値切ってはダメ! 言い値で買いなさい」 と桂田社長に指導したんだとか。

 

桂田精一と小山昇https://j-nenkin.net/katue/

また小山昇さんは桂田社長については、

経営ド素人だが、

感性が良いから結果がでると話しています。

 

世界遺産のなかにあるホテルが売り出されたときも、

「買いなさい。自然に溶け込む外壁にしなさい」 と指示したそうで、

赤字の会社があっというまに黒字に変わったのだそうです。

二人の経営は当時は順風満帆だったのでしょう。

スポンサーリンク




桂田精一社長は経営の知識が乏しい上、管理がずさん

知床遊覧船の社長に桂田社長が就き、

その2年後一流のベテラン人が4~5人いたそうなのですが、

その責任者たちを全員解雇したのだそうです。

桂田精一と小山昇

解雇するにしても普通なら経験者を残し、人材を補強するところです。

しかし、桂田社長は資金繰りが上手くいっていなかったのでしょう。

経験が浅く安く使える人を雇ったというのです。

しかも突然の解雇で、後任に仕事を教える間もなかったのだとか。

 

海という危険な自然の中でのお仕事です。

経験豊富な人材がいなければ今回のような事故に繋がってしまいます。

目先の利益にしか目がいかなかった桂田社長の

安全管理はずさんであったとしか言いようがないでしょう。

 

また国土交通省関係者などの取材で、

運航会社「知床遊覧船」の社屋の屋根に設置されている無線用のアンテナが破損しており、

事故直前に、観光船の設備について海上保安庁の指導を受けていたことも判明。

 

沖に出た船舶との連絡に使用するものだそうですが、

それが破損していたとなると、

いかに管理体制がずさんであったということがわかります。

桂田精一と小山昇画像引用:スポニチ

この事故を受け、岸田文雄首相は事業者への規制の在り方を含め、

安全対策を検証する検討会の設置を国土交通省に指示したことを明らかに。

首相は「今回の事故を受け、徹底的な安全対策について考えていくことが重要だ」と語りました。

 

今後このような事故が決して起こらない為にも

しっかり国からも規制してもらいたいものです。

スポンサーリンク




まとめ

知床遊覧船の社長は、元陶芸家で経営についても、船、海に関しても無知の桂田精一さんであることがわかりました。

複数会社を経営しており、コロナ禍も相まって資金繰りが悪くなったのでしょう。
 
様々なずさんな管理体制が浮き彫りとなりました。

国もしっかり規制し、今後このような事故が起きないことを祈るばかりです。

桂田精一の嫁と子供
桂田精一の前妻は誰?現在の嫁は20歳年下でデキ婚?子供は全部で何人?北海道・知床半島で遊覧船浸水事故を起こし、 乗船いた従業員含め26人が行方不明となっている事件について 少しずつ行方不明者が見つかっ...
桂田精一社長の国籍や家族構成は?父親・鉄三は町議会議員で権力持ちだった?知床の海で26人が遭難した事件。 事件を起こした運行会社「知床遊覧船」の社長は桂田精一さんだそうです。 その父親の桂田鉄三さんは町議...
知床遊覧船の豊田徳幸船長は生きてる?家族を埼玉に残して単身赴任!北海道知床半島沖合で観光船が消息を絶ち、 11人が死亡15人が行方不明になっている遭難事故。 船長の名前が「豊田徳幸」さんであること...
米田きよし本名と韓国人
米田きよしの本名は米田吉誉で韓国人?知床遊覧船の元船長で医師免許詐欺してた?2011年3月11日に東日本大震災がありました。 同年8月、被災地・宮城県石巻市で「ボランティア専属医」と称して、 偽医師が逮捕され...

スポンサーリンク