芸能

石倉ノア、父親の会社はスカイマーク?夢がパイロットで、会社継ぐ可能性は?

石倉ノアさんといえば、【テラスハウス】で島袋聖南さんとカップルになり、『タイムツリー』のCMや『しゃべくり007』に出演しています。

【テラスハウス】の軽井沢編に出演していた際、モデルの仕事をしながら、25際までにパイロットの夢を目指すと言っていました。

石倉ノアさんは6歳の時、両親が離婚し、その後母親は再婚しています。

パイロットの夢は、生みの親の父も現在の父も航空関係の仕事をしているため、影響を大きく受けたそうです。

さらに、【テラスハウス】では、現在の父親が航空会社を経営しているため、その会社を継ぎたいことと、その会社でパイロットをやりたいことも言っていました。

では、

石倉ノアさんの父親は誰で、航空会社はどこ?

パイロットの夢と会社を継ぐ可能性は?

についてリサーチしていきたいと思います。

スポンサーリンク



石倉ノアの父親は誰?航空会社はどこ?

【動画】石倉ノアが父親と夢について語る

こちらが【テラスハウス】での石倉ノアさんのインタビュー動画です。

インタビューの要点をまとめると、

  • 生みの親・父親はオーストラリア人、母親は日本人
  • 6歳の頃、両親が離婚し母子家庭になる
  • 日本に帰ってきてから、母親が再婚
  • 現在の父親は航空会社を経営
  • 生みの親・父親はパイロットを目指していた
  • 2人の父親の影響で、パイロットになることが夢
  • モデルの仕事で貯金して、25歳までにパイロットになりたい
  • 現在の父親の航空会社を引き継いで、その会社でパイロットをやりたい

石倉ノアの現在の父親は、スカイマーク創業者?

ネット上の情報によると、石倉ノアさんの現在の父親は”結構な歳”で、スカイマーク創業者の井手隆司さんではないかという噂があります。

井手隆司さんは1998年にスカイマークの代表取締役社長に就任し、2015年に退任しています。

2015年12月、エアアジア・ジャパンの代表取締役会長に就任し、健康上の理由で2017年12月に退任しています。

エアアジア・ジャパンは、2014年に設立された日本の格安航空会社(LCC)です。

スポンサーリンク



石倉ノアのパイロットの夢の行方は?

【テラスハウス】の石倉ノアさんのインタビュー動画では、

  • 「父親が航空関係の会社経営しているんで、会社を引き継いで、そこの引き継いだ会社でパイロットをやりたい。」
  • 「今はモデルとして稼ぎたいけど、最終目標はパイロット」
  • 「25歳までにパイロットの免許を取りに行くか、取っているか」

と言っていました。

石倉ノアさんの両親は”パイロットになる資金は自分で貯めて”という教育方針です。

パイロットになるには、最低でも1000万はかかるそうです。

モデル業で25歳までに1000万を貯金するのはできるのでしょうか?

2020年2月17日のエキサイトニュースの石倉ノアさんと島袋聖南さんのインタビューでは、

島袋聖南さんが石倉ノアさんについて、以下のように証言しています。

「友達と飲みに行くのもほぼ無くて、本当に仕事と家の往復が多いです」

真面目に仕事をしているようで、貯金を頑張っているのではないのでしょうか。

応援したくなりますね。

スポンサーリンク



石倉ノアが父親の会社を継ぐ可能性は?

もし石倉ノアさんの父親が本当に井手隆司さんなら、

2017年の時点で、エアアジア・ジャパンの代表取締役会長を退任しているので、

後を継ぐ可能性は厳しいのでは?と思います。

また、航空会社を継ぐというのは、経営者になるということになります。

パイロットの知識だけで経営者になるのは難しいと思います。

スポンサーリンク



まとめ

石倉ノアさんの父親はだれで、航空会社はどこなのか?

石倉ノアさんのパイロットになる夢の行方は?

父親の会社を継ぐ可能性は?

についてリサーチしました。

航空会社を継ぐことは難しいかもしれませんが、パイロットになる夢は諦めないでほしいです。

25歳の姿がどんな風になっているのか、楽しみですね。


スポンサーリンク