スキャンダル

石川優実のwikiプロフィール!榊英雄のセクハラ被害者C子で告発内容は?

2022年3月9日、映画監督の榊英雄(さかき ひでお)さんの

4人の女性に対する性被害疑惑が「文春オンライン」により報じられました。

 

性被害を受けた4人の女性は、女優の卵であったり、

年若く抵抗できない女性たちで、

映画監督の立場を利用した行為で批判されています。

 

文春オンラインでは、

4人の女性をA子、B子、C子、D子としていて、

2013年から2017年の4年間に性被害を受けたと話しています。

 

榊英雄のセクハラ被害者C子が石川優実さんに特定される内容を調べました。

スポンサーリンク




石川優実のwikiプロフィール!

石川優実wiki榊英雄画像引用:Twitter

石川優実のプロフィール&経歴

  • 名前:石川優実(いしかわ ゆみ)
  • 別名義:石川 由美子
  • 生年月日:1987年1月1日
  • 出身地:愛知県
  • 血液型:O型
  • デビュー:2004年
  • ジャンル:グラビアアイドル
  • 他の活動:フェミニスト
  • 事務所:フリー

石川優実(いしかわ ゆみ)さんは、

1987年1月1日に、愛知県で生まれ、

岐阜県で育った元女優、元グラビアアイドルのフェミニストです。

 

芸能界に入ったきかっけは、

2004年10月、岐阜県立土岐商業高校3年のときに

スカウトされたことがきっかけです。

 

石川優実さんの初期の芸能活動は、

お菓子系アイドルとしてお菓子系グラビア雑誌で活動しました。

 

2013年10月から2017年4月までは、

「石川優実の閉店ちゃんが行く♪」などで

パチスロ実践動画に出演しました。

 

翌年2014年6月28日には、映画「女の穴」で

市橋直歩(なおほ)さんとダブル主演を務めました。

この映画は濡れ場や大胆ヌー◯がある映画です。

石川優実wiki榊英雄画像引用:Twitter

 

2016年には、2月20日公開の映画「誘惑は嵐の夜に」で

高樹澪(みお)さんとダブル主演を務めました。

この映画も愛と性がテーマなのでヌー◯シーンがあります。

石川優実wiki榊英雄画像引用:アマゾン

 

石川優実さんはけっこう、

大胆な濡れ場がある作品を演じてきたのですね。

スポンサーリンク




石川優実の作品を無料で視聴する方法

石川優実さんの濡れ場がある映画は

U-NEXTで視聴できます。

石川優実wiki榊英雄画像引用:U-NEXT

U-NEXTは通常月額1,990円(税込2,149円)がかかりますが、

無料トライアルを利用すれば、31日間無料で試すことができます。

継続利用の方には毎月1,200ポイントがチャージされます。

 

つまり、

『U-NEXT』の月額1,990円のプランに登録すると、

毎月1日に1,200ポイント(=1200円分)が自動でチャージされるので、

実質、900円くらいで利用できるということになります。

 

また、U-NEXTは

実はアダ○ト系の動画も見放題のサービスがセットでついてきます。

 

U-NEXTでアダ○ト作品の見方を簡単にご紹介しますね。

 

U-NEXTに登録後、「その他♡」をクリックすると、

アダ○トサービスにとぶ「H-NEXT」が出てくるので、クリック。

(アプリでは「その他♡」は表示できないようになっているので、ウェブから見てください)

石川優実wiki榊英雄画像引用元:U-NEXT

「H-NEXT」に入ったあと、

たくさんのセクシー動画が表示されます。

 

ちなみに、

石川優実さんの作品は「H-NEXT」ではなく、

ふつうのU-NEXTで検索すれば出てきます。

\石川優実の作品を無料で視聴するならU-NEXT/

石川優実は榊英雄の被害者C子?

石川優実wiki榊英雄

榊英雄監督と4人の女性である

A子さん、B子さん、C子さん及びD子さんの出会いを調べると、

石川優実さんがC子さんであることが特定されます。

 

また、2022年3月16日の週刊文春では、

顔画像と名前も出しているので、

石川優実さんがC子であることは間違いないです。

石川優実wiki榊英雄画像引用:週刊文春

 

石川優実さんは、自身のブログでも、

榊英雄監督から性被害を受けたことを公表しています

石川優実wiki榊英雄画像引用:https://ishikawayumi.jp/official-blog/

お二人はトークイベントで知り合い、

ピンク映画への出演が決まってから

榊英雄監督に要求され関係を持ちました。

 

2015年に榊監督のピンク作品への出演が決まった石川優実さんは、

同年秋から「事務所へおいでよ」と頻繁に誘われるようになりました。

石川優実と榊英雄の出会いになった映画は?

2人は、2014年7月に開催された

榊英雄さんの映画「捨てがたき人々」に関する

伊東洋三郎さんと榊英雄さんのトークショーで出会いました。

 

石川優実さんは2015年10月11日、

榊英雄監督のピンク映画初監督作品のトークショーへ行って、

榊さんかっこいい!」と好感を持ちました。

このツイートを榊監督が見つけ、

その後、相互フォローする関係になりました。

 

そして相互フォローで親しくなり、2016年5月、

石川優実さんは映画「裸の劇団」への出演が決まりました。

 

映画への出演が決まってから、

石川優実さんは頻繁に榊監督にホテルや事務所へ呼ばれるようになり、

関係を持つようになったという。

榊英雄のプロフィール

ここで簡単に榊英雄さんのプロフィールをおさらいします。

石川優実wiki榊英雄
  • 名前:榊英雄(さかき ひでお)
  • 生年月日:1970年6月4日(51歳)
  • 出生地:長崎県五島市
  • 身長:178cm
  • 血液型:A型
  • 職業:俳優・映画監督
  • ジャンル:映画・テレビドラマ
  • 配偶者:和(2005年 – )
  • 事務所:ファミリーツリー

榊英雄監督は長崎県五島市福江島出身、

福岡市内の私立大学経済学部を卒業しました。

 

福岡市で経済学部をもつ私立大学に、

福岡大学、日本経済大学、九州共立大学、久留米大学、西南学院大学、九州産業大学

などがあり、卒業した大学を特定できません。

 

榊英雄は大学卒業後に上京し、

映画「この窓は君のもの」のオーディションに合格し主演で俳優デビューしました。

 

その後は俳優業に恵まれず、

1996年に自主映画「“R”unci Time」を監督し、

第1回「インディーズムービー・フェスティバル」で入選しました。

 

現在の榊英雄氏は、俳優業と監督の二足のわらじで活動しています。

スポンサーリンク




石川優実の榊英雄以外の告発内容

石川優実wiki榊英雄画像引用:Twitter

石川優実さんは2017年から、

「MeToo」運動と題して、

セクハラ性的暴行の被害体験を告発・共有する運動を行ってきました。

 

2018年のインタビューではこのように答えています。

 ――実際にどのような性的被害を

 石川:大きく3つありますね。

https://www.tokyo-sports.co.jp/entame/news/1126882/引用

 

この3つの性被害とは、

  1. グラビア時代:水着→手ぶら→泡ブラとエスカレート
  2. 舞台女優時代:制作会社の人とプロデューサーに(性行為)強要された
  3. 枕営業詐欺:大手広告代理店のある人物と関係を持てば仕事をもらえるとのことだったが、結局なにも仕事をもらえず。

このインタビューでは榊英雄さんとのことは話していません。

 

たしかに駆け出しの女優に反抗する力がないかもしれませんが、

石川優実さんの方にもすこし問題があるような…?

 

ちなみに石川優実さんは榊英雄さんについて、

週刊文春で

「監督の要求を断ればキャスティングから外されると思ってしまった」

と告発しています。

 

ここで、石川優実さんと榊英雄さんの関係を時系列にまとめます。

2015年10月:Twitterで相互フォローしだしてから、榊英雄監督と石川優実さんは親密な関係にる。

2016年5月:石川優実さんは榊英雄監督の映画「裸の劇団」への出演が決まる。

2016年6月:ピンク映画「さまようアゲハ密壺トロトロ」への出演が決まってから、頻繁に性被害を受け始める。

映画の撮影が終わった後も、

石川優実さんは次回作のキャスティングを餌に、

榊監督から関係を迫られたそうです。

 

その後、石川優実さんは、

榊英雄監督からの性被害のために心に深い傷を負い女優を辞めました。

2017年に、これまで受けてきた性被害をTwitterで告発。

石川優実さんは榊英雄さん以外にも、

複数の人から性被害を受けていたことがわかります。

スポンサーリンク




まとめ

今回は榊英雄監督による性被害疑惑を報道された4人の女性の内、C子さんが石川優実さんであることを調べました。

榊英雄監督により、榊監督のピンク映画に出演した女性が性被害を受けたことが分かりました。

石川優実さんの今後の活躍を祈っています。

最後までお読みいただいてありがとうございます。

榊英雄と妻と女優LINE
榊英雄と妻は離婚する?トラブルの女優4人は誰&LINEがゲスいと話題!榊英雄氏は、 4人の女優から性的被害を告発されました。 日に日に、世論の状況は変わっていきそうです。 今回は、「文春報道」その...

スポンサーリンク