芸能

石田ゆきの45歳は誰で顔画像は?YUNOKIの熱狂的ファンのイタズラか?

2020年4月26日に放送された「さんまの転職DE転職」にて、

イラスト画家のYUNOKIさんの作品が無断で使用された事件がありました。

YUNOKIさんの作品を無断で番組に応募したのは、45歳の「石田ゆきの」という方。

「ゆきの」と「YUNOKI」が似ているため、イタズラの説が出ています。

では、石田ゆきのさんは誰なのか、顔画像があるのかを調査していきます。

スポンサーリンク

石田ゆきの45歳がYUNOKIの作品を無断使用?

「石田ゆきの45歳」は誰なのか、

その前にまず「無断使用騒動」について振り返りたいと思います。

「石田ゆきの」がYUNOKIの作品を無断使用

事件が起きたのは、2020年4月26日。

この日、スペシャル番組「さんまの転職DE転職」が放送され、

『番組に応募された美術品を明石家さんまがセレクトし、明石家画廊で販売』という企画が行われました。

多くの応募者の中、さんまさんの目に止まったのは1枚のイラスト。

メガネをかけた男性がたばこをふかしているイラストで、

作者は「石田ゆきの 45歳」となっていました。

石田ゆきの45歳は誰顔画像画像引用元:Twitter

放送されたイラストとYUNOKIさんの作品がそっくりだったのです。

実際のYUNOKIさんの作品はこちら。

これは完全に「石田ゆきの」という方がYUNOKIさんの作品を使っていますね。

YUNOKIのプロフィール

  • 大阪芸術大学デザイン学科卒業後、デザイナーとして就職。
  • 2009年に独立し、フリーランスのデザイナーに。
  • 大学非常勤講師としてmacを使ったデザイン指導をしている。
  • 2013年からイラストのイベントに参加。

スポンサーリンク

この騒動はいよいよ裁判へ

この騒動からもうすぐ1年経ちますが、

まだYUNOKIさんとテレビ局側は和解しておらず、裁判に持ち越す予定です。

和解していない理由は、

日本テレビ側はYUNOKIさんの作品を無断使用した件について、

「間違いと訂正する約束をしなかった」からだそうです。

テレビ局側の態度についても言及しています。

YUNOKIさんはこれからも同じようなことが起こらないように、裁判で戦うそうです。

なぜテレビ局側は間違いを訂正しないのかは、確かに謎ですよね。

非常に注目される裁判なので、結果についてまた追記したいと思います。

スポンサーリンク

石田ゆきの45歳は誰?顔画像は?

では、石田ゆきのさんは誰でしょうか?

実は、未だに特定されておらず、顔画像ももちろんありません。

もはや、実在しない人物では?という声があります。

たしかに、もし実在する人物ならば、

テレビ局側は責任を「石田ゆきの」に転嫁することができますし、

テレビ局側は謝れば済む話ですよね。

しかし、未だに和解しないということは、

やはり「石田ゆきの」は実在しないかもしれませんね。

そこで、「石田ゆきの」について2つの説があります。

  • 番組スタッフが無断に使用した説
  • YUNOKIの熱狂的ファンによるイタズラ

しかし、コンプライアンスは厳しい世の中なので、

さすがに番組スタッフが無断に使用したという説は考えにくいと思います。

では、熱狂的ファンによるイタズラでしょうか?

スポンサーリンク

YUNOKIの熱狂的ファンのイタズラ?

もしかしたら、YUKINOさんの絵をもっと多くの人に知ってほしくて、

YUKINOさんを慕ってる人が無断で似た名前で応募したのかもしれませんね。

そして、その人はまさかこんなに大事になると思わなかったのかもしれませんね。

しかし、これもあくまで憶測なので、裁判の結果に期待しましょう。

スポンサーリンク

まとめ

石田ゆきの45歳は実在しない人物の可能性が高いと思います。

裁判の結果が出たら追記していきます。


スポンサーリンク