政治家

石原慎太郎の死因は膵臓がん?入院先は広尾病院?弟・裕次郎も父も癌だった?

石原慎太郎の死因と膵臓がん

2022年2月1日、作家で元東京都知事の

石原慎太郎さんが亡くなりました。

89歳でした。

死因はなんでしょうか?

膵臓がんなど癌の噂がありますが、本当でしょうか?

スポンサーリンク




石原慎太郎の死因は膵臓がん?

石原慎太郎の死因と膵臓がん画像引用:産経新聞

石原慎太郎のwikiプロフィール

  • 名前:石原慎太郎(いしはら しんたろう)
  • 生年月日:1932年9月30日
  • 出生地:兵庫県神戸市須磨区
  • 没年月日:2022年2月1日(89歳没)
  • 出身校:一橋大学法学部卒業
  • 配偶者:石原典子
  • 子供:長男・石原伸晃、次男・石原良純、三男・石原宏高、四男・石原延啓
  • 親族:父・石原潔、母・石原光子、弟・石原裕次郎、義妹・石原まき子、嫁・石原里紗

石原慎太郎さんは一橋大学在学中に、

夏の海辺を舞台に描いた小説「太陽の季節」で芥川賞を受賞しました。

 

小説が映画化された際には、

弟の石原裕次郎さんを俳優としてデビューさせ、

大スター誕生のきっかけを作りました。

石原慎太郎の死因と膵臓がん画像引用:Twitter

 

その後も作家として数々の小説を執筆し、

裕次郎さんを題材にした「弟」は、ミリオンセラーになりました。

石原慎太郎の死因と膵臓がん画像引用:アマゾン

 

1968年に参議院議員に初当選

1972年には衆議院議員に転じました。

福田赳夫内閣で環境庁長官を務め、

竹下内閣では運輸大臣を務め、1995年に議員を辞職。

 

その後の1999年には東京都知事選に出馬

13年あまりの都知事在任中は、東京都の財政健全化や

排ガス規制などの環境対策に力を入れ、

東京マラソンを国際的なイベントに育てました。

 

石原さんは2012年、都知事を辞職して

2年ほどで引退し、その後作家として活動を続けていました。

スポンサーリンク




石原慎太郎の死因は膵臓がん?

石原慎太郎さんの死因はまだ公表していませんが、

がんの可能性が高いと思われます。

また、近年は脳梗塞にも患っていました。

 

石原慎太郎の膵臓がん

 

石原慎太郎さんが膵臓がんだとわかったのは、

2020年1月頃。

膵臓がん

“沈黙の臓器”と呼ばれる膵臓にできるがんであるため、一般的には発見が遅くなりがちで、国立がん研究センターの統計によると、5年生存率は8・9%とあらゆるがんの中でもっとも低い(「部位別5年相対生存率」男性 2009年~2011年診断例)。

 

膵臓がんは発見するのが遅いから難治だと言われていますが、

石原慎太郎さんの場合は早期発見でした。

 

石原慎太郎さんは前立腺の治療でかかりつけ医がいて、

その医師に夜間頻尿を相談すると、

医師はエコーで腎臓を検査したといいます。

そしてその画像を診て膵臓の近くの影を指摘。

 

それを受けて石原さんが別の病院で

膵臓の検査をしたところ、早期の膵臓がんが見つかっています。

膵臓がんの大きさが2センチのステージ1で早期発見できています。

 

しかし、膵臓がんを見つけたときは既に88歳。

早期発見の膵臓がんは「切除」を推奨しているそうですが、

80歳以上の患者はそうでもないようです。

 

膵癌診療ガイドラインによると、

80歳以上の高齢者膵癌に対して外科的治療は推奨されるか?
本人が外科的治療を希望し,全身状態が許せば,80歳以上の高齢者膵癌に対して外科的治療を行うことを提案する。しかしながら,推奨を行うためのエビデンスに乏しいデータしかなく,今後の研究の結果がまたれる。
 

[推奨の強さ:弱い,エビデンスの確実性(強さ):D(非常に弱い)]

だそうです。

石原慎太郎の死因と膵臓がん画像引用:https://minds.jcqhc.or.jp/n/med/4/med0037/G0001105/0054

そもそも高齢者は若者より心肺機能が衰えていて、

手術後に肺炎や心不全、脳卒中といった合併症を起こす可能性が高いです。

 

石原慎太郎さんどんな治療法を選んだのか不明ですが、

2021年10月に膵臓がんが再発したそうです。

 

ちなみに2020年6月頃、スポニチが

「石原慎太郎のガン完治」という記事を出しました。

石原慎太郎の死因と膵臓がん

現在は記事が削除されています。

 

石原慎太郎の脳梗塞

 

石原慎太郎さんは2014年頃、脳梗塞でも入院したことがあります。

早期発見だったため、利き手の左手だけは麻痺したものの、

言葉は明瞭に話せたし、すぐに歩くこともできました。

 

しかし梗塞を起こした場所が記憶を司る海馬の近くであったため、

一時は文字をすべて忘れてしまったそうです。

その後、文字の記憶が蘇ったのちも、

左手に麻痺が残り、字をうまく書けないという時期も続いたそうです。

 

結論として、

石原慎太郎さんの死因は脳梗塞よりも、

膵臓がんの再発が原因でした。

スポンサーリンク




石原慎太郎の病院はどこ?

石原慎太郎の死因と膵臓がん画像引用:毎日新聞

石原慎太郎さんが入院していた病院は公表されていません。

そこでTwitterで目撃情報を調査してみました。

目撃情報は広尾病院しかありませんでした。

石原慎太郎の死因と膵臓がん画像引用:ウィキペディア

広尾病院は東京都渋谷区恵比寿にある病院で、

東京都(病院経営本部)が運営しています。

 

都立病院の中では災害医療センターとして位置づけられており、

国立病院機構災害医療センター(立川市)とともに

東京都の基幹災害医療センターとなっています。

 

東京都が発足させた東京DMAT(東京都災害医療派遣チーム)の

指定病院ともなっています。

 

個人的に都内の大学病院では?と想像していましたが、

広尾病院の可能性も否定できないですね。

スポンサーリンク




石原慎太郎の弟・裕次郎は肝がん!実は癌家系?

石原慎太郎の死因と膵臓がん画像引用:スポニチ

石原慎太郎さんの弟・裕次郎さんは俳優として有名ですよね。

日活のスターとして90作以上に出て、

一方で歌手としても、ミリオンセラーを含め、

多くのヒット曲を持っています。

 

実はこれまで何回もガンに罹っています。

44歳の時、舌下に栗粒大の腫れ物ができ、

腫瘍の除去手術を受けたそうです。

舌癌(ぜつがん)だったという。

石原慎太郎の死因と膵臓がん画像引用:アマゾン

また、石原裕次郎さんの場合、

晩年はそれまでの暴飲暴食や過度なストレスがたたってか、

がんを発症する以前にも、さまざまな病気を患い、

入退院を繰り返していました。

 

そして、47歳で解離性大動脈瘤の大手術を受け、

奇跡の生還を遂げるも、52歳で肝細胞ガンでなくなりました。

50代で亡くなるのは若いですよね。

 

実は、石原慎太郎さんと石原裕次郎さんの父親も50代で亡くなっています。

父親は警察官だったようで、中学を中退して働くなど、

壮絶な生い立ちだったそうです。

 

そんな父親の死因はガンではありませんが、

もともと高血圧だったこともあり、

働き盛りの51歳で脳溢血により亡くなってしまいました。

 

「癌家系」とは、

血縁者に同じがんの罹患が多い、

また一人が何度もがんに罹患するなどが挙げられます。

 

石原慎太郎さんの場合は、がんが死因なのが

本人と弟の裕次郎さんです。

しかし、ガンの種類がちがうので、癌家系ではないでしょう。

スポンサーリンク




まとめ

石原慎太郎さんの死因を調査しました。

死因は膵臓がんの再発であることがわかりました。

また、入院していた病院は特定できませんでしたが、広尾病院の可能性は否定できないですね。

石原良純の子供の頃と幼少期
【子供の頃の写真】石原良純の幼少期が衝撃!3歳なのに貫禄ありすぎた!!昭和の名俳優である石原裕次郎さんを叔父に持ち、 元東京都知事の石原慎太郎さんを父に持つ サラブレッドの石原良純さんですが、 やはり...

スポンサーリンク