バチェロレッテ

福田萌子のロードバイク事故の一部始終!どうやってトラウマを克服?

福田萌子の事故から克服

福田萌子さんはロードバイクを愛し、

スポーツトラベラーとしてバイクと共に世界中を旅しています。

しかし一時期は、

ロードバイク事故のトラウマで屋外を走ることができませんでした。

今回このページでは、

福田萌子さんにとってのロードバイクを話題に取り上げました。

ロードバイク事故とトラウマ克服について、

福田萌子さんのチャレンジをどうぞご覧ください。

スポンサーリンク



福田萌子はロードバイクが大好き!

福田萌子の事故から克服

福田萌子さんは、ロードバイクが大好き!

福田萌子さんとロードバイクのストーリーを追いかけてみました。

福田萌子さんがロードバイクに乗るきっかけは、友人からの誘い。

それは屋久島への旅、

島をロードバイクで1周(100km)するというイベントだったそうです。

そのころの福田萌子さんは、ママチャリにさえ乗ったことがありませんでした。

しかし好奇心が趣いて、

何の知識も持たないままにロードバイクを購入してしまいます。

友人のサポートを受けながら、

福田萌子さんはロードバイク屋久島1周(100km)を体験。

そのときの感動が大きく、「もっとたくさんの景色に出会いたい」

「知らない土地の空気を感じたい」という思いが福田萌子さんの中で膨らむのでした。

スポンサーリンク



それからの福田萌子さんは、

スポーツトラベラーとして自転車と共に国内外を旅するようになります。

福田萌子の事故から克服

次第にゲストライダーとして様々なイベントやレースに参加する機会も増え、

サイクルメディア(専門雑誌など)にも福田萌子さんは登場するほどまでになります

本場のロードレース観戦のためにイタリアに行き、

プロロードレーサーと触れ合いながら街並みの中を走ることもあるそうですよ。

サイクルジャージのままカフェに入ってコーヒーを飲むスタイルも定着。

以上のような福田萌子さんのスポーツトラベラーぶりを追いかけてみると、

福田萌子さんにとってロードバイクは生活のすべてであると伝わってきます。

Instagramの投稿には、

『太陽の下で汗をかいて、身体いっぱいにこの世界を感じて、

幸せのカケラを集めるこの時間が大好き。』など、

ロードバイクへの思いの書き込みがいっぱいです。

スポンサーリンク



福田萌子の事故の一部始終!

福田萌子の事故から克服

福田萌子さんのロードバイク事故があったのは、

2015年9月ハワイの「ホノルルセンチュリーライド」に出場したときでした。

「ホノルルセンチュリーライド」は日本人の参加者も多く、

自転車好きの芸能人も参加するほどの人気のあるイベントです。

福田萌子さんが参加した当日は悪天候の中でのスタート、

路面は雨に濡れた状態でのサイクリングとなったのです。

福田萌子さんは、「落車」「転倒」。

気がついたら、救急車で搬送されていたそうです。

ケガの状態は、

「肋骨にヒビ、顎を4張り抜い、頬や両足、右半身に大きな外傷」と、

のちのち福田萌子さんがSNSを通して伝えています。

事故現場に血がたまるほどの激しい事故だったそうです。

福田萌子さん本人は、

「目を開けたら血の海が広がっていた」と表現しています。

スポンサーリンク



「落車」「転倒」の原因は、

雨に濡れた鉄板(溝のフタ)の上をブレーキを掛けた状態で通過しようとしたこと。

下り坂でもあり、カーブでもあったようです。

ブレーキがかかって回転しないフロントタイヤ(前輪)が濡れた鉄板に乗ったので、

スリップしてしまいバランスを失って、

福田萌子さんは「落車」「転倒」となったと分析されています。

この「ホノルルセンチュリーライド」での事故がトラウマになり、

自転車に乗ろうとすると、福田萌子さんは身体が硬直して冷や汗が出るようになります。

雨の日や坂道は、

ランニングでも恐怖感が邪魔をするようになり、

スピードを落とさないと走れないほどになったそうです。

スポンサーリンク



どうやってトラウマから克服した?

福田萌子の事故から克服

福田萌子さんがロードバイク転倒事故のトラウマを克服できたのは、

プロジェクトチームのサポートがあったからです。

その一環で、元プロのロードレーサーで、

アテネ五輪代表である「田代恭崇さん」との対談も設けられました。

克服による復活の目標は、「サイクリング屋久島」100km完走。

屋外を自転車に乗るのことに恐怖を感じるようになって福田萌子さんは、

屋内でトレーニングを積み重ねていきます。

  • ジムでフィットネスバイクを漕いで、体力の維持。
  • パーソナルトレーニングで大腿筋を強化。
  • FEELCYCLE(音楽を流して自転車を漕ぐエクササイズ)で脚力の強化。

やがて、段階的に屋外のトレーニングに移行。

ロードバイクほどのスピードの出ない「クロスバイク」でトレーニングを開始します。

「クロスバイク」でのトレーニングは、田代恭崇さんからのアドバイスによるものです。

福田萌子さんは「田代恭崇さんとの対談」では、

落車を防ぐためには素早い状況判断と技術が必要です」と忠告を受けました。

  • ブレーキは左右両方いっしょに均等の力で握る。
  • 上半身に力が入りすぎないポジション(フォーム)を見つける。
  • クロスバイクから練習を再開して恐怖感を軽減する。

2015年9月でのロードバイク転倒事故のトラウマを克服できたのは、

2017年2月19日です。

2016年2月の「サイクリング屋久島」では、

5cmほどの段差を越えられずにスタート直前に参加を断念。

2017年2月19日に福田萌子さんは、

目標にしていた「サイクリング屋久島」100kmを見事に完走できました。

スポンサーリンク



まとめ

福田萌子さんのロードバイク事故は体中に重傷を負うばりか、

メンタルにも打撃を与えるものでした。

それでも福田萌子さんは復活。

サポートしてくれる仲間のもと、ロードバイク事故のトラウマを克服します。

セーフティーファーストを心がけて、

今も福田萌子さんは世界をロードバイクで走り続けています。

関連記事:福田萌子の歴代彼氏がチャラ男ばかりは嘘!元カレ画像流出事件の真相は?

関連記事:【画像】福田萌子と弟と妹とは血繋がってない?本当は兄しかいない?

関連記事:福田萌子の実家は大地主?父親は社長で会社名を特定!【バチェロレッテ】

関連記事:福田萌子のwikiプロフィール!大学など学歴や学生時代のエピソード!


スポンサーリンク

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です