時事

服部恭太のFacebook画像は?ジョーカー仮装から人物像を考察!

2021年10月31日のハロウィン、

バッドマンに出てくるジョーカーを仮装し、

京王線の電車内で放火し、複数人を刺傷する事件が起きました。

 

犯人の名前は「服部恭太」容疑者です。

そんな服部恭太さんのFacebook画像は特定されているのでしょうか?

 

では、服部恭太さんのSNS、

ジョーカーの仮装からどんな人物像なのか、考察してみました。

スポンサーリンク

京王線放火事件の犯人は服部恭太!

服部恭太Facebookジョーカー画像引用:Twitter

京王線放火刺傷事件の詳細

2021年10月31日、京王線の車内で

放火・刺傷事件が起きました。

 

事件の詳細は以下になります。

  • 犯人:服部恭太(はっとり きょうた)
  • 年齢:自称24歳
  • 出身:不明
  • 事件日時:2021年10月31日20時頃
  • 重軽傷者:16人(10代~60代)
  • 重体:1人(70代男性)
  • 小田急刺傷事件の模倣犯

2021年10月31日午後8時頃、

東京都調布市を走行中の京王線上り特急電車から、

「刃物を持った男がいる」と110番がありました。

 

容疑者は3号車で座っていた男性を刃物で刺した後、

前方の5号車で座席付近にガソリンをまいて火をつけました。

火は約30分後にほぼ消し止められたそうです。

 

電車は直後に同市の国領駅で緊急停車し、

Twitterではホームドア越しに逃げる乗客の様子が拡散されていました。

動画からわかるように、

幸いホームドアは上部が開放式で、

電車の窓は半分までしか開けられませんが、

懸命に逃げる人々の姿から、

いかに緊迫的状況だったのかが伝わってきます。

スポンサーリンク

京王線放火刺傷事件の犯人は服部恭太【顔画像】

 

服部恭太さんの顔画像はこちら。

服部恭太Facebookジョーカー画像引用:Twitter

 

 

服部容疑者はバットマンのジョーカーの仮装をしていて、

犯行後、車内のシートに座っていて駆け付けた警察官に対し、

暴れることがなかったそうです。

 

「刃物を捨てろ」と言われると、

刃物をシートに置き、所持品の検査に応じていたという。

逮捕されたときの動画はこちら。

たしかに、暴れる様子がなく、

すんなり警察の言う通りに動いていますね。

 

「人を殺して死刑になりたかった」と話していますが、

社会に対してどんな恨みがあるか知りませんが、

無関係の人たちを巻き込まないでほしいですよね。

スポンサーリンク

服部恭太のFacebook画像は?

Facebookで「服部恭太」を検索すると、

以下の3名しか出てきません。

服部恭太Facebookジョーカー画像引用:Facebook

1人目は、個人情報も記載しておらず、更新もしていない人です。

2人目は、葛飾区在住の方ですが、顔画像は違います。

3人目は、福岡市在住の方です。

 

2021年11月1日の最新情報では、

服部恭太さんは2021年6月までに福岡で働いてたそうです。

「今年6月頃に仕事で失敗し、友人関係が上手く行かず、死にたかった。自分では死ねないので、2人以上殺して死刑になりたかった」

と警察に供述しているようです。

 

ですから、Facebookの3人目の福岡出身の方が

もしかしたら、服部恭太さんのFacebookかもしれませんね。

 

ちなみに3人目のFacebookはこちら。

彼女らしき人物とのツーショットがプロフィール画像でした。

そして、週刊文春の取材によると、

「当時、彼には仲のいい彼女がいました。どちらも目立たない、地味なカップルという感じでしたが、彼女のことがすごく好きだった。硬派ぶっていたのか、グラビアや女優には興味がない、という感じでしたね。でもある時その彼女と別れてしまったんです。それからはちょっと変というか、元気がない、病んでいるような様子で、別の同僚も心配していました」

週刊文春 引用

服部恭太さんは彼女と破局してから

おかしくなったとのことです。

 

ですから、3人目のFacebookが

服部恭太さんのFacebookである可能性が高いかもしれませんね。

スポンサーリンク

服部恭太とジョーカー仮装から人物像を考察!

服部恭太Facebookジョーカー

服部恭太さんはバッドマンのジョーカーの仮装をしていたと

ニュースで報じられています。

では、この仮装から服部恭太さんの人物像を考察したいと思います。

バッドマンのジョーカーは何者?

ジョーカーは色んな作品に登場しており、

その度に人物像や背景が多少違いますが、

共通している特徴を以下にまとめました。

  • 白い顔
  • 赤い大きな口
  • 緑色の髪
  • 紫色のスーツ
  • 不気味な笑い声
  • 知能が高く策略を考えるのが得意
服部恭太Facebookジョーカー画像引用:Twitter メルカリ

では、「バッドマン」に登場するジョーカーはどんな人物でしょうか?

 

ジョーカーは1940年に発刊された、

記念すべきバットマンコミックの一作目「Batman #1」に

初登場した悪役です。

  • 超人的な存在ではなく普通の人間なのが特徴
  • 冷酷でサイコパスな性格
  • 白い肌に裂けた口、緑色の髪は工場の化学薬品の溶液に落ちて色素変化が起きたもの

もともとは、赤いヘルメット、赤いタキシードに

ケープを纏った犯罪者だったそうです。

 

しかし、バットマンに追い詰められた際、

薬品の中に飛び込んだことで、変色・発狂。

 

そんなジョーカーはバッドマンに異常に執着しています。

 

映画『ダークナイト』(2008)では、

ジョーカー自身が「なぜジョーカーは現れるのか」という問いに対して、

「バットマンがいるから」と答えました。

服部恭太Facebookジョーカー画像引用:https://moviewalker.jp/

それは、ジョーカーにとっての犯罪は「ジョーク」であり、

それに常にレスポンスをしてくれるバットマンのことを、

最高の観客、最高のツッコミ役、最高の遊び相手

と思っているからです。

スポンサーリンク

服部恭太の人物像:サイコパス

まずはバッドマンがジョーカーを尋問しているシーンをご覧ください。

どんなに暴力を振るわれても冷静でいれるジョーカー。

そしてこんな会話があります。

バットマン:「じゃーなぜ俺を殺さない?」

ジョーカー:「お前を殺したくない」「お前がいないと俺は完成しない」

普通の悪役なら正義を倒そうとしますが、

ジョーカーはそんなことしません。

 

ジョーカーは自分のことを「混乱の使者」と呼ぶように、

世界に混乱をもたらすことが目的。

それこそ最高のゲームで、生き様なのです。

 

つまり、いい子ぶる一般市民や

ヒーローの本当の姿を暴くことがジョーカーの真の目的です。

 

服部恭太さんが電車内で放火・刺傷したのも、

人々をそういった目的で混乱させたいからではないのでしょうか?

スポンサーリンク

服部恭太の人物像:正義に捕まえられたい願望がある

先程も触れましたが、

ジョーカーは異常にバッドマンに執着しています。

つまり、正義というものに執着しています。

 

「正義がある限り、自分がいなければいけない」

と考えているのがジョーカーです。

 

映画「ダークナイト」の中で、

ジョーカーはバッドマンに殺されることを望んでいました。

しかし、バッドマンは人を殺さない主義なので、

ジョーカーを捕まっては殺さず、刑務所に入れるだけです。

 

服部恭太さんも取り調べに対して、

「人を殺して死刑になりたい」と話していました。

現実世界ではバッドマンはいないので、

正義である警察に捕まってほしかったのでしょう。

スポンサーリンク

服部恭太の人物像:綿密な思慮、頭が切れる

ジョーカーは長年に渡って、

バットマンの宿敵存在として描かれてきました。

 

ジョーカーは普通な人間なのに、

バッドマンの宿敵になるには、

頭が切れる、綿密な思慮を持っているからです。

 

実際、服部恭太さんは2021年8月に起きた

小田急線刺傷事件の模倣犯です。

 

小田急線の事件では、

250度を超えないと燃えない食用油のサラダ油を使ったため、

放火したものの、燃え広がらず、未遂で終わったのです。

 

しかし、服部恭太さんはガソリンを使っており、

こちらの1:00のところでは、小爆発が起きていることがわかります。

 

また、2021年10月31日のハロウィンに犯行を実行したのも計画の1つでしょう。

ハロウィンでは多くの人が仮装したまま電車に乗るので、

多少怪しくても職質されないでしょう。

 

こういったところが、ジョーカーに似ているのではないのでしょうか?

スポンサーリンク

元同僚の証言:もともとは真面目な人

服部恭太さんは地元の中学、高校を卒業後、

職を点々としていましたが、

高校を卒業してしばらくした後に

福岡市天神のマンガ喫茶で働いてたそうです。

 

当時のまんが喫茶の元同僚によると、

勤務態度が真面目な好青年だったようです。

「福岡市天神のマンガ喫茶で一緒に働いている時期がありました。服部は大学には行っていなかったと思います。1年ぐらいは働いていましたかね。一緒に働いていたのは4年以上前のことですが、勤務態度はとにかく真面目で良かったですよ」

週刊文春 引用

 

また、すごく社交的ではないけど、人付き合いは悪くなかったそうです。

「地味であまり自分からは喋らない感じだけど、プライベートな話も、振れば普通に笑って答えていて、悪い印象はなかったです。店長からも、スタッフの中で一番ぐらい気に入られていました。漫画『ワンピース』が好きなようで、LINEのアイコンもワンピースのキャラが多かったですね」

週刊文春 引用

 

しかし、彼女と破局後、

まんが喫茶で盗撮事件を起こしたそうです。

そのあと、クビに…。

 

この盗撮事件からの仕事クビが

服部恭太さんの犯行の引き金になってしまいました。

 

バッドマンに出てくるジョーカーも、

元々は心優しい人です。

 

不条理な世の中への不満をため込み、

地下鉄で男たちに襲われた際に、持っていた銃で男たちを銃殺。

そしてこの事件がジョーカーを悪の道へと突き進んでいくきっかけとなっています。

 

服部恭太さんは自分の境遇がジョーカーに似ていたから、

ジョーカーに憧れていたのでしょうね。

スポンサーリンク

まとめ

ジョーカーの仮装から服部恭太さんの人物像を考察してみました。

FacebookなどのSNSはまだ特定されていませんが、

なにか新情報があれば、追記します。

京王線火災テロ事件の犯人の顔画像!小田急線刺傷事件の模倣犯【動画】2021年10月31日、京王線内で放火事件がありました。 また、放火だけではなく、刃物も所持していたようです。 では、 『京王線火...

スポンサーリンク