女性タレント

橋田壽賀子の子供&結婚した夫の顔画像や馴れ初めは?マザコンで亭主関白?

「渡る世間は鬼ばかり」などを手がけた脚本家の橋田壽賀子さんが95歳で死去されました。

死因は急性リンパ腫だそうです。

そんな橋田壽賀子さんは結婚していたようですが、

夫はどんな方で子供はいるのでしょうか?

では、橋田壽賀子さんと夫の馴れ初め、子供について調査していきます。

スポンサーリンク

【顔画像】橋田壽賀子の夫はTBSプロデューサーの岩崎嘉一!馴れ初めは?

橋田壽賀子の夫と子供の画像画像引用元:https://girlschannel.net/topics/2364603/3/

ドマラ「渡る世間に鬼ばかり」や「おしん」で有名な脚本家の橋田壽賀子さん。

脚本家としてデビューしたのは1949年(昭和24年)。

松竹に入社し、脚本部に配属されたのがきっかけだそうです。

【顔画像】橋田壽賀子の夫はTBSプロデューサーの岩崎嘉一

そんな橋田壽賀子さんは、

1966年にTBSのプロデューサーの岩崎嘉一さんと結婚します。

 

夫の岩崎嘉一さんの顔画像はこちら。

橋田壽賀子の夫と子供の画像画像引用元:https://koimousagi.com/26998.html

橋田壽賀子さんは夫のことを「かいっちゃん」と呼んでいたそうです。

入籍日は1966年5月10日。

この日はTBSの創立記念日でもあり、橋田壽賀子さんの誕生日でもあります。

ちなみに、ご主人のプロデュース作品として『橋田壽賀子ドラマ・結婚』があります。

画像引用元:https://www.trendcounter.com/?utm_campaign=tcbar

このドラマは、

橋田壽賀子さんが脚本を手がけたホームドラマの1つ。

ひとつ屋根の下に住む母親と4人の娘の女ばかりの家族にスポットを当てながら、

それぞれが自分にとっての幸せを模索していく姿を描く物語です。

スポンサーリンク

橋田壽賀子と夫・岩崎嘉一の馴れ初めは?

結婚当時、橋田壽賀子さんは41歳、夫の岩崎嘉一さんは37歳でした。

橋田壽賀子さんは夫よりも3歳年上のお姉さん女房でしたね。

橋田壽賀子の夫と子供の画像画像引用元:https://koimousagi.com/26998.html

馴れ初めは、ホームドラマ「ただいま11人」で知り合ったそうです。

当時、橋田壽賀子さんのほうが夫のことを好きになり、

ドラマ「ただいま11人」の担当者だった

TBSのプロデューサーの石井ふく子さんに橋渡し役になってほしいとお願いしたそうです。

それから交際に発展し、2~3ヶ月で結婚に至ったという。

 

かなりのスピード結婚ですよね。

どうやら、結婚の決めては夫の給料だったそうです。

 

1964年のドラマ「愛と死をみつめて」以降はパッとしなかったことから、

橋田壽賀子さんは脚本家としての自信を失い、

この先食べていけるか将来に不安を抱えていたそうです。

当時の橋田壽賀子さんのドラマの脚本料が3万円位だったのに対し、

夫のお給料は30万円位あったそうです。

そのため、「安定した収入があるサラリーマンの妻」はいい就職先だと思い、

結婚を決めたのだとか。

スポンサーリンク

橋田壽賀子の夫・岩崎嘉一はマザコンで亭主関白?

橋田壽賀子の夫と子供の画像画像引用元:https://www.watasumi.net/hashida-sugako-nikkei-my-resume

この画像の左側が夫、右側が義母です。

真ん中の赤ちゃんは子供ではありません。

橋田壽賀子の夫はマザコン?

橋田壽賀子さんはインタビューで夫のことを「マザコン」と話していました。

「でも、お姑さんなんてそういうものだと思っていたので、驚きませんでした。往々にして男性はみなそうでしょうが、主人はマザコンでしたし、そのかわいい息子を奪った嫁が憎いのは仕方ないですよね。しかも、ドラマで姑の悪口ばかり書いている。姑が望んでいた目立たない、従順な嫁にはほど遠かったんです」

NEWSポストセブン 引用

どうやら、姑に色々言われても、

夫はあまり橋田壽賀子さんの方に立たなかったそうです。

  • 白い豆でも姑が黒といったら黒。
  • 料理を作れば姑から「こんな薄い、水くさい、味のない料理をよくも作れるもんだ」と非難された。
  • 「私たちも年ですから、健康を考えて薄味にしているんです」と言えば、「口答えするのか」となじられた。
  • 夫の兄から「壽賀子さんは(同じ墓に)入れませんよ」と言われた。

姑に色々言われても、橋田壽賀子さんは夫と喧嘩しなかったそうです。

その代わり、

得た経験で嫁姑問題を描いた『渡る世間は鬼ばかり』や『となりの芝生』などの名作が生まれたのでしょう。

スポンサーリンク

橋田壽賀子の夫は亭主関白?

橋田壽賀子さんの夫はかなりの亭主関白だそうです。

当時は女性が結婚すれば家庭に入るというような時代。

 

結婚当初から夫に、

「シナリオライターと結婚する気持ちはないから、家庭を大事にしてくれ。俺がいるときは原稿用紙を広げるな。」

と、言われたそうです。

他にも、「不倫と殺人の脚本は絶対に書かないで」とも言われたそうです。

橋田壽賀子さんは子供に恵まれなかったことから、

家庭優先の約束をし、

脚本の仕事を始めるのはご主人の出勤後。

もちろん家事をこなし、夫が寝た後に再び書き始める。

このような睡眠時間4時間のハードな生活を数十年続けられたのだそうです。

 

それでも、

1976年の「となりの芝生」

1981年のNHK大河ドラマ「おんな太閤記」

1983年の「おしん」

などのヒット作を生み出していました。

スポンサーリンク

橋田壽賀子と夫・岩崎嘉一は死別!夫の死因は?

橋田壽賀子の夫と子供の画像画像引用元:https://www.watasumi.net/hashida-sugako-nikkei-my-resume

橋田壽賀子さんと夫の岩崎嘉一さんは1989年9月に死別しています。

夫の死因は「肺癌」だったそうです。

 

実は、1988年に夫は「肺ガン」で余命半年と宣告されます。

橋田壽賀子さんはこの事実に直面できず、

夫に病気のことを言わず、

「肋膜炎」と嘘をつき続けたそうです。

たしかに、これは難しい問題ですよね。

本人に告知すると、本人も『自分は死ぬんだ』という気持ちになるので、

自分自身まで生きる気力がなくなりそうですよね。

 

肺がんの原因はタバコが原因だったようです。

昭和当時は、「タバコ=かっこいい」という風習があったそうですよ。

 

夫を看病していた時期は、

橋田壽賀子さんは、NHK大河ドラマ「春日局」を執筆中だったそうです。

一時は、夫の看病のため、降板しようとまで思ったそうです。

しかし、降板となれば夫は病気のことに気づく可能性があるから、

橋田壽賀子さんは仕事と看病の両方を頑張ったのでしょう。

看病されていたこの1年間が、人生の中で最も辛い時だったインタビューで答えていました。

スポンサーリンク

橋本壽賀子は子供いる?

橋田壽賀子の夫と子供の画像画像引用元:朝日新聞

橋田壽賀子さんには子供はいません。

 

結婚したとき、橋田壽賀子さんは41歳でした。

40歳超えての妊娠・出産は、

当時ではリスクが高かったのでしょう。

 

そもそも、橋田壽賀子さんは子供をほしいと思わなかったのかもしれません。

2017年の文春オンラインでは、子供いないことについて以下ののように答えました。

冷たいですか? でも、もしも子どもがいたならば、

「自分の最期は自分で準備するから、あなたに面倒を見てもらうつもりはない。自分で稼いだお金は全部使って死ぬから、遺すつもりもない」

文春オンライン 引用

橋田壽賀子さんは、

親が子供のために色々準備をしたり、お金を残すことに反対しているようです。

 

まあ、考えは人それぞれですから、

橋田壽賀子さんは子供に恩を売るのも、売られるのも嫌だったそうです。

スポンサーリンク

まとめ

橋田壽賀子さんの夫はTBSプロデューサーの岩崎嘉一さんでした。

子供はいないようです。

自分のために生きるという橋田壽賀子さんの生き方もかっこいいですね。

関連記事:橋田壽賀子の国籍は韓国or日本?両親(父・母)との家族エピソードまとめ

関連記事:橋田壽賀子の年収は億超え&遺産額も凄い?3000万の世界1周旅行が趣味!


スポンサーリンク