国内アーティスト

【検証画像】浜崎あゆみ極秘出産は代理母出産?日本でできる?

2020年1月2日にビッグニュースが入ってきました。

それは、「浜崎あゆみが極秘出産」というニュースです。

ニュースでは、出産1ヶ月後にカウントダウンライブを行っているとの内容だったですが、

現実的にありえるのか?

いや、現実的には厳しいです。

 

では、代理母出産の可能性は?

代理母出産なら、産後1ヶ月で激しいライブもできるでしょう。

 

では、

浜崎あゆみは代理母出産なのかを画像検証

日本で代理母出産ができるのか

についてリサーチします。

スポンサーリンク



【浜崎あゆみが極秘出産】のニュースの内容

スポニチ本紙の取材では男の子で、昨年11月に出産。

子供の父親は年下の一般男性で、結婚はしておらず、今後もその予定はない。

 

男児を極秘出産していたことがスポニチ本紙の取材で明らかになった浜崎あゆみ(41)が2日、会員制ファンクラブサイト「Team Ayu」でファンに出産を報告した。

浜崎あゆみが自身の会員制サイトで報告した内容は、

2020。

あけましておめでとうございます!

代々木でのカウントダウンライブを最後までそれぞれの場所から応援してくれた全国のTAの皆ありがとう。

大晦日に皆がくれた景色を目にした時は、何とも言葉にし難いほど胸がいっぱいになりました。

2020年のツアーを完走するパワー、フル充電させてもらいました!!

という訳で早くも2月20日からはトラブルツアーファイナルが再開します。

いよいよ締めくくりの旅となる今回は、8月のゴール沖縄公演で全101公演という未知の領域に到達する予定ですが、怯む事なくアップダウンありながらの私達らしいエンターテイメントのジェットコースターに乗って行きたいと思っているので、各地のTAの皆はとにかく楽しみに待っていて下さいっ。

最後に。

私、昨年末に天使を産みママになりました。

まだまだ思うように両立できずに自分にがっかりする日もたくさんありますが、ひとりの人間としての子供の人生や未来の為に、静かに見守っていてもらえると嬉しいです。

いつもこんな私の事を理解して受けとめてくれる皆には感謝しかありません。

本当に本当にいつもありがとう!!

そして最後の最後にもう一言だけ!

自分の母親をはじめ、全てのお母さん達、改めて心から大大大リスペクトです!!!!!!!

それでは、2020年も変わらず爆走して行きますので共によろしく

スポンサーリンク



基本な妊娠周期に当てはめて、インスタ画像を検証

基本的な妊娠周期の数え方

妊娠初期

  • 妊娠0週:最終月経の1日目
  • 妊娠1ヶ月~3ヶ月:妊娠0週~妊娠11週(最終月経から83日目)
  • 3ヶ月までは流産しやすい時期

安定期

  • 妊娠5ヶ月~7ヶ月:妊娠16週~妊娠27週(最終月経から195日目)
  • 安定期と言われるものの、必ず流産のリスクがない訳じゃない

妊娠後期

  • 妊娠8ヶ月~10ヶ月:妊娠28週~妊娠40週(最終月経から280日目)
  • 妊娠後期になると、お腹がだいぶ重いし、胎動も激しくなる
  • 基本、ライブなど激しいことはできない。じゃないと、早産・流産のリスクが高まる。

実際の浜崎あゆみの妊娠中のインスタグラムの画像

妊娠後期から見てみましょう

11月頃(妊娠10ヶ月頃)

出産直後だとしても、ここまでスリムになるのか?

基本、産後の子宮は1ヶ月かけて徐々に元の大きさに戻ります。

7月頃(妊娠6ヶ月頃)

 

全然お腹が目立ちませんね。

ちなみに2019年5月~8月までは毎月ライブを行っています。

スポンサーリンク



代理母出産の可能性が高い

代理母出産とは

  • 夫婦の受精卵を代理母の子宮に入れ、出産する。
  • 第三者から提供された卵子と夫の精子を体外受精し、その受精卵を代理母の子宮に入れ、出産する。
  • 第三者から提供された精子と妻の卵子を体外受精し、その受精卵を代理母の子宮に入れ、出産する。
  • 第三者から提供された精子と卵子を体外受精し、その受精卵を代理母の子宮に入れ、出産する。

つまり、ニュースでは

スポニチ本紙の取材では男の子で、昨年11月に出産。

子供の父親は年下の一般男性で、結婚はしておらず、今後もその予定はない。

と書いてありますが、

年下の一般男性から精子を提供され、体外受精させ、その受精卵を代理母の子宮に入れ、出産する。

だから、”今後もその一般男性とは結婚する予定ない”という意味も捉えることができます。

スポンサーリンク



代理母出産は日本でできる?

代理母出産といえば、2018年1月、フリーアナウンサーの丸岡いずみと夫の映画コメンテーターの有村昆が代理出産先進国のロシアで第1子が生まれたことで話題になっていました。

世界では多くの国で認められている代理出産ですが、日本では法的に禁止されてはいないものの、1983年には日本産科婦人科学会が代理出産を認めない意思を表明しています。

つまり原則禁止という状況です。

なぜかというと、

  • 日本では出産を担った代理母が戸籍上子どもの母親になり、代理出産を依頼した夫婦がその子どもを迎えるには、特別養子縁組制度を利用しなければならず、あくまでも”養子”の扱いとなります。
  • 日本産科婦人科学会の見解としては、代理母に依頼すること自体が妊娠と出産によって育まれる母と子の絆を無視するものであり子の福祉に反するとしています。
  • さらには出産した女性に子どもへの愛着がわき子どもの引渡しを拒否したり、障害児が生まれるなど依頼者の期待と異なっていた場合に依頼者が引き取らないなどの問題が起こった時、子どもの生活環境や精神発達過程において問題が出てくるのではないかという懸念もあります。
  • また、代理の母への妊娠・出産にともなう身体的・精神的負担や家族関係を複雑にします。

    など、さまざまな倫理的問題が発生します。

スポンサーリンク



まとめ

浜崎あゆみの極秘出産は代理母出産なのかについてまとめてみました。

しかし、真相はわからないので、あくまでも個人的な見解です。

 

 

スポンサーリンク


COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です