国内アーティスト

浜崎あゆみのインスタ”産褥期”発言は本当or嘘?世間の声は?

2020年、新年早々世間を騒がせている浜崎あゆみさん。

妊娠中のライブ活動や、産後1ヶ月でカウントダウンライブ、お腹がまったく目立っていないなどの事から代理母出産の疑惑が非常に高くなっています。

日本だけではなく、隣国の中国でも、代理出産ではないかの声がソーシャルネットワークのウェイボーで飛び上がっています。

本日、2020年1月3日の浜崎あゆみさんのインスタでの”産褥期”発言も話題になっています。

この発言の真意はなにか?

リサーチしていこうと思います。

スポンサーリンク



浜崎あゆみの”産褥期”発言

話題のインスタ画像

 

 
 
 
 
 
この投稿をInstagramで見る
 
 
 
 
 
 
 
 
 

私には、夢のような魔法をかけてくれる衣装チーム、メイクアップアーティスト、ヘアスタイリストさん達が居て下さり、 全力ですべてから守り通して下さるスタッフさん達が居て下さり、 それこそ24時間態勢でサポートをして下さる病院の先生方、助産師さん達も居て下さいました。 そんな環境だからこそ何とか実現出来たステージであって、女性が産後すぐに動けるという事の証明では決してありません。 肉体的にも精神的にも難しい産褥期を身をもって実感している今、誰よりも側で支えてくれる家族と友人達に感謝の気持ちと共に、日本中の妊婦さん達、お母さん達が休まる時間を十分に持てますようにと心から願っています。

ayumi hamasaki(@a.you)がシェアした投稿 –

私には、夢のような魔法をかけてくれる衣装チーム、メイクアップアーティスト、ヘアスタイリストさん達が居て下さり、全力ですべてから守り通して下さるスタッフさん達が居て下さり、それこそ24時間態勢でサポートをして下さる病院の先生方、助産師さん達も居て下さいました。

そんな環境だからこそ何とか実現出来たステージであって、女性が産後すぐに動けるという事の証明では決してありません。

肉体的にも精神的にも難しい産褥期を身をもって実感している今、誰よりも側で支えてくれる家族と友人達に感謝の気持ちと共に、日本中の妊婦さん達、お母さん達が休まる時間を十分に持てますようにと心から願っています。

以上のように、浜崎あゆみさんが述べています。

果たしてこれは本当なのでしょうか?

それとも代理母出産を隠すためにわざと嘘をついているのでしょうか?

それとも、ネット上のアンチの声を鎮めるために、わざと嘘をついてるのでしょうか?

スポンサーリンク



産褥期とは?

産褥期で起こる変化

産褥期とは「妊娠や分娩で変化したママの体が、妊娠前の状態に戻るまでの期間」を指しています。

期間は、分娩後6~8週間とされています。

この間に、お母さんの体では主に「性器の復古(退行性変化)」と「乳汁の分泌(進行性変化)」と呼ばれる2つの変化が生じます

性器の復古
子宮体部は6週間ほど、子宮頚部は4週間ほど、腟は3週間ほどで妊娠する前の状態まで回復するとされます。

また、産後には性器からの分泌物である「悪露」(おろ)が排出されます。

個人差はありますが、完全に悪露が出なくなるまでには産後4〜6週ほどかかります。

母乳の分泌
母乳は産後すぐ十分に出るわけではなく、産後2〜3日ごろから本格的に分泌されるようになります。

産後2週間以降には白色の「成乳」が分泌されます。

産褥期の過ごし方

産後2週間

とにかく横になって休みます。

赤ちゃんのお世話以外は、家族など周りの人に頼りましょう。

この時期に無理をしてしまうと、その後の回復が遅れたり、育児に必要な体力を補えられなかったりと、後々支障が出てきてしまいます。

産後3~4週間

産後3週目は、少しずつ家事を始めて良いのですが、無理はしないことです。

産後4週目は、医師や助産師の指示により、回復が順調であれば、床上げして良いです。

※床上げ:大病が回復したあと、産後の産婦が順調に回復して、寝具を片付けること。

産後5~6週間

産後5週目は、体の回復が順調な場合は、軽めの掃除や料理など、無理なくできることを増やしていける期間です。

産後6週目は、ほぼ体が回復してくる時期なので、ウオーキングや軽い運動がやっとしても良い時期です。

産後のダメージは交通事故レベルと言われています。

とてもわかりやすい産後についてのツイットが↓

産褥期のリスクについて、わかりやすいツイット↓

 

スポンサーリンク



浜崎あゆみのインスタ発言の真意は?

まず、「産後1ヶ月でライブ」は既に世の中の妊婦さんたちの反感を買ったのではないでしょうか。

また、この発言により、「女性は産後1ヶ月で激しく動き回れる」という風に、間違って捉える人も出てきます。

さらに、妊娠中にも関わらずライブ活動をしていました。

しかもヒール履いてジャンプもしていました

ライブは普通なお仕事と違って、すごく体力を使うと思います。

いくら安定期な入っても、そんなライブをしていたら、医師は普通阻止すると思います。

また、自分のお子さんのことを本当に天使と思うなら、ライブスケジュールの変更などをした方がよかったんじゃないでしょうか?

”周りに迷惑かけたらだめ”、”プロ意識が強い”などは自分優先を考えてやることです。

良いお母さんなら、赤ちゃんのこと第1に考えないといけないじゃないでしょうか?

最後に、浜崎あゆみさんは現在41歳です。

「高齢出産」だけでもリスクは高いです。

インスタのコメントに「24時間態勢でサポートをして下さる病院の先生方、助産師さん達」と述べていますが、

そんな医師や助産師がいる病院はとても信じ難いです。

まともな産婦人科医は決して、リスクが高い高齢出産の妊産婦にライブのような仕事はさせないでしょう。

以上のことより、インスタの発言は、

だと思われます。

スポンサーリンク



世間の声は?

 

スポンサーリンク



まとめ

いかがでしたか?

産後の女性は本当に大変です。

浜崎あゆみは代理母出産であれば、それはそれで良いと思います。

しかし、普通の出産で妊娠中にライブ、産後1ヶ月でライブは本当に信じがたいです。

いくら医師が助産師いてもです。

ふつう、医師ならば妊娠中の激しい運動は禁止すると思います。

浜崎あゆみさんがインスタで言っている、「サポートしてくれた医師・助産師達」はいったいどんな方でしょうね。

スポンサーリンク


COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です