島旅行

八丈島の見どころやおすすめ観光スポット3選

羽田空港からわずか55分

東京から1番近い南国、それは八丈島です。

自然にあふれて、見どころたくさんあります。

今回は八丈島の見どころを踏まえて、おすすめ観光スポットベスト3を紹介していきます。

スポンサーリンク

 

八丈島について

八丈島の場所

八丈島は東京の島です。

伊豆諸島(大島、利島、新島、式根島、神津島、三宅島、御蔵島、八丈島、青ヶ島)の中8番目の島です!

八丈島の見どころ

ウミガメとの遭遇率はなんと99%です!

テーブルサンゴが群生する底土海水浴場はシュノーケルに最適です。

マクロ生物から大物生物、アーチやドロップオフなど豪快な海の地形、黒潮に恵まれる八丈ブルーの海はダイバーに大人気です。

八丈富士や山にあるふれあい牧場など、絶景ドライブも楽しめます。

そして、羽田空港から直行便でわずか55分という便利さもあります。

東京に1番近い南国が八丈島です!

 

アクセス

飛行機を利用

ANAの直行便を使えば、55分で着きます。

しかし、羽田~八丈島間は1日往復3便しかありません。

滑走路は山と山にかこまれていて、霧が発生した場合、欠航になることも多いです。

なので、飛行機はすぐ着くという便利さはありますが、欠航というリスクもあります。

 

大型客船を利用

東京の竹芝客船ターミナルから夜行の大型客船(東海汽船)で向かいます。

22:30出発で、翌日の9時頃に着きます。

航路は東京→三宅島→御蔵島→八丈島の順番です。

運行時間は約10時間20分かかりますが、美しい東京湾の夜景を見ながら出発しますので、おすすめです。

この写真はコンテナターミナルのカントリー・クレーンが写っています。

まるでキリンさんが整列しているみたいですよね。

羽田空港も見えますので、キリンさんの横で、飛行機がばんばん降りてきます。

飛行機と大型客船を併用

飛行機と大型客船を併用することもおすすめです。

行きは夜景を見ながら出発し、帰りは飛行機でビューンって飛んで帰れば、ゆっくり休むこともできます。

 

スポンサーリンク

おすすめ観光スポット3選

【1】底土海水浴場

八丈島のビーチは岩場が多いのですが、底土海水浴場は島内の唯一の砂浜になっています。

海に入るとテーブルサンゴの群生が圧巻です!

沖縄まで行かなくてもキレイなサンゴを見ることができます。

そして1番のポイントは、99%ウミガメと泳げることです。

私も以前、底土海水浴場で潜った時は30分内に3匹のウミガメと遭遇することができました。

また、透明度も高い上、生物も豊富なので、シュノーケルやダイビングがとても楽しいです。

実際に、私は今はダイバーですが、初めての体験ダイビングは八丈島でした。

トイレ、シャワー、更衣室、駐車場が設置されているので、とても便利です!

美しいテーブルサンゴの間で隠れて寝ているカメさん、ぐっすりでした。

【2】ふれあい牧場

ふれあい牧場は標高854mの八丈富士の7合目に位置します

標高の高い山の上なので、空気はもちろん美味しいですし、放牧されている牛と空と海を見ていると、おだやかな気持ちになります。

島特有ののびのびとした、ゆったりした時間が流れているような雰囲気です。

グリーンの草原とブルーの空と海、まさに絶景です!

まるで天国の牧場のようです。

牛たちものびのびとしていて、干し草を食べさせることもできます。

さらに夏の期間限定で、八丈島のジャージ牛乳でつくった美味しいアイスも販売されています。

味はバニラ、はちみつ、明日葉があります。

明日葉は伊豆諸島の名産品で、独特の苦味がありますが、おいしいです。

もし夏に行く機会があれば、是非美味しいアイスを味わいながら、絶景を楽しんでみてください。

  • 料金:無料
  • 開放時間:9:00~16:00
  • 定休日:なし

かわいい牛と広大な草原と青空のコラボ!ここでゆったりした時間を過ごすのはいかがでしょうか。

まるで天国の牧場。青い海も一望できます。

雲に囲まれていて、幻想的です!

【3】八丈オリエンタルリゾート

こちらの八丈オリエンタルリゾートは”トリック劇場版2”のロケ地になっていました。

日本3大廃墟との呼び声も高いです。

こちらの廃墟は管理されているので、無断な立ち入りは禁止されています。

外観を見ることしかできませんが、存在感たっぷりで、とても立派です。

離島ブームであった昭和43年に開業され、2005年までの営業と言われています。

2005年というと、わりと最近のように感じます。

営業中に1度行ってみたかったです!

googleで画像検索をすると、敷地内の写真がたくさん出てきます。

広大な敷地に広いプール、高級ホテルだったであろうことが想像できます。

底土港の近くにある立派な建物なので、すぐに見つけることができます。

 

スポンサーリンク

まとめ

八丈島にはたくさんの観光地があります。

今回は、私がいちばん印象に残った底土海水浴場、ふれあい牧場、八丈オリエンタルリゾートを紹介しました。

ダイバーの聖地でもあり、ダイビングポイントもたくさんあります。

ノンダイバーでも、体験ダイビング、シュノーケル、山、ドライブ、温泉を楽しめることができます。

是非、足を運んでみてください!

 

 

スポンサーリンク


COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です