バラエティ

ぐっさん家の場所は大島てるで特定!出火原因や火事前後の画像を比較!

2020年7月27日の午前0時20分ころ、「ぐっさん家」が全焼したという事件がありました。

「ぐっさん家」は、山口智充(ぐっさん)さんの番組で使われている「家」です。

ぐっさんの本当の住居ではありあせん。

「ぐっさん家」の放送は東海地方で放送されている番組で、他の地方に在住している人たちは知らないのかもしれませんね。

全焼したぐっさん家ですが、早速「大島てる」の事故物件サイトに情報が載りました。

では、「ぐっさん家」の場所、火事前と火事後の画像もお届けしたいと思います。

スポンサーリンク



【場所特定】ぐっさん家は大島てるの事故物件になった!

ぐっさん家場所大島てる

7月27日午前0時20分ごろ、名古屋市中区新栄2丁目の居酒屋から出火。

木造2階建ての建物のうち、居酒屋のほか2階の2室が全焼した。

愛知県警中署によると、1階の店舗部分から年齢不詳の男性が病院に搬送され、死亡が確認された。

この居酒屋の2階にある2つの部屋は「ぐっさん家」の番組で使われた部屋でした。

ぐっさん家場所大島てる

「大島てる」といえば、事故物件サイトで有名ですよね。

木村花さんの時もすぐに大島てるで住所が特定されていました。

関連記事:木村花の死因は硫化水素?近隣巻き添えの恐れも!自宅は大島てるで特定?

大島てるによると、「ぐっさん家」の住所は、

「愛知県名古屋市中区新栄2-19-11」と記載されています。

スポンサーリンク



出火原因は何?

出火原因は1階の居酒屋からの出火となっています。

原因については、ニュースでまだ明らかにしていませんが、考えられる理由は以下のどれかではないかと思います。

居酒屋店主が調理場を離れたときに、火がなにかしらに燃え移り、店主は煙にまかれて動けなくなった可能性があります。

また時間が0時過ぎという事で、火の始末がしっかりとされていなく、そのまま眠ってしまったなども考えられます。

古い木造の建物は、木材が乾燥することで、火事になりやすいそうです。

そのため気が付かないうちに火が発生して家の全体を覆う火事に発展したと考えることもできるでしょう。

スポンサーリンク



【画像】ぐっさん家の火事前後を比較!

まず、火事になる前の「ぐっさん家」の画像はこちらです。

ぐっさん家場所大島てる

1階が居酒屋「きてみてや」で、2階の部分が「ぐっさん家」です。

そして火事後の「ぐっさん家」の画像がこちらです。

全焼してしまって、まことに残念ですね。

スポンサーリンク



ぐっさん家はどんな番組?

最近テレビでぐっさんを観なくなったな…と思っていたら、

「ぐっさん家」のようなローカル番組に出演したり、好きなことをしているそうです。

「ぐっさん家」は2003年から始まった長寿番組です。

土曜日の18時半から放送ですが、2桁の視聴率を頻繁に獲得している人気番組でもあります。

「ぐっさんの名古屋での生活を覗き見する」というコンセプトで、ぐっさんが「ぐっさん家」で暮らしているという設定でした。

設定なので、普段は住んでいません。

「ぐっさん家」で使われている部屋は燃えてしまいましたが、番組自体は存続するという発表がありました。

スポンサーリンク



まとめ

ぐっさん家の場所を調べました。

番組は今後も存続できるいいですね。


スポンサーリンク

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です