時事

エアロゾル感染と空気感染の違いは?エアロゾル感染といえばレジオネラ!

2020年2月8日14時頃、上海で新型コロナウイルスはエアロゾル感染もするということが発表されました。

以下がBBCニュースの一部です。

上海举行的新闻发布会上,卫生防疫专家确认:新冠肺炎传播途径,除了直接传播、接触传播之外,还包括”气溶胶传播“。

和訳すると、

上海の記者会見で、衛生防疫専門家が「新型コロナウイルスの感染経路は、飛沫感染、接触感染以外にエアロゾル感染もする」ということを発表しました。

このニュースを受けて、Twitter上では「空気感染じゃん」「マスク意味ないじゃん」などのリアクションが多く見受けられています。

しかし、エアロゾル感染は確かに飛沫感染以上に怖いのですが、空気感染とはまた違います。

では、エアロゾル感染と空気感染の違い、エアロゾル感染の代表な病気について詳しくご紹介したいと思います。

スポンサーリンク



エアロゾル感染と空気感染の違いは?

ずばり、エアロゾル感染は飛沫感染以上、空気感染未満のようなものです。

空気感染とは?

空気感染=飛沫感染

つまり、飛沫の水分が蒸発した小さな粒子を吸いこむことで感染する。

飛沫は水分を含んでいるためそれなりの重さがあり、体内から放出された後、すぐに地面に落ちてしまいます。

しかし、飛沫核は水分が無い分、軽いため、長い時間たっても空気中に浮遊し、しかも遠く(2m以上)まで飛んでいくことができます

従って、患者から十分な距離をとっていても感染してしまいます。

さらに、飛沫核の大きさは5μmより小さいです。

空気感染対策としては、N95マスク(防じんマスクDS2)の着用や陰圧式換気システムが挙げられます。

エアロゾル感染とは?

エアロゾルとは、気体中に浮遊する微小な液体または、固体の粒子のことです。

つまり花粉、タバコの煙、細菌、ウイルスなど、みんなエアロゾルといいます。

では、エアロゾル感染とは、密閉された空間冷却塔水加湿器循環式浴槽で微細粒子が飛ぶことで感染する。

空気感染とエアロゾル感染の大きな違い

密閉されていないかつ、2m以上飛ぶなど、感染力が強い=空気感染

密閉され、加湿器や温泉など経由で感染=エアロゾル感染

スポンサーリンク



エアロゾル感染の代表といえば!

エアロゾル感染する代表はレジオネラ菌です!

レジオネラ症は、主にレジオネラ菌に汚染されたエアロゾル(細かい霧やしぶき)の吸入などによって、細菌が感染して発症します。

レジオネラ菌はヒトからヒトへ感染することはありません。

厚生労働省・レジオネラ症から抜粋

しかし、。インフルエンザウイルス、コロナウイルス、ノロウイルスでも、密閉された空間などでは、エアロゾル感染の可能性があります。

スポンサーリンク



エアロゾル感染を防ぐには?

加湿器を使用するときには、毎日水を入れ替えて容器を洗浄しましょう。

また、循環式浴槽(追い炊き機能付き風呂・24 時間風呂など)を備え付けている場合は、浴槽内に汚れやバイオフィルム(生物膜。細菌で形成される「ぬめり」。)が生じないよう定期的に洗浄等を行うなど、取扱説明書に従って維持管理しましょう。

マスクと手洗い、うがい最低限の感染予防対策はもちろん、密閉性の高い空間に行かないことが重要だと思います。

スポンサーリンク



まとめ

エアロゾル感染は飛沫感染と空気感染の間の微妙な位置にいます。

新型コロナウイルスが拡大している今、温泉旅行など近場の旅行も控えたほうが良いですね。

 

スポンサーリンク

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です