時事

バスカフェでセクハラ疑惑の国家議員はだれ?横柄、無礼、無断撮影が話題!

バスカフェとは、虐待などを受けた少女、家に居場所がなく繁華街をさまよう少女を守るため、「ピンクのバス」を使った支援活動です。

そんなバスカフェに、視察しに行った国家議員の集団が話題になっています。

主催者のTwitterによって、国家議員集団の横柄、威圧な態度や無礼が明らかになりました。

では、国家議員集団によるバスカフェでのセクハラ疑惑についてリサーチしたいと思います。

スポンサーリンク



バスカフェとは?

バスカフェとは、虐待などを受けた少女、家に居場所がなく繁華街をさまよう少女を守るため、「ピンクのバス」を使った支援活動です。

カフェとはいっても利用できるのは10代の少女限定です。

フードバンク活動を行うNPOから提供された食事をはじめ、飲み物やスマホの充電もすべて無料で提供しています。

さらに衣類・化粧品・生理用品の配布や、必要に応じて相談、行政・病院などへの同行支援、緊急一時保護も行っているそうです。

バスカフェ代表の仁藤夢乃さんは、中高時代の自らの経験から、この活動を始めたそうです。

スポンサーリンク



バスカフェでセクハラ疑惑の国家議員はだれ?

バスカフェでセクハラ疑惑

10代の少女を保護するバスカフェですが、2020年4月22日、国家議員の人から取材をしたいという連絡が代表の仁藤夢乃さんに入ったそうです。

5人までしか取材を受け入れられないということだったのですが、15人ほどの集団が無断でバスカフェにやってきたそうです。

中には国家議員ではない人もいて、挨拶しない人もいました。

バスカフェの10代のメンバーにはそれぞれの辛い思いがあって、繊細です。

そんな繊細な少女に、国家議員のだれかが腰を触ったそうです。

たとえわざとじゃなくても、国家議員の人の体が10代のメンバーの腰に当たったら、謝るべきです。

セクハラで訴えられても仕方ないことですね。

スポンサーリンク



セクハラ疑惑の国家議員はだれ?

セクハラした人は特定されていませんが、バスカフェに取材に行った国家議員は何人かわかりました。

馳 浩(はせ ひろし)

鈴木隼人(すずき はやと)

井出庸生(いでようせい)

こちらの3人はバスカフェに取材に行ったとされる国家議員であって、セクハラをした人を特定するものではありません

スポンサーリンク



横柄、無礼、無断撮影が許せないと話題!

国家議員ら15人でバスカフェに押し付けて、中では挨拶しない人もいて、誰が誰なのかがわからなくなりますよね。

一般的に、取材を申し込む方は1人1人名乗るべきです。

また、無断撮影していた人もいたそうです。

身の危険がある10代の少女がいるのに、無断撮影されたら、少女たちはきっと怖かったのでしょう。

こういった失礼な態度を取った国家議員がだれなのかは明らかにされていませんが、許せない行為です。

スポンサーリンク



世間の声

多くの人がこの件に対して、怒りの声をあげました。

スポンサーリンク



まとめ

セクハラ疑惑をした国家議員はだれなのかは、明らかにされていませんが、

視察に行った国家議員の中にいる3人の情報はわかりました。

今回の件で少女たちがまた傷ついたのは、本当に残念です。


スポンサーリンク

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です